『雲が描いた月明り』のあらすじ・キャスト・相関図・見どころ・感想

雲が描いた月明かり 韓国ドラマ

トップ画像https://tv.rakuten.co.jp/special/kumo/

『恋のスケッチ~応答せよ1988~』に出演したパクボゴムの初主演作であり、彼を一躍スターダムへ押し上げた韓国ドラマ『雲が描いた月明り』。

子役出身で抜群の演技力と愛らしい容姿を持つキムユジョンと共に、朝鮮時代を背景に繰り広げられるラブコメを演じました。

最高視聴率25.3%を記録し、2016年のKBS演技大賞では最多受賞の8冠を達成した超人気作です。

そんな『雲が描いた月明り』のあらすじ、キャスト、相関図、見どころ、そして感想をご紹介していきます。

この記事を読むより実際に動画を見たいという人は、次の記事を参考にしてください。

『雲が描いた月明り』の動画を日本語字幕で全話無料視聴できる方法まとめ

『雲が描いた月明り』の予告動画&あらすじ

6.2 DVDリリース 「雲が描いた月明り」予告編

恋愛カウンセラーとして借金を返しながら生計を立てるサムノムことラオン(キムユジョン)は、過去のある出来事から男装をして男性として生きてきました。

そんなある日、恋文の代筆を頼まれていた相手の女性に会いに行って欲しいとお願いされたラオンは仕方なく約束の場所へ出向きます。

しかし、そこにいたのは約束の相手の兄ヨン(パクボゴム)で、戸惑ったラオンはヨンを落とし穴に落とし、助けずにその場から逃げ去ったのでした。

その後、恋愛カウンセラーでは借金を返済しきれなくなったラオンは、内侍試験を受けることに。

ハプニングが続き、幸運か不運か試験に合格したラオンは、そこでヨンと再会を果たします。

出会いは最悪だったヨンとラオンですが、徐々に距離を縮めていく2人。

しかし、ラオンはヨンが王子であることを知り、またヨンは男性に惹かれる自分に戸惑いを隠せずにいました。

それでも愛を育んでいった2人でしたが、さらに追い打ちをかけるようにラオンの知られざる出生の秘密が明らかになっていきます。

残酷な現実を前にしたヨンとラオンの禁断の恋の行方は果たして…?

『雲が描いた月明り』の相関図、登場人物、キャストのプロフィール

雲が描いた月明りの相関図
https://www.tv-tokyo.co.jp/kumogaegaita/chart/

イ・ヨン(パク・ボゴム)

ヨン役のパクボゴム
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2051120

朝鮮時代、純祖の息子であり世子。

イケメンかつ頭脳明晰で、自分が正しいと思うことは大きな権力を前にしても怖気づくことなく行動に移す、とても勇敢な性格の持ち主です。

何事にも動じないヨンでしたが、ラオンと出逢い変わっていきます。

男性に恋をしてしまった自分に戸惑いつつもラオンへの想いを正直に伝える情熱の持ち主で、ビョンヨンとの友情も大切にする情の熱い人物です。

 

パク・ボゴムのプロフィール

1993年6月16日生まれ。

2011年に映画『ブラインド』で俳優デビュー。

その後『本当に良い時代』『君を憶えてる』『恋のスケッチ~応答せよ1988~』などに出演し注目を浴びるようになり、本作品で初主演を務め大ブレイクしました。

最近ではドラマ『ボーイフレンド』でトップ女優ソンヘギョと共に大人の恋を演じ話題を集めています。

 

▼パクボゴムをもっと知りたい方はこちら▼

パクボゴム最新プロフィール!兵役はいつ?彼女は?整形してる?性格良すぎ?

 

ホン・ラオン/サムノム(キム・ユジョン)

ラオン役のキムユジョン
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2051167

恋愛カウンセラーとして生計を立てる少女。

逆賊の罪で亡くなった父を持つために、周囲にその娘であることがバレないよう普段は男性として過ごし、周囲も皆彼女が男性であると信じています。

ひょんなことから皇宮で内官として働くことになり、ヨンと出会います。

ヨンが王子であることを知ってからは距離を置こうとしますが、彼の熱い想いに徐々に心開くように。

不遇な境遇の中でも前向きに強く生きる女性で、そんな性格がヨンやユンソンの心を動かしていきます。

 

キム・ユジョンのプロフィール

1999年9月22日生まれ。

2004年、当時5歳の時に子役として芸能界デビュー。

『一枝梅』『風の絵師』『善徳女王』『トンイ』『太陽を抱く月』など数えきれない程のドラマで主役の子役時代を演じた演技派女優です。

本作品『雲が描いた月明り』で初めて子役を抜け出し主演を務め、大人の女優としても人気を獲得し、2018年にはドラマ『まず熱く掃除せよ』に主演し活躍中です。

 

