aespaウィンターのボブが可愛すぎる!特徴やオーダー方法も解説

aespaウィンターのボブaespa
スポンサーリンク

トップ画像https://m.blog.naver.com/sang7734/222609590788

独特の世界観と、完璧すぎるビジュアル・パフォーマンスで、韓国のみならず世界から注目を集めているK-POPアイドルグループaespa。

その中でもウィンターはaespa唯一のボブヘアで、そのヘアスタイルが可愛すぎると話題になっているんです!

そんなウィンターのボブヘアについて詳しく紹介します。

ウィンターのボブが可愛過ぎる!

世間に衝撃を与えたのが『Savage』でカムバックした時に見せた、黒髪カンタンバル(ぱっつんボブ)です!

実は、デビュー当初はロングヘアだったウィンター。

その頃から、可愛いと話題にはなっていたのですが、このヘアスタイルに変えてから人気に拍車がかかったように思います。

ちなみに、ロングヘアのウィンターはこんな感じです。

ロングとボブ、どちらかいいか選べないくらいにロングヘアも似合っていて可愛いですよね!

しかし、ボブ派のファンが多いことや、ウィンター自身もボブヘアがしっくりくると言っていたことから、今後もボブヘアにすることが多くなるのではないかなと思います。

 

ウィンターは「ボブ」と一言で言っても、カットの仕方や髪色を変えて、色々な雰囲気のヘアスタイルを見せてくれているんです!

▼金髪×外はね

 

▼茶髪×ストレート

 

▼黒髪×長めボブ

 

同じボブでも、これだけ雰囲気が変わるんですね!

新しいヘアスタイルを披露するたびに、ファンを湧かせているウィンター。

これからの髪型の変化からも、目が離せません!

ウィンターのボブの特徴は?オーダー方法も紹介

ウィンターのボブスタイルが可愛すぎて、真似したい!という人も続出しています。

ここでは、最も話題になった「Savage」でのボブの特徴とオーダー法をご紹介します。

まず、一番のポイントが切りっぱなしであるということ。

毛先をすいて軽さを出す髪型が多い中、ウィンターのボブは毛先をパツっと切りそろえています。

後ろの髪だけでなく、前髪もぱっつんにしており、全体的に毛先が重めのスタイルになっています。

また、前髪の幅が広めなのも特徴的です。

次に、髪色は黒、もしくはグレーアッシュにするのがポイントです。

ごく暗い髪色で、クールな印象に仕上げていてとってもかっこいいですよね!

 

気になるオーダー法ですが、一番確実なのはウィンターの写真を見せて、「黒髪切りっぱなしボブにしてください!」と言うことです。

韓国系のヘアカットが得意な美容院であれば、「ウィンターみたいなタッセルボブにしてほしい」と言えば、希望通りの髪型にしてくれるはずです。

髪色は、黒、アッシュグレーなど暗めの黒系の色でオーダーしましょう。

赤みの出やすい人は、赤みを消してくれる寒色系の色の混ざったブルーブラックなどにするといいかもしれません。

芸能人の写真を見せるのは少し恥ずかしいかもしれませんが、写真が一番伝わりやすいので、勇気を出してオーダーしてみてくださいね!

 

ちなみに、ウィンター風ボブのカットやオーダーは、みなさんこんな風にしているみたいです。

TikTok - Make Your Day

ウィンターのボブが似合う人は?

ウィンターがするから可愛いけど、自分自身がウィンター風ボブにした時に変にならないか不安に思う人はかなり多いみたいです…。

ウィンターのボブが似合う人の特徴は、こんな感じです。

 

卵型、面長、ひし形、逆三角形の骨格

②ストレートヘア

③鼻筋がとおっている

④フェイスラインがシャープ

 

ウィンター以外の芸能人では、TWICEのモモ、LE SSERAFIMのチェウォン、MAMAMOOのソラなどが、黒髪ボブが似合うと話題になりました。

▼モモ(TWICE)

 

▼チェウォン(LE SSERAFIM )

 

この投稿をInstagramで見る

 

LE SSERAFIM(@le_sserafim)がシェアした投稿

 

▼ソラ(MAMAMOO)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@solarkeemがシェアした投稿

 

似た髪型でも、人によって印象が変わりますね。

みなさん、唯一無二のオーラを纏っていてかっこいいです!

 

丸顔の人にはなかなか似合いづらい髪型ですが、そこはメイクでカバーすればかなりウィンターに近づくことができるかと思います。

フェイスラインや小鼻は、いつもよりしっかり目にシェーディングを入れることでシャープに見せていきましょう。

髪質に関しては、縮毛矯正やストレートアイロンをかけることで解決できるかと思います。

自然のままウィンター風になるのが難しいという人も、あきらめずに挑戦してみてくださいね!