チヒョヌは結婚できない?ユインナとの復縁は?日本が好きで筋肉が凄い?

韓国俳優のチヒョヌ韓国俳優
スポンサーリンク

トップ画像https://www.kgnews.co.kr/news/article.html?no=694718

もうすぐ40歳を迎え、結婚が注目される韓国俳優のチヒョヌ。

チヒョヌが主演した2021年のドラマ『紳士とお嬢さん』が38.2%という最高視聴率を叩き出したこともあり、日本での注目度も高まっています。

そんなチヒョヌに関する気になる情報を漏れなく紹介していきます。

チヒョヌのプロフィール

名前:チ・ヒョヌ(ハングル表記:지현우 / 英語表記:Ji-Hyunwoo)

本名:チュ・ヒョンテ(ハングル表記:주형태 / 英語表記:Joo-Hyungtae)

生年月日:1984年11月29日

出身地:韓国 ソウル特別市城東区

高校:徳寿情報産業高等学校

大学:成均館大学 演技芸術学科

血液型:B型

身長/体重:187cm/75kg

所属事務所:LIONHEART ENTERTAINMENT

兄弟:兄(チ・ヒョンス)

趣味:バスケ、映画鑑賞

特技:ギター

 

芸能界デビュー前から5人組のバンド「The Nuts」として活動していたチヒョヌは、2001年、高校2年生の時にギタリストとしてデビューを果たしています。

そして、2003年にKBS公開採用第20期タレントに合格し、同じ年にドラマ『回転木馬』で俳優としてもデビューしました。

ただ、当時は俳優になるつもりはなかったそうです。

しかし、そんなチヒョヌの思いとは裏腹に、2004年「オールドミス・ダイアリー」で演じたプロデューサー役がヒットし、特に年上のお姉さまファンを増やしていきました。

そして、ラジオやDJ、音楽番組のMCなど、多方面で活躍していきました。

「癒し系NO.1俳優」「ロマンチックコメディの王」などと呼ばれるようになりましたが、2012年8月からは兵役入隊し、除隊後はこれまでになかったような幅広い役を演じるようになりました。

さらに、2020年には実の兄を含む4人で、「サゴリクオッパ」というバンドを結成し、バンド活動を再開しています。

チヒョヌはボーカルで、もちろん歌もうまいです!

音楽がきっかけで芸能界入りし、俳優としてブレイクしてから再び自分の好きな音楽活動を再開させるなんて、なんかすごい良いですよね!

これからも俳優兼ミュージシャンとして活躍するチヒョヌを応援していきたいです。

チヒョヌのドラマ・映画情報

チヒョヌの出演ドラマ一覧

2003年『回転木馬』

2004年『オールドミス・ダイアリー』本人役

2005年『黄金のリンゴ』キム・ギョンミン役

2006年『オーバー・ザ・レインボー』クォン・ヒョクジュ役

2007年『メリー&テグ 恋のから騒ぎ』カン・テグ役

2008年『愛しの金枝玉葉』チャン・シノ役

2009年『天下無敵イ・ピョンガン』オ・ウンダル役

2010年『セレブの誕生』チェ・ソクボン役

2011年『千回の口づけ』チャン・ウビン役

2012年『イニョン王妃の男』キム・ブンド役

2014年『トロットの恋人』チャン・ジュンヒョン役

2015年『ラブリー・アラン』パク・ノア役

2015年『錐』イ・スイン役

2017年『恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~』チャン・ドルモク/キム・スヒョン役

2018年『ロマンスは命がけ!?』ハン・スンジュ役

2019年『悲しくて、愛』ソ・ジョンウォン役

2020年『恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ!』チャ・ガンウ役

2021年『紳士とお嬢さん』イ・ヨングク役

チヒョヌの出演映画一覧

2004年『ホテルビーナス』

2006年『愛してるから、大丈夫』カン・ミンヒョク役

2006年『劇場版オールドミス日記』本人役

2010年『ガソリンスタン襲撃事件2』ワン・パンチ役

2011年『Mr.アイドル』

2021年『輝く瞬間』キョンフン役

チヒョヌは結婚してる?一生結婚できなそう?

チヒョヌはもうすぐ40歳を迎えそうですが、まだ結婚をしていません。

俳優業だけでなく、音楽活動もしていて、日々忙しくかなり充実した生活を送っていそうですよね!

それに加えて、チヒョヌは撮影が終わるとよく一人旅に行くようなタイプだそうです。

やりたいことがありすぎて、あまり結婚に縛られたくないように見えますし、友人からも「お前を理解してくれる女性なんてこの世にいない」などと言われてしまうほどだと言います。

実際、一人旅に行きたいときに「行ってきてー」と見送ってくれる女性がいればいいなと話しています。

そのような女性は確かに少なそうですよね。

チヒョヌ自身、寂しいという気持ちがないわけではないけど、結婚をしたからといって寂しさがなくなるとは思っていないそうです。

このような性格だと結婚はなさそうですよね。

ただ、『紳士とお嬢さん』の撮影で、もしかしたらチヒョヌの考えが少し変わっている可能性はあります。

『紳士とお嬢さん』のヨングクは3人の子供を持つ父親でもあったため、自分には子供も甥っ子も姪っ子もいないので、この仕事を受けるか少し躊躇したそうです。

しかし、仕事を受けると、子供たちと親しくなるために、たくさん喋ったり一緒に遊んだりして、本当の父親の気持ちがわかったような気がしたとインタビューで答えていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

지현우(@official_jihyunwoo)がシェアした投稿

子供という存在がきっかけでチヒョヌの考えが変わり、誰かと結婚するという可能性もあるかもしれませんね!

その相手が、『紳士とお嬢さん』で共演したイセヒだったら、かなり運命的ですよね!

チヒョヌとユインナの復縁、結婚はない?

前からのチヒョヌとユインナのデート現場
https://blog.naver.com/en1982/120162124415

チヒョヌは2012年の韓国ドラマ『イニョン王妃の男』の共演で出会ったユインナと付き合っていました。

それも、ドラマの最終回記念イベント中に、チヒョヌがユインナに「私はユインナさんを愛しています」と公開告白をするという形で交際を始めています。

後日、ユインナが告白にOKし、公開恋愛を楽しいんでいました。

しかし、その直後にチヒョヌは兵役があり、除隊後すぐに破局が報じられてしまいました。

すごいドラマチックな展開で始まった2人の恋ですが、すでに約10年も前の話で、ユインナもまだ結婚していないとはいえ、復縁はあり得ないでしょう。

▼より詳しく知りたい方はこちら

チヒョヌとユインナの出会いから破局まで!復縁はある?