『ヒーラー~最高の恋人~』のあらすじ・キャスト・相関図・見どころ・感想

ヒーラー~最高の恋人~のポスター 韓国ドラマ

『ヒーラー~最高の恋人~』の見どころ

ヒーラーの華麗なアクションや変装

ビルの上を走るチチャンウク
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2006077

闇の便利屋ヒーラー、業界トップというだけありその能力がすごい!

ビルからビルへと走り渡る驚異の身体能力、そして負け知らずの喧嘩の強さ。
全く無駄のない動きで依頼を遂行していくヒーラーのかっこよさに目が離せませんでした。

そして時には笑ってしまうような変装で、お茶目なチャンウクまで見ることができます。

警察官やピザの配達員、掃除のおばちゃんまで(笑)

ジョンフの八変化
https://k-plaza.com/2016/01/ji-chang-wook-6.html

ヒーラーを通してチチャンウクの魅力が爆発!

最初から最後まで素敵なヒーラーの姿に夢中になること間違いなしです。

ヒーラーとヨンシンの秘密の恋

ジョンフとヨンシンの目隠しキス
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2035141

闇の便利屋であるからこそ、顔を見られてはいけないヒーラー。

そして、心惹かれるヒーラーに会いたくて仕方がないヨンシン。

目をふさいででもヒーラーと会話がしたいと、ヨンシンは帽子をかぶったまま話しかけます。

想いを抑えられなくなったヒーラーことジョンフが、そんなヨンシンにキスをするシーンは心張り裂けそうなくらいに切なく胸キュンのシーンでした!

その後、目の前に現れなくてもいいからとヨンシンからデートに誘います。

手を繋ぐジョンフとヨンシン
http://www.cinemart.co.jp/article/news/20160311000527.html

映画館では暗くなったあとに入ってくるヒーラー。
ヨンシンは、後ろにヒーラーを感じただけで満足していました。

しかしその後、出ていこうとするヨンシンの手を顔を見ずに掴むヒーラー!

指が絡む時のドキドキ感、ヨンシンの気持ちがひしひしと伝わってきましたね。

他にも想いが高まる2人の切なく甘いシーンが盛りだくさん!

果たして2人は無事結ばれることができるのでしょうか?

ヒーラーとヨンシンの繰り広げるロマンスはこのドラマ最大の見どころです!

『ヒーラー~最高の恋人~』の感想

自撮りするチチャンウクとパクミニョン
https://sukimamalife.com/koreandrama-healer-bts/

親たちの因縁が子供に大きく影響するという韓国ドラマによくある展開。

ジョンフとヨンシンが可哀想でしたが、大きな権力を前に物怖じせず2人で物事を正していく姿はかっこよかったです。

ただのロマンスだけではなくサスペンス要素があったのも、ドラマのアクセントになって、よかったと思います。

そして、ヒーラーとボンスが同一人物という、チチャンウクの新しい一人二役の脚本はたまりませんでした。

もどかしく切なく、主演2人の素晴らしい演技に一喜一憂。

人間関係が複雑に絡み合い積み重なった謎が、ラストで一気に繋がった時はすっきり!

胸キュンあり、涙あり、ハラハラどきどきの連続で楽しませてくれた最高のドラマでした。

 

『ヒーラー~最高の恋人~』を全話無料で見る方法

UNEXTの韓国ドラマ特集
https://www.video.unext.jp/lp/hanryu/

『ヒーラー~最高の恋人~』の動画はU-NEXTに登録することで視聴することができます。

U-NEXTは動画配信サービスの中でも韓国ドラマの取扱数に関して圧倒的で、その数は500作品以上。

月額料金は1990円ですが、31日間の無料お試し期間があるので、この期間に見終えてしまえば無料で見ることができます。

ただ、登録時にクレジットカードなどの情報の入力が必要で、解約を忘れてしまった場合は契約が自動更新されて、お試し期間終了後は月額料金が自動的に引き落とされてしまいます。

自分が見たい動画を全て見た後、忘れずに解約の手続きをしてください。

U-NEXTで見れる動画の確認および無料お試し登録はこちらから

※本ページの情報は2019年8月11日時点のものです。もしかしたら取扱作品が変更される可能性もあるので、最新の配信状況は実際にサイトにてご確認ください。

 

最後に

チチャンウクの代表作を塗り替えたとまで言われた大人気ドラマ『ヒーラー~最高の恋人~』。

ロマンスあり、アクションあり、サスペンス要素もある見どころたっぷりなドラマです。

主演のチチャンウクとパクミニョンの魅力を堪能できる本作品、ぜひご覧ください!