IZ*ONE本田仁美が韓国で人気な理由は?主な理由はこの6つ!

韓国でも人気の本田仁美 韓国女性アイドル

トップ画像http://enews.imbc.com/News/RetrieveNewsInfo/258388

日韓合同女性アイドルグループ『IZ*ONE』がデビューしてそろそろ約1年半、『PRODUCE48』の放送からは約2年が経とうとしています。

日本でも韓国でも常に注目され、音楽番組の他にもモデルとして活躍するメンバーやYouTuberとして活躍しているメンバーがいるなど、活躍の場をどんどん広げている『IZ*ONE』。

そんな『IZ*ONE』の日本人メンバーの1人、AKB48出身の本田仁美の人気の理由を紹介していきます。

本田仁美が韓国で人気な理由①:レベルの高いダンス能力

『PRODUCE48』の第1回目の評価テストが放送されてすぐに明らかになった、日本のアイドルと韓国のアイドルのレベルの違い。

歌やダンスを完璧に仕上げてからでないとデビューできない韓国アイドルと違い、日本のアイドルは歌やダンスができなくても光る個性があればファンに認められ人気を博します。

AKB時代の本田仁美
https://terminal-k.com/jp/izone/hitomi.html

 

しかし、『PRODUCE48』は韓国のトレーナーに指導を受け、主に韓国の視聴者に評価される番組。

やはりダンスや歌の実力がないと厳しい世界だったことを日本人出演者は思い知らされます。

その中で唯一「ダンスの実力あり!」と認められたのがこの本田仁美でした。

また、ダンスを覚える速さや他メンバーへの指導力も評価され、番組中でも大きく取り上げられました。

ひーちゃん(本田仁美)ダンスを覚える速さ#izone

K-popの人気曲I.O.I「Very Very Very」の振り付けを韓国人出演者たちが覚えられない中、一人で振り付けを覚え、他メンバーに指導する姿は、ダンスの実力がある証拠だと高く評価され、人気を得るきっかけとなりました。

本田仁美が韓国で人気な理由②:日本人ならではの努力する姿

ダンスの実力が認められたとはいえ、日本人出演者の全体的な実力の低さ(主には歌とダンス)への低評価姿勢は依然変わりませんでした。

そんな中、さらに努力し、完璧を追求した本田仁美の姿がありました。

その様子を評価するトレーナーたちの姿が番組でも放送されます。

[日本語字幕]PRODUCE48 グレード再評価 'Fから真珠を 見つけ出した気がします' 180622

この課題が出されてから、評価を受けるまでたった3日しかなかったと言います。

日本人メンバーの中には韓国語の歌詞を覚えるのを諦めダンスだけするメンバー、歌詞を忘れてしまうメンバー、歌詞に集中して振り付けを覚えられなかったメンバーが数多く見受けられました。

しかし、本田仁美は韓国語の歌詞を全て覚え、振り付けも覚えるだけでなく、キレのあるダンスを見せてくれました。

また、AKB48時代の努力する姿も、熱狂的な韓国人ファンによって明らかにされます。

広報活動に出る本田仁美
http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=surily&logNo=221380849874

本田仁美の地元、栃木で某大手自動車メーカーの広報活動に参加したり、地元のグルメフェスタに参加して焼きそばを売ったりする健気な努力&下積み時代があったからこそ今の成功があるとファンは言います。

努力する人を嫌いになる人なんて、いるはずがないですよね。

本田仁美が韓国で人気な理由③:可愛すぎるぷくぷくほっぺ

本田仁美は数々のニックネームを持っており、その一つに「パントミ」というニックネームがあります。

頬を触る本田仁美
https://d-kpop-ura.blogspot.com/2018/11/izone.html

パンのようなぷくぷくしたほっぺを持っていることから「パン+(ひ)とみ=パントミ」と呼ばれるようになりました。

AKB48時代、本人はこの頬がコンプレックスだと語っていましたが、『IZ*ONE』としてデビューし、ファンから愛されるようになり、コンプレックスではなくチャームポイントに変わったと言います。

パントミと呼ばれている本田仁美https://www.trendsmap.com/twitter/tweet/1210096608030777345

今ではファンからサイン会などで、パンのぬいぐるみやクッションをプレゼントとしてもらうほど、このニックネームが定着しています。

もちろんメンバーからもパントミとして可愛がられています。

チェウォン×本田仁美
http://entamegroove.com/archives/9080

一緒にいるとこのぷくぷくほっぺを触りたくなってしまうのも当然ですよね。