TWICEナヨンの愛犬クックの犬種、名前の由来、性格は?可愛い画像集も

ナヨンと愛犬のクック 韓国女性アイドル

トップ画像http://pop.heraldcorp.com/view.php?ud=201906200853555304095_1

メンバーの半数以上が犬を飼っていて愛犬家が多いTWICE。

ナヨンもそんな犬好きメンバーの1人で、「クック」という名前の犬を飼っていて、時々twicetagramにも登場しています。

そんなナヨンの愛情をいっぱいもらっているナヨンの愛犬「クック」について紹介していきます。

ナヨンの愛犬クックの犬種や毛色は?

ナヨンの愛犬クックは、2017年9月7日生まれのポメラニアンです。

TWICEファンへの初お披露目は、2017年11月27日にtwicetagramで公開されました。

その画像がこちらになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

まもなく生後3ヶ月を迎える赤ちゃんなので、靴と同じくらいの大きさで可愛いですよね。

クックの毛色は、数種類あるポメラニアンの毛色の中でも人気の高いクリーム系カラーです。

赤ちゃんの頃は、茶色や黒交じりの毛が混ざっているのでクリーム色要素が少ないですが、成長していくにつれて毛が生え変わり伸びて行くと、綺麗な優しい色合いのクリーム色に変わっていきます。

実際にナヨンのクックで比較してみると、違いは明らかです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

ポメラニアンは暑い時期と寒い時期に毛が生え変わるという換毛期があるダブルコートで、手触りのよさそうなふわふわの毛が特徴になっていますが、クックも画像で見ているだけでも手触りのよさそうな毛が生えていますよね。

ナヨンの愛犬クックの名前の由来は?

ナヨンの愛犬はクックと呼ばれて可愛がられていますが、実はクックの正式名称は「クク」でTWICEのチェヨンが名付け親です。

どのような経緯で「クク」になったのかと言うと、ナヨンが名前を何にしようか悩んでいたところ、チェヨンに「ククにしなよ」と言われて「クク」という名前に決まりました。

チェヨン曰く、3秒で思いついた名前だと言われていますが「クク」を韓国語で書くと「크크」という字になります。

この「크크」という文字は、韓国語で笑いを表す表現で日本語だと「(笑)、ww、草」という表現と同じ意味です。

もしかしたら、チェヨンはこの「笑う」という意味を込めて「クク」と名付けたのかもしれませんね。

名前の通りナヨンをたくさん笑顔にしてあげて、ナヨンと過ごしながらククもたくさん笑顔になってほしいですよね。

ナヨンの愛犬クックの性格は?

ポメラニアンの性格は元気いっぱいで活発、甘えん坊、フレンドリーで警戒心が強く頭が良いため、番犬にも向いていると言われています。

クックもその特徴的な性格を見事に受け継いでいて、ナヨンの言うことを良く聞く聡明さがあります。

「お座り、お手、おかわり、伏せ、待て」など一通りの芸は難なくこなしているのが分かりますよね。

クックの表情を見ても、ナヨンとのコミュニケーションをとても楽しんでいるように見えますし、2人の信頼関係が厚いことも明らかです。

可愛く元気いっぱいで利口なクックですが、その一方で極度な寂しがりでもあるとナヨンが語っています。

詳しい内容が語られたのは、2020年6月8日に放送された韓国のペットバラエティ番組『犬は素晴らしい』に出演した時のことです。

Introducing TWICE’s dogs! [Dogs are incredible/ENG/2020.06.24]

番組にはTWICEのナヨン、モモ、ツウィが出演し、ナヨンとモモはお互いの愛犬であるクックとブーを連れて撮影に参加しました。

この時に、ナヨンがクックは極度な寂しがり屋で、分離不安があると話しています。

犬の分離不安とは、飼い主がそばからいなくなってしまうことに非常に強い恐怖心を持つことで、常に飼い主の後をついて回ったり、飼い主がいなくなると不安から吠え続けたりすることがあります。

そのため、安易にお留守番をさせられない、吠えることへの近隣迷惑など飼い主にも犬にも大きなストレスを与えてしまいます。

ナヨンの実家で暮らしているクックは、特にナヨンのお母さんのことが大好きで執着心がとても強くあるそうです。

ナヨンが実家に帰り、母親と一緒に出掛ける準備を始めただけでも不安になって吠え出し、家族が部屋を移動しようