韓国映画『コインロッカーの女』のあらすじ・キャスト・見どころ・感想

コインロッカーの女 韓国映画

https://asiadrama-ch.abema.tv/posts/6087320

2015年に韓国で公開され、新人だったキムゴウンとベテラン女優キムヘスが韓国の闇で生きる女性たちを熱演した映画『コインロッカーの女』。

今では、大人気スターのパクボゴムも出演しています。

そんな映画『コインロッカーの女』のあらすじ、キャスト、見どころ、実際に見ての感想などをご紹介していきます。

この記事を読むより実際に動画を見たいという人は、次の記事を参考にしてください。

韓国映画『コインロッカーの女』の動画を日本語字幕で無料視聴する方法まとめ

『コインロッカーの女』の予告動画&あらすじ

映画『コインロッカーの女』予告編(未体験ゾーンの映画たち2016)

産まれてすぐ、駅のコインロッカーに捨てられた一人の少女。
10番ロッカーに居たことから「イリョン(10番)」と名付けられます。

イリョン(キムゴウン)は、チャイナタウンの闇金貸しの「母さん」(キムヘス)と呼ばれる女に引き取られることに。

チャイナタウンの闇社会を牛耳る「母さん」は、身寄りのない子供を引き取っては、犯罪集団として育てていました。

月日が流れ、イリョンは「母さん」の右腕に。
そんなある日、イリョンは父親が作った多額の借金を背負う青年ソッキョン(パクボゴム)のもとに取り立てにいくことになります。

辛い境遇にありながらも、明るく前向きで常に優しいソッキョン。

今まで感情を殺し、闇社会を生き抜いてきたイリョンは、ソッキョンに出会い初めて人の優しさに触れ、戸惑うと同時に今まで感じたことのない感情が芽生えはじめます。

そんな中、ソッキョンの父親が海外に逃亡したため、「母さん」はイリョンに、息子であるソッキョンを殺し、臓器を売るように命じます。

『コインロッカーの女』の登場人物、キャストのプロフィール

イリョン(キム・ゴウン)

キムゴウン演じるイリョン
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/03/12/2015031201331.html

産まれてすぐに捨てられ闇社会の女帝の「母さん」に育てられたイリョン。

一度は捨てられますが、自力でチャイナタウンに戻ってきたため、その根性を「母さん」から見そめられ闇社会を生き延びてきました。

人を殺すことも淡々と感情なくこなし、大きくなってからも闇金貸しとして、「母さん」のもとで生き延びていました。

ソッキョンに出会い人の優しさに触れ、徐々に変わっていきます。

 

キム・ゴウンのプロフィール

1991年7月2日生まれ。

2012年に映画『ウンギョ』で大胆な濡れ場を演じ衝撃的なデビューを果たしました。

その後も、映画『モンスター』や、この『コインロッカーの女』で、演技派として注目され、ドラマ『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』に続き『トッケビ』で、スターダムにのし上がりました。

 

▼キムゴウンをもっと知りたい方はこちら▼

キムゴウンのプロフィール&注目ドラマ!彼氏はいる?パクソダムに似てる?性格は?

 

母さん/マ・ウヒ(キム・ヘス)

キムヘス演じる暗黒街の「母さん」
http://m.entermedia.co.kr/news_view.html?idx=4430#cb

仁川のチャイナタウンの女帝。
闇金業者として絶大な力を持ち闇社会をまとめています。

イリョンを「娘」とし、闇社会の「家族」を作り、お金を返済できない人達は容赦なく殺し、臓器を売り飛ばし生計を立ててきました。

裏切り者は許さず、冷酷非道なことも平気でする絶対的な存在です。

 

キム・ヘスのプロフィール

1970年9月5日生まれ。

1986年に映画『カムボ』でデビューしてから今日まで韓国のトップ女優です。

2006年の映画『イカサマ師』ではセクシーな役を演じ話題になりました。

この作品でも、闇社会の「母さん」を圧倒的な演技力で演じきり、第35回韓国映画評論家協会賞で、主演女優賞に輝きました。

パク・ソッキョン(パク・ボゴム)

パクボゴム演じるソッキョンhttps://kdra-bogome.com/category7/entry261.html

父親が多額の借金を作り返済すべく、レストランで働く見習いシェフ。

借金を作った父親を悪く言わず、善良で健気で優しく、その優しさは今まで闇社会で生きてきたイリョンの心をも変えてしまうほどです。

イリョンから「このままだと殺されてしまうから逃げよう」言われますが、殺されたとしても逃げないと、頑なに留まろうとします。

 

パク・ボゴムのプロフィール

1993年6月16日生まれ。

2011年の映画『ブラインド』でデビュー。
2015年のドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』で話題になりました。

同年、この『コインロッカーの女』で、爽やかだけど切ない役柄の青年ソッキョンを演じ、俳優として頭角を現します。

その後『雲が描いた月明り』『ボーイフレンド』に主演しています。

 

▼パクボゴムをもっと知りたい方はこちら▼

パクボゴム最新プロフィール!兵役はいつ?彼女は?整形してる?性格良すぎ?

 

チド(コ・ギョンピョ)

コギョンピョ演じるチド
http://www.rpm9.com/news/article.html?id=20160119090100&m=1

「母さん」ファミリーの一員で、イリョンの兄にあたる存在。
「母さん」の元を離れ独立し、クラブを経営しています。

独立してからも「母さん」に上納金を納めなければいけない事に不満を抱き、「母さん」を始末しようと企み始めます。

 

コ・ギョンピョのプロフィール

1990年6月11日生まれ。

2010年のドラマ『ジャングルフィッシュ2』でデビューし、『恋のスケッチ~応答せよ1988~』で大ブレイク。

その後も、『嫉妬の化身』『シカゴタイプライター』『最強配達人~夢みるカップル~』などに出演しています。

 

ゴン(オム・テグ)

オムテグ演じるゴン
https://ilovepencil.com/archives/22742

「母さん」ファミリーの一員で、チド同様イリョンの兄的な存在。

ファミリーの中でも一番まともで冷静沈着な性格です。

闇社会に生きていますが、どこか暖かさも持ち合わせています。

 

オム・テグのプロフィール

1983年11月9日生まれ。

2007年の映画『奇談』でデビューして以降、数々の映画やドラマに出演。

この『コインロッカーの女』でも、一度見たら忘れられない強烈な印象と演技力でゴンを熱演し評価されました。

 

その他の登場人物・キャスト一覧

ソン(イ・スギョン):母さんファミリーのイリョンの仲間

ホンジュ(チョ・ヒョンチョル):知的障害者のイリョンの仲間

タク(チョ・ボンネ):元刑事

アン先生(イ・デヨン):医師

 

▼『コインロッカーの女』を見たくなった方はこちら▼

韓国映画『コインロッカーの女』の動画を日本語字幕で無料視聴する方法まとめ