ENHYPENメンバー人気順ランキング最新版!日本と韓国の違いも

ENHYPENのメンバーENHYPEN
スポンサーリンク

3位:ニキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ENHYPEN(@enhypen)がシェアした投稿

本名:西村力(ハングル表記:니시무라 리키 / 英語表記:Nishimura Riki)

芸名:ニキ(ハングル表記:니키 / 英語表記:Niki)

生年月日:2005年12月9日

国籍:日本

血液型:B型

ENHYPEN唯一の日本人メンバーのニキ。

日本出身ということもあり、日本でもすごく人気のメンバーです。

3歳の頃からやっていたダンスの実了は相当で、ENHYPENの中で一番ダンスが上手いとメンバーにも認められ、さらにBTSやSEVENTEENのメンバーにも褒められています。

そして、ニキのダンスブレイクはENHYPENのファンだけでなく、他のグループのファンも「すごい」と言っておりいつも話題になります。

末っ子ということもあり、いたずらっ子で可愛らしい一面もあり、メンバーもそれを可愛いと笑って許している姿が印象的です。

韓国に来た時は一切韓国語を話せなかったのに、どんどん喋れるようになっていく努力も応援したくなるポイントです。

2位:ソンフン

 

この投稿をInstagramで見る

 

ENHYPEN(@enhypen)がシェアした投稿

本名:パク・ソンフン(ハングル表記:박성훈 / 英語表記:Park Sunghoon)

芸名:ソンフン(ハングル表記:성훈 / 英語表記:Sunghoon)

生年月日:2002年12月8日

国籍:韓国

血液型:O型

元フィギュアスケート選手として韓国代表に選ばれていた実績もあるソンフン。

2年間アイドル練習生とフィギュアスケートを両立していた努力家で「練習の虫」とも呼ばれています。

ENHYPENのビジュアル担当でもあり、日本でもトレカなどの交換はソンフンと次に紹介するジョンウォンが出たら誰とでも交換出来ると言われているほど、レートが高いメンバーです。

日本の番組に出演した際もこの子かっこいいという声が多くあがっていました。

しかし、最近はかっこよくて綺麗なヴィジュアルだけでなく、行動がおかしかったりと少しずつ素の部分が出てきていて面白いと話題になっています。

ソンフンは日本人が好きそうな顔と言われていることも多くあるのでもしかしたら、これから日本での活動が増えればもっと人気が増すかも知れません。

1位:ジョンウォン

 

この投稿をInstagramで見る

 

ENHYPEN(@enhypen)がシェアした投稿

本名:ヤン・ジョンウォン(ハングル表記:양정원 / 英語表記:Yang Jungwon)

芸名:ジョンウォン(ハングル表記:정원 / 英語表記:Jungwon)

生年月日:2004年2月9日

国籍:韓国

血液型:AB型

ENHYPENのリーダーとしてチームを引っ張りながら、その可愛らしさからメンバーやファンから愛されているジョンウォン。

I-LANDでは投票1位でデビューが決まり、日本のファンもびっくりするほど日本での人気が凄く、トレカやグッズのレートの圧倒的に高いです。

4年間の練習生期間で身につけた歌声もダンスはもちろん、可愛らしい見た目からは想像できないほど大人びたかっこいい表情を見せたり、男子高校生っぽい一面があったりとファンを魅了しています。

そして、SNSの更新頻度も高いメンバーなのでファンを飽きさせないそんな一面や、おばあちゃんっ子でおばあちゃんとのエピソードを多く話してくれています。

マンネラインだけどリーダーとして物事をしっかりと捉えて考える姿勢や、普段の可愛らしい一面、そしてなによりステージでのギャップに惚れるファンが多いです。

ENHYPENのメンバー人気順ランキング【韓国版】

同率5位:ニキ

日本での人気と比べると韓国での人気順位は下がってしまうニキ。

しかし、韓国のファンの中にもニキと話すためにと日本語を勉強してくれる方も多くいるのも事実です。

そして、何よりもニキのダンス力はこれからK-POP5本の指にも入るのでは?と期待されていて、実力を特に重視する韓国のK-POPファンに認めてもらえるとも言われています。

ENHYPENが先輩のTXTと共演をした際には、TXTのヨンジュンを慕っている姿やメンバーに可愛がられている姿を見て、ニキが可愛いという声も多く聞かれるようになっています。

同率5位:ジェイク

東南アジアやオーストラリアで人気が高く、韓国での人気はあまり高くないジェイク。

しかし、今回のアルバムで新しいジェイクの魅力が開花するのでは?とファンも期待しているので、今後が楽しみなメンバーでもあります。

練習生期間が短く、努力家でもあるので、パフォーマンス面での今後の伸びしろがあるのがジェイクです。

ラップもできるので、今後練習を重ねていき、様々な魅力でファンを魅了してくれると思います。