『私の名前はキム・サムスン』のあらすじ・キャスト・相関図・ネタバレ・感想

私の名前はキムサムスン 韓国ドラマ

トップ画像https://www.twellv.co.jp/program/korea/samsoon/

韓国で最高視聴率50.5%を記録した、「ツンデレ+年下男+御曹司」と「太っちょな30歳のパティシエ女子」の恋愛模様を描いたキュン死に必須のラブコメディー『私の名前はキム・サムスン』。

アラサーの恋のバイブルとしても人気を博し、韓国ではサムスンシンドロームと呼ばれ社会現象にもなったほどです。

そんな『私の名前はキム・サムスン』のあらすじ・キャスト・ネタバレ・感想を紹介していきます。

『私の名前はキム・サムスン』の予告動画&あらすじ

私の名前はキム・サムスン

ちょっとおデブで30歳のパティシエ、サムスン(キムソナ)はクリスマスイブに3年間付き合った彼氏ヒョヌ(イギュハン)に振られてしまい、さらに仕事までクビになってしまいます。

あまりのショックに間違えて入った男子トイレで大号泣していると、偉そうで失礼な男ジノン(ヒョンビン)が現れ「おばさん」呼ばわりされる始末。

気持ちを入れかえようと結婚相談所に行くもひどい扱いを受け、仕事の面接をしにホテルレストランへいきますが、二度と会いたくなかったジノンと再会してしまいます。

なんとジノンは、そのホテルレストラン「ボナペティ」の社長だったのでした。

パティシエを探してしたジノンは、サムスンの腕を買いスカウトすることに…。

ジノンに嫌悪感を抱いているサムスンでしたが、自分の店を出す資金を貯めるために働くことを決意します。

ある日、ジノンの母がジノンとサムスンの関係を勘違いし、しつこくお見合いを勧めてこなくなったことをきっかけに、ジノンはサムスンに「恋人のフリをしてほしい」と願い出ます。

はじめは断っていたサムスンでしたが、亡くなった父に借金があった事が分かりお金を借りる代わりに契約恋愛をすることに同意。

付き合うにあたり、ジノンは「絶対に好きにならない」ことをルールに決めます。

そんなことは絶対にありえないと思っていたサムスン。

しかし、ある日ジノンにキスをされそうになってから、だんだん気になりはじめてしまいます。

そんな時、ジノンの元恋人ヒジン(チョンリョウォン)が現れ…。

『私の名前はキム・サムスン』のキャスト&相関図、登場人物紹介

私の名前はキム・サムスンの相関図
http://cast-kankokudorama.seesaa.net/article/414159520.html

キム・サムスン(キム・ソナ)

キムサムスン役のキムソナ
https://kmagazine.biz/kimu-samusun-netflix-hulu-dtv-amazonprime.html

フランスに留学経験のある一流の腕を持つ30歳のパティシエ。

幸せな結婚に憧れています。

名前にコンプレックスを持っているため、職場ではキムヒジンと名乗っています。

ある日、亡くなった父に借金があったことが分かり、母を助けるため、借金の肩代わりと引き換えにジノンの契約恋愛の提案を受け入れることに。

普段は生意気なジノンの弱い部分を見てからというもの、どんどんハマっていきます。

気が強く口が悪いのが難点ですが、暖かい心の持ち主です。

ヒョン・ジノン(ヒョンビン)

ヒョンジノン役のヒョンビン
https://ameblo.jp/music-minamikaze-1082/entry-11954952468.html

高級フレンチレストラン「ボナペティ」の社長、27歳。

母に結婚をせかされ、お見合いするのに嫌気がさし、サムスンに自分の偽恋人になってほしいと提案します。

元恋人ヒジンが突然何も言わずに自分の元を去って以来、恋愛を遠ざけてきたジノン。
同じ時期に自分の運転で兄夫婦を亡くしたこともあり、心に深い傷をおっていました。

一緒にいてよく笑わせてくれるサムスンの存在が大きくなってきます。

そんな時、元恋人のヒジンが現れます。

▼ヒョンビンのプロフィール・詳細情報はこちら

ヒョンビンの詳細プロフィール!最新情報までどこよりも詳しく

ユ・ヒジン(チョン・リョウォン)

ヒジン役のチョンリョウォン
http://spoluv.com/bbs/board.php?bo_table=humor&wr_id=48659&page=102

ジノンの元恋人で医学生。

3年前に胃がん宣告を受け、ジノンに何も告げず姿を消しました。

何も告げなくても、心はつながっているはずだと信じていたヒジン。

韓国に戻ってきたヒジンは真っ先にジノンに会い行きますが、サムスンが恋人だと紹介されショックを受けます。

それでもめげずにジノンの気持ちを取り戻そうと必死になります。

ヘンリー・キム(ダニエル・ヘニ-)

ヘンリー役のダニエルヘニー
https://katasumi.at.webry.info/201104/article_9.html

ヒジンの主治医。

2歳の時にアメリカに渡ったため、韓国語が苦手です。

胃がん治療が完全に終わる前に韓国に帰国してしまったヒジンを心配し、韓国にやってきます。

主治医以上の感情をヒジンに持っていて、辛いヒジンの心にいつもそっと付き添っています。

ミン・ヒョヌ(イ・ギュハン)

ヒョヌ役のイギュハン
https://ameblo.jp/itmh-1999/entry-11520410106.html

サムスンの元恋人で、浮気者。

建設会社の御曹司で、現在はチェリの婚約者です。

いい加減な性格で浮気をしても悪びれることなく、さらに別れた後もサムスンがジノンと付き合っていると聞くやいなや、サムスンとよりを戻そうとします。

サムスンの乱暴な口の利き方に心地よさを感じているマゾな一面もあります。

チャン・チェリ(イ・ユンミ)

チャン・チェリ役のイ・ユンミ
https://kmagazine.biz/kimu-samusun-netflix-hulu-dtv-amazonprime.html

サムスンの幼なじみで後輩。

現在はサムスンの元彼氏ヒョヌの婚約者でもあります。

イケメンが大好きで初恋の人はジノンだったため、ジノンの彼女がサムスンと聞いてショックを受けます。

キム・イヨン(イ・アヒョン)

キムイヨン役のイアヒョン
https://www.youtube.com/watch?v=XPXnbiTzP7A

サムスンの姉。

大企業の会社員の夫と離婚し、出戻ってきました。

サムスンが自分のお店をだすことを誰よりも応援しています。

料理長ヒョンムと勢い余って男女の関係に。

その他の登場人物、キャスト一覧

イ・ヒョンム(クォン・ヘヒョ):ボナペティの料理長

ナ・ヒョンスク(ナ・ムニ):ジノンの母でホテル社長

ヒョン・ミジュ(ソ・ジヒ):ジノンの姪っ子

パク・ボンスク(キム・ジャオク):サムスンの母

オ支配人(ヨ・ウンゲ):ボナペティの支配人

イ・イネ(ハン・ヨウン):サムスンの後輩

チャン・ヨンジャ(キム・ヒョンジョン):ボナペティのホール責任者

ナ社長の秘書(ユン・イェヒ)

サムスンの亡き父(メン・ボンハク)