キム・ユンソン(ジニョン/B1A4)

ユンソン役のジニョン
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2051207

朝鮮の最高権力者キムホンの唯一の孫。

冷徹な祖父から後継者として厳しく育てられました。

早々にラオンが女性であることに気付きますが、本人には知らないフリを続けます。

純粋で真っすぐなラオンが心の拠り所になり、いつしか愛するように。

ラオンがピンチの時にはいつもクールに助け、彼女の支えになります。

 

ジニョンのプロフィール

1991年11月18日生まれ。

2011年にアイドルグループB1A4のリーダーとして芸能界デビュー。

2012年のドラマ『千番目の男』で俳優デビューし、『優雅な女』や『恋は七転び八起き』などに出演し演技ドルとして活躍中。

2019年に公開されたNetflix限定ドラマ『初恋は初めてなので』にも出演しています。

チェ・ハヨン(チェ・スビン)

ハヨン役のチェスビン
https://kandoramania.net/2018/02/15/post-100/

礼曹判書チョマニョンの娘。

王子だと知る前にヨンに出逢い一目惚れしてしまうハヨン。

その後ヨンが王子だと知ってからは、彼と婚姻関係を結ぼうと画策します。

 

チェ・スビンのプロフィール

1994年7月10日生まれ。

2014年の演劇で女優デビューし、2015年のドラマ『青い鳥の輪舞』で初主演を務め大ブレイク。

本作品でさらに知名度を上げ、その後も『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』『最強配達人』『ロボットじゃない~君に夢中!~』など数々のドラマに主演する売れっ子女優です。

 

▼チェスビンをもっと知りたい方はこちら▼

チェスビンの最新プロフィール・注目ドラマ!熱愛彼氏や鼻の整形の噂も

 

キム・ビョンヨン(クァク・ドンヨン)

ビョンヨン役のクァクドンヨン

https://kdra-bogome2.com/2018/10/20/002-30/

ヨンの親友であり、最強の武術を持つ護衛。

ヨンが唯一心を許している相手であり、ビョンヨンには何でも話します。

それだけヨンから絶大な信頼を得ているビョンヨンですが、実は避けられない宿命を持っていました。

 

クァク・ドンヨンのプロフィール

1997年3月19日生まれ。

2012年にドラマ『棚ぼたのあなた』で俳優デビューし、『チャン・オクチョン』『感激時代』などで主役の少年時代を演じ、演技力を磨きました。

本作品で大ヒット後、『ひと夏の奇跡』『サム、マイウェイ~恋の一発逆転』『ボクスが帰ってきた』『私のIDはカンナム美人』など数多くのドラマで活躍しています。

 

ミョンウン王女(チョン・ヘソン)

ミョンウン王女役のチョンヘソン
http://lemonsperk.com/post-3227-3227/2

ヨンの異母妹であり、王女。

ラオンが代筆を頼まれていた恋文の相手で、お互いの存在をラオンが内官になってから知るようになります。

ぽっちゃりしていた王女でしたが、初恋を叶えるために過酷なダイエットに成功。

自分の想いに真っすぐで純粋な少女です。

 

チョン・ヘソンのプロフィール

1991年4月29日生まれ。

2009年にドラマ『チング』で女優デビュー後、『傲慢と偏見』や『オー・マイ・ビーナス』など有名作品に助演し知名度を上げていきます。

2016年に本作品『雲が描いた月明り』で好評を得たのち、『マンホール~不思議な国のピル~』『キム課長とソ理事』などで順調に活躍している人気女優です。

 

その他の登場人物、キャスト一覧

ハン・サンイク(チャン・グァン):内待府の長

マ・ジョンジャ(チェ・デチョル):内待府の内官

チャン内官(イ・ジュンヒョク):内待府の内官

トギ(テ・ハンホ):サムノムと同期の内官

ソン・ヨル(オ・ウィシク):内官、サムノムとトギの仲間

キム・ホン(チョン・ホジン):領議政、ユンソンの祖父

純祖(キム・スンス):ヨンの父、朝鮮第23代目の国王

中殿キム氏(ハン・スヨン):王妃、ヨンの義理母

ヨンウン翁主(ホ・ジョンウン):口がきけないヨンの異母妹

淑儀パク氏(チョン・ミソン):純祖の側室、ヨンウン翁主の母

キム・ウィギョ(パク・チョルミン):吏曹判書

チャン・ヤギョン(アン・ネサン):学者、サムノムの命の恩人

チャン・ドクホ(アン・セハ):両班、ミョンウン王女に恋する

 

▼『雲が描いた月明り』を見たくなった方はこちら

『雲が描いた月明り』の動画を日本語字幕で全話無料視聴できる方法まとめ