ユンヒョンミンのプロフィール&ドラマ情報!なぜ野球選手から俳優に?

ユンヒョンミン 韓国俳優

トップ画像https://sunmax.tistory.com/125

ユンヒョンミンのプロフィール基本情報

名前:ユン・ヒョンミン(ハングル表記:윤현민 / 英語表記:Yun Hyeon-min)

本名:ユン・ヒョンミン

生年月日:1985年4月15日

出身地:ソウル特別市

出身校:青園高等学校 卒業

事務所:ダインエンターテイメント

職業:俳優

身長/体重:184cm / 72㎏

血液型:A型

兄弟:一人っ子

プロ野球選手から一流俳優への道のり

「元プロ野球選手」という異色の経歴を持つ俳優ユンヒョンミン。

ユンヒョンミンは2004年、『青龍旗 全国高校野球選手権大会』に出場し、10打数6安打5打点の好成績を記録、チームを4強へと導きます。

この活躍により、翌年のドラフト会議で韓国のプロ野球チーム”ハンファ・イーグルス”から指名を受け、見事プロ入りを果たしました。

野球選手時代のユンヒョンミン
https://entertain.naver.com/read?oid=011&aid=0003016863

その後、2006年に”斗山(トゥサン)ベアーズ”へ移籍し、活躍が期待されたユンヒョンミンでしたが、プロの世界ではなかなか芽が出ず、結局2008年にチーム退団を決意します。

そんなある日、舞台『キム・ジョンウク探し』を観たことがきっかけで、俳優への夢を抱くようになり、プロ野球を引退後、アルバイトをしながらいくつものオーディションに挑戦していきました。

そして、努力の甲斐あり、2009年のドラマ『チョン・ヤギョン 李氏朝鮮王朝の事件簿』で、俳優としての第一歩を踏み出します。

翌年、自らが俳優を目指したきっかけとなった舞台『キム・ジョンウク探し』で、本格的に役者デビューを果たすと、その後はドラマや舞台を中心に着々と知名度を上げていきました。

なかでも、2015年に放送されたドラマ『いとしのクム・サウォル』では初めての主演に抜擢され、その年の「MBC演技大賞 新人賞」を獲得!

バラエティー番組にも出演するなど、多方面で活躍を見せています。

さらに、2020年2月にNetflixで配信された、ドラマ『愛しのホロ』でも主演を務めると、1人2役という難しい役どころを見事に演じきり、俳優として高い評価を得ました。

周囲からすれば、プロ野球選手から俳優へのすごい決断をしたと思いますが、本人としてはもっと早く選手を諦めておけばよかったと振り返っています。

年俸9000万ウォン(約900万円)という年俸や、プロ野球選手という肩書きを全て捨てる勇気がなかなか出なかったと話しています。ちなみに当時の給料のほとんどを母親にあげていたそうです。

ユンヒョンミンの出演作品一覧(ドラマ・映画)

出演ドラマ一覧

2009年『チョン・ヤギョン 李氏朝鮮王朝の事件簿』

2010年『KISS AND THE CITY キス・アンド・ザ・シティ』

2010年『見れば見るほど愛嬌満点』

2010年『夜叉-ヤチャ-』カン・ソクジュ役

2012年『それでもあなた』イ・ジェハ役

2013年『ハートレスシティ〜無情都市〜』キム・ヒョンス役

2014年『感激時代~闘神の誕生』富山青木役

2014年『魔女の恋愛』ヨン・スチョル役

2014年『恋愛の発見』ト・ジュノ役

2014年『ハウスメイト』イ・サンウ役

2015年『純情に惚れる』イ・ジュニ役

2015年『初めてだから』

2015年『いとしのクム・サウォル』カン・チャンビン役

2016年『ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~』ヒョン・ソクジュ役

2016年『グッドワイフ〜彼女の決断〜』キム・セビョク役

2017年『愛の迷宮-トンネル-』キム・ソンジェ役

2017年『魔女の法廷』ヨ・ジヌク役

2018年『ケリョン仙女伝~恋の運命はどっち!?~』チョン・イヒョン役

2020年『愛しのホロ』ホロ役

2020年『あいつがそいつだ』ファン・ジウ役

出演映画一覧

2011年『闘魂』サンテ役

2016年『国家代表2』キムコーチ役

ユンヒョンミンのおすすめドラマ3選

いとしのクム・サウォル

韓国ドラマ「いとしのクム・サウォル」予告編

韓国で最高視聴率30%超えを記録した、大ヒット作『いとしのクム・サウォル』。

このドラマは、出生の秘密を抱えるヒロインが、次々と降り掛かる困難に立ち向かいながら、自ら幸せをつかみ取る姿を描いたサクセスラブストーリーです。

ユンヒョンミンはヒロインのサウォル(ペクジニ)の人生を揺るがす大手建築会社の跡取りチャンビン役を好演しています。

これまでどちらかというと、悪役のイメージが強かったユンヒョンミンですが、本作ではひたむきに生きるヒロインを愛し、家族との葛藤に悩む御曹司役を演じ、イメージチェンジに成功した作品でもあります。

『いとしのクム・サウォル』は出生の秘密や禁断の愛、そしてドロドロした愛憎劇など、韓国ドラマの定番要素がふんだんにあしらわれたドラマで、複雑に絡み合う人間模様を実力派俳優らが見事に演じています。

この作品での共演をきっかけに、ヒロインを演じたペクジニと熱愛に発展したユンヒョンミン、放送後も多くの注目を集めることとなりました。

魔女の法廷

ツンデレ魔女検事と年下イケメン検事の“恋の事件簿”/ドラマ『魔女の法廷』予告編

ユンヒョンミンの知名度を急上昇させたドラマ『魔女の法廷』。

勝つためなら手段を選ばない、カリスマ女性検事マドゥム(チョンリョウォン)が上司のセクハラ問題をきっかけに部署異動を命じられ、そこで正義感にあふれる新米検事ジヌク(ユンヒョンミン)と出会い、初めは衝突が絶えなかったものの、いつしか2人の間に特別な感情が生まれ…。

ツンデレ女子とイケメン年下男子が贈る、ドタバタ法廷ロマンスです。

ユンヒョンミンが演じたジヌクは、出世よりも被害者の気持ちを最優先にする、正義感あふれる熱血検事。

コンビを組むこととなったマドゥムとの絡みは、まるで夫婦漫才のよう。

本作でOSTにも参加したユンヒョンミンは、ミュージカルで磨き上げた持ち前の甘い美声も披露しています!

▼『魔女の法廷』の動画を見たい方はこちら

『魔女の法廷』の動画を日本語字幕で全話無料視聴する方法まとめ

愛しのホロ

『愛しのホロ』公式予告編 – Netflix

『愛しのホロ』は、2020年2月にNetflixで配信された、AI(人工知能)と人間の愛をテーマに描かれたドラマです。

人の顔を識別できない病気”失顔症”を患うヒロインのソヨン(コソンヒ)の前に、ある日突然現れたAIのホロ(ユンヒョンミン)。

自分を「ご主人様」と呼ぶホロに戸惑うソヨンでしたが、次第にその優しさに惹かれていきます。

そんな中、ホロと同じ顔をした開発者のナンド(ユンヒョンミン)が現れ、ソヨンの心は大きく揺れ動かされるのでした。

ユンヒョンミンは本作で、癒し系のホロと愛に不器用な男ナンドの2役に挑戦!

彼の自然体な演技に、多くの称賛の声が挙がっています。

俳優ユンヒョンミンの新たな一面に出会える作品です。