IZ*ONE宮脇咲良が韓国で人気な理由は?主な理由はこの6つ

韓国でも人気の宮脇咲良 韓国女性アイドル

トップ画像http://www.sporbiz.co.kr/news/articleView.html?idxno=315198

IZ*ONEの日本人メンバー3人の中で、もっともセンターポジションに近くて人気がある宮脇咲良。

日本で活動していた頃からトップクラスの人気を誇っていた宮脇咲良は韓国でも大人気で、誕生日にはラッピングバスが街中を走り電車の駅がポスターで埋め尽くされるなど、ファンからの熱い支持を受け続けているんです。

そんな宮脇咲良の韓国人気の理由を紹介していきます。

宮脇咲良が韓国で人気な理由① 美しすぎるルックス

宮脇咲良のファンに「咲良の好きなところは?」と聞けば、まず返ってくるのは「美人だから」「可愛くて憧れるから」といった、外見的要因でしょう。

日本でHKT48メンバーとして活躍していた頃から人気があり、48グループの代表メンバーだった宮脇咲良は10代だったこともあり「美しい」より「可愛い」イメージがありましたが、IZ*ONEとしてデビューしてから一気に垢抜けて美人に成長しています。

宮脇咲良の顔は顎が細い逆三角形で、さらに透き通るような白い肌、アーモンド型の大きな瞳に薄い唇といった、韓国における美人の条件を多く兼ね備えているんです。

さらに、日本のメイクより韓国メイクの方が似合う顔立ちなので、韓国に渡ってからますます美人になって垢抜けているのでしょう。

誰もが認める美人なところは、宮脇咲良の大きな武器です。

全体的に細いところも「守ってあげたい」と思わせるような儚さがあり、男女ともに人気を博しています。

宮脇咲良が韓国で人気な理由② 謙虚さ・生真面目さ

美人で人気があれば、少しくらい尊大な態度を取ってもおかしくないですよね。

実際に、人気アイドルの中には横暴な態度を暴露される人もいます。

ですが、宮脇咲良はとても謙虚な性格で知られています。

いくら人気があって褒められても「とんでもない」「私なんて」という姿勢を崩しません。

K-POPアイドルたちは長い練習期間を経て実力をつけてからデビューしていることもあってか、自分に自信があるタイプが多いんです。

そんなK-POPアイドルたちの姿を見てきた韓国人にとって、宮脇咲良の態度は新鮮に映るのでしょう。

また、冗談を言われてもきょとんとしてしまったり、からかわれて本気でヘコんでしまったりといった生真面目な性格も「真に受けて可愛い」「物事に真摯に向き合うのは素晴らしい」とウケています。

宮脇咲良が韓国で人気な理③ 努力家

IZ*ONEとしてデビューしてからのファンも大勢いますが、IZ*ONEを輩出した『PRODUCE48』がキッカケで宮脇咲良ファンとなった韓国人も多くいます。

HKT48でエースとして活動していた宮脇咲良は、韓国人アイドルファンの間でも知名度があり、『PRODUCE48』でも放送初回から注目されていました。

しかし、初回のランク分け審査で歌とダンスを披露した彼女は、そのレベルの低さを露呈してしまいます。

その後は泣きながら努力を続ける様子が放送されました。

[IZ*ONE 아이즈원] 실전 압축 사쿠라듀스 # 1
[IZ*ONE 아이즈원] 실전 압축 사쿠라듀스 # 2

結果、彼女は最高ランクのAランクに留まり、さらに96人のステージでセンターの座を射止めます。

歌やダンスの成長ぶりはもちろん、努力を続けてレベルアップしていく様子に心を打たれた人が多く、ライバルであるはずの練習生の中にもその成長ぶりに感動の涙を流す人が多くいました。

最初がダメだったことを知っているからこそ、その後の成長ぶりと努力に感動する人も多くいるのでしょう。

宮脇咲良が韓国で人気な理由④ 完璧なアイドル像

日本でHKT48メンバーとして活動していた頃から、宮脇咲良は恋愛スキャンダルはもちろん暴露話もなく、ファンの前では決して疲れた顔も見せません。

まさに「これぞアイドル!」という対応を一貫して行います。

その完璧さから、ついたあだ名は「宮脇プロ」。

コンサートでは、自分の名前が書かれたプラカードを持ったファンに手を振るのはもちろん、ステージが見えづらいところにいる自分のファンでない観客にまで気遣って手を振ります。

さらに、Twitterでファンアカウントを見つけてコンタクトを取ろうとしたり、握手会など接触系イベントでは「Twitterやってる?もしかして〇〇さん?」とアカウントを特定して話しかけたりもします。

韓国語がまだ完璧でないので韓国人ファンとここまで密なやり取りはできていないようですが、宮脇咲良と会話したくて日本語を覚えてイベントに来る韓国人ファンも大勢います。

会話すればガチ恋・リア恋ファンとなってしまうほどのきめ細やかな対応をしてくれるので、まさに「プロアイドル」ですね。