TWICEデビュー当時の画像・年齢・実力!デビュー前やスカウトも

デビュー当時のTWICE韓国女性アイドル

トップ画像https://ilyo.co.kr/?ac=article_view&entry_id=147790

2015年10月、JYPからは5年ぶりになる待望の新人女性アイドルグループとして、華々しいデビューを飾ったTWICE。

社長のパクジニョンからは、生まれたての子犬のような存在だと可愛がられてきました。

そんなTWICEのデビュー当時の初々しいメンバーたちの容姿、年齢、実力などを紹介していきます。

ナヨンのデビュー当時

ナヨンがTWICEのメンバーとしてデビューしたのは、韓国年齢で21歳(日本年齢で20歳)の時で、現役女子大生でした。

韓国年齢で16歳の時に公開オーディションに合格してから約5年間の練習生期間を経たデビューでしたが、幼い頃からスターの才覚があったナヨンは、幼少期に既にJYPのキャスティングを受けていたこともあると明かしています。

まさに、JYPでデビューする運命の元に生まれてきたのだと言ってもおかしくありませんよね。

練習生時代にもドラマやMV・CM出演といった活動実績や、今は幻となってしまった6MIXでのデビューメンバーとしても知られていた実力者です。

TWICEを結成するにあたって放送されていたSIXTEENの時から、ダンスや歌のスキルが高く評価され、グループのエースとしての頭角を現していたので、デビュー当時はTWICEのセンター兼エースとして期待されていました。

そしてその期待通り、ナヨンは歌やダンスのパフォーマンス面でグループを牽引していってくれました。

またナヨンのデビュー当時、韓国では「果汁顔」という言葉が流行り始めており、果物のようにみずみずしくて爽やかな顔立ちをしていたナヨンは果汁顔の代表格としても有名になりました。

デビューのタイミングが時代のトレンドとマッチしていたこともあり、実力だけではなくビジュアル面でも人気を獲得していました。

ジョンヨンのデビュー当時

ジョンヨンがTWICEとしてデビューしたのは韓国年齢で19歳(日本年齢で18歳)の時でした。

幼少期に習っていたエアロビクスがきっかけでダンスや歌に興味を持つようになり、歌手を志したジョンヨン。

ジョンヨンはJYPのオーディションに2回挑戦しており、韓国年齢14歳の時に晴れて練習生となりました。

一時期は、他のTWICEメンバーと6MIXというガールズグループでデビュー目前まで迫っていましたが、デビューが白紙になるとパン屋でアルバイトを始め、歌手の夢を諦めてパン屋への就職を視野に入れていました。

そんな紆余曲折な約5年間の練習生期間を経て夢を叶えたデビュー当時は、幸せすぎて毎日泣いていたと後に明かしています。

そんな温かい心を持つジョンヨンですが、デビュー当時は男性芸能人も顔負けのかっこよさで女性ファンの心をがっちり掴んでいました。

高身長と小顔でスタイルが良く、ショートカットに、クールで涼やかなアイメイクは、女性が憧れるかっこいい魅力と儚げな美少年のような魅力が合わさり、日本のファンの間ではセーラームーンに登場するウラヌスに似ていると話題になりました。

ガールクラッシュで外見だったので内面もクールな印象を持たれていたジョンヨンですが、デビュー後に本当の性格が見えてくると、母親のように小言を言ってメンバーの面倒を良く見るTWICEの母親的存在として周知されていきました。

モモのデビュー当時

モモがTWICEとしてデビューした時は韓国年齢19歳(日本年齢で18歳)でした。

物心がつく前からダンスを習い始めたモモは、姉と投稿した1本のダンス動画をきっかけにJYP関係者からキャスティングされて練習生になります。

KPOPアイドルという夢を叶えるため、今まで以上に並々ならぬ情熱をダンスに注ぎ、JYPの厳しい体型管理のもと1週間でマイナス7kgというハードな減量を達成するなど決して手を抜かずに努力してきました。

TWICEとしてのデビューをかけたサバイバルオーディション番組SIXTEENでは惜しくも脱落となり、一時はモモの夢は散ったと誰もが思いましたが、練習生時代のモモの誠実さが高く評価され、異例の大逆転デビューを掴みます。

TWICEのメンバーが決まる最後の瞬間に名前を呼ばれたモモは、正にSIXTEENの主人公でした。

TWICEモモのSIXTEENでのパフォーマンスと奇跡!スカウトや練習生時代も

涙なしには見られない感動のデビューを果たしたモモは、デビュー曲のダンスブレイクでメインダンサーの実力を発揮し、存在感をアピールしました。

またデビュー当時、モモはTWICEメンバー唯一の金髪だったので、9人という大所帯の中でも目を惹きやすかったのも、覚えやすい特徴の1つでした。

SIXTEEN中は常に緊迫していた状態で見えてこなかったモモの本来のおっとりした妹キャラがデビュー後に明らかになると、かっこよくダンスを踊っている時とは別人で可愛すぎると話題になりました。

サナのデビュー当時

サナがTWICEとしてデビューした時は、韓国年齢で19歳(日本年齢で18歳)でした。

デビュー前は、日本での歌手を夢見てEXPG大阪校に通っていましたが、中学3年生の時になんばウォークでショッピング中にJYP関係者にキャスティングされて、JYP練習生になります。

当初、JYPが計画していた日本人アイドルグループのデビュー組にいたサナですが、その後日本デビューが白紙になると、日本人グループから引き抜かれてデビュー準備中だった6MIXに合流しました。

しかし、残念ながら6MIX自体がグループ解体となり、またもやデビューの機会を逃した締まったサナ。

その後、サバイバルオーディション番組SIXTEENに出演し、3度目の正直でデビューを掴みました。

今はすっかり痩せていますが、デビュー当時のサナは少しぷっくりしていたので、丸い頬がリスみたいだと言われて、サナリスと呼ばれていました。

また、それ以外にも外国人メンバーの中で韓国語が1番上手なサナは、デビュー当時外国人メンバーだと思わなかったと驚かれることが多く、キム・サナの愛称で親しまれました。

ドジっ子で天然で、性格そのものが愛嬌で溢れているキャラクターは今までの韓国アイドルにはいなかった存在だったので、話題性に富んだメンバーとして注目を浴びました。

外見は洗練されたが、今も中身はデビュー当時のままだというところも人気のポイントです。