TWICEミナが完全復帰?福岡公演の様子&ファンの反応!不安障害の解説も

TWICEミナの復帰が話題の福岡公演 韓国女性アイドル

ミナの活動休止していた理由、不安障害も振り返る

ミナがその月の日本で予定されている活動に参加しないと発表があったのが2019年7月5日のことでした。

当初、事務所は「健康上の都合」としていましたが、7月11日にはワールドツアーへの不参加を表明するとともに「ステージに立つことに対して、極度の心理的な緊張状態と大きな不安を抱えている」とのことも発表しました。

それから約1ヶ月半後の8月27日にようやくミナの症状が明らかになりましたが、それは精神面での不健康を表す「不安障害」というものでした。

この不安障害とは、パニック障害、恐怖症、強迫性障害などの総称をいうもので、パニック障害だけを指すものではありません。

不安障害
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_panic.html

この不安障害の症状には様々なものがありますが、主な症状は突然激しい不安を感じ、動悸が激しくなり、呼吸がしずらくなってしまうという症状です。

原因はミナ本人でも特定が難しいものだと考えられますので、安易な憶測はミナの全回復ためにも避けたほうが良いでしょう。

このような症状を一度経験してしまうと、再び発作を起こすことが怖くなったり、周りに迷惑をかけたりするかもという自己嫌悪に陥り、さらに回復が難しくなってしまいます。

他人からのアドバイスや考え方を変えるだけではなかなか治療は難しいとされていますが、薬で必ず治る病気です。

ミナにはゆっくり治療できる環境と、長期的な集中治療期間が必要でした。

これらの理由から、活動休止に至りましたが、ここまで読んだ皆さんなら、ミナがどれだけの苦痛と戦っているか、わかって頂けると思います。

また、この活動休止に先立ち、ミナの所属事務所は「ミナを中傷するようなコメントを書いた人々に対して、法的措置をとる」ともコメントしており、ミナの心に大きな問題があったことが見て取れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE MINA 미나(@minarijyp)がシェアした投稿

不安障害になりやすい人の特徴として、頑張り屋さん・努力家・悩みを人に打ち明けない・完璧主義者・周りを気にしてしまうなどがあげられますが、ミナも本当にこの言葉通りの静かな努力家なので、自分で不安を溜め込んでしまったのではないでしょうか。

少しずつ復帰に向かってコンサートにも出演をして全回復を試みてくれているミナを、皆さんでそっと支えられれば良いですね。

活動休止中のミナの様子

ミナがいちばんしんどかった時期が2019年6月〜8月だと考えられますが、これは7月末に仁川空港でミナを捉えた映像です。

ステージの上でキラキラ輝いていたミナとは全く違う姿で登場しました。

트와이스 미나(TWICE MINA), '눈물이 왈칵' [NewsenTV]

なんと涙を流しながら登場したのです。

モザイクで隠れていますが、横でミナを支えているのはマネージャーとミナのお母様です。

暑い夏なのに、分厚い毛布で体を包んでいます。ガリガリに痩せてしまい、顔色も今にも倒れそうな真っ青です。

不安障害は、電車や飛行機の中などの閉鎖空間でさらに発作を起こしやすいとされています。

そんな状態に加え、多くのマスコミや野次馬に囲まれ不安と恐怖に襲われたに違いありません。

ミナの涙をお母様が拭う様子に誰もが胸を締め付けられるような思いに狩られました。

そんなミナも10月末から少しずつではありますが、TWICEの活動に参加し、ステージでの感覚を取り戻していきます。

ずっと更新のなかった公式Instagramでも、徐々にミナからの投稿が見られるようになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

11月には趣味で始めたというレゴを披露し、今ではレゴのASMR動画も公式でYouTubeにあげられるなど、魅力を発揮しています。

最後に

いつも笑顔で輝いているアイドルですが、光が強い分影の部分も大きいに違いありません。

その影が本人をついに飲み込んでしまった例がミナですが、そこからものすごいスピードで復帰したのもミナです。

最近は、ミナが金髪になり、Instagramの投稿も以前のように増えてきたので、カムバックがそろそろなのではと噂されているTWICE。

ファンの期待に合わせて9人でのカムバックへと向かっていくのももちろん重要ですが、無理せず完全復帰までゆっくりで良いので治療を頑張って続けて欲しいですね!