SEVENTEENメンバーを表す絵文字とその由来を解説

SEVENTEENメンバー 韓国男性アイドル

トップ画像https://m.cafe.daum.net/pledis-17/jHbF/34?

SEVENTEENにはメンバーそれぞれを表す絵文字があります。

公式SNSでも使われていたりとファンの中では浸透しているもので、絵文字一つ一つに各メンバーの個性が出ていてとても面白いですよ。

また、絵文字を覚えておくと楽しみ方も増えるので、由来と一緒に覚えていってください!

エスクプスを表す絵文字

エスクプスを表す絵文字1つ目は「ラクダ」です。

メンバーからもラクダに似ているといわれるエスクプス。

少し眠たげなときや疲れているときなどの目がとろんとしているとき、またボーっと何かを食べているときなどが特に似ていると言われています。

 

2つ目の絵文字は「チェリー」です。

元々は本名”スンチョル”のチョルがチェリと発音が似ていることから来たようですが最近は本人もよくチェリーのロゴの入ったアイテムを身に着けていたり、リーダーズのVライブでも自分のことをチェリーと言ったりと公式公認の絵文字のようです。

他にもガタイの良さなどからゴリラの絵文字が使われたりしていましたが、今はファンの方が本人もそれを見てもあんまりいい気持ちにならないだろうという理由で、今はほぼ使われていません。

ジョンハンを表す絵文字

ジョンハンを表す絵文字は「天使」です。

誕生日の10月4日を1004と変換し、これを韓国語で発音すると「チョンサ」「天使」という意味になります。

誕生日はもちろんですが、元から天使のようなビジュアルでコンサートやファンサイン会でもよく天使のコスプレなどをしていました。

ジョシュアを表す絵文字

ジョシュアを表す絵文字は「ウサギ」です。

食べている時の顔や笑った時の顔がウサギっぽいということから、ウサギになりました。

サイン会でもファンからよくウサギのカチューシャをかぶらされたり、最近ではシナモンに似ているともいわれています。

その他にも行動がおじいちゃんみたいだということで、おじいちゃんの絵文字が使われることもあります。

ジュンを表す絵文字

ジュンを表す絵文字は「ネコ」です。

由来は顔が猫顔だからです。

ちなみに、本人も猫が好きで動物からも好かれやすいんだそう。

ふとした仕草も子猫のようでとってもかわいいです。

ファンサイン会などでもよく猫耳をつけてるのを見られますよ。

ホシを表す絵文字

ホシを表す絵文字は2つあります。

1つ目はやはりホシと言えば「トラ」です。

合言葉のように호랑해(ホランへ)とよく言いますよね!

舞台上のホシは本当に虎のようで凄くかっこよくて圧倒されます。

本人は虎と呼ばれることをとても喜んでいて、芸名の由来になったものでもあることからホシの宿舎の自分の部屋も虎のぬいぐるみであふれているほどです。

2つ目は「ハムスター」です。

「ハムチ」とよく言われています。

舞台上では虎のように強くて圧倒されるのですが、ステージを降りると本当に可愛いハムスターのよう…!

そのことからファンはホシのことを虎になりたいハムスターと表現してからかうこともあるようです(笑)

ウォヌを表す絵文字

ウォヌを表す絵文字は「キツネ」です。

ウォヌも顔がきつねに似ていることから絵文字に使われるようになりました。

そのことからファンサイン会でもファンからキツネの被り物を用意されることが多いです。

キツネはメンバー公認でもあり、ウォヌが体調不良で活動休止していた時音楽番組やファンサイン会など、キツネのぬいぐるみに眼鏡をつけてウォヌの代わりにどこに行くにも持ち歩いていました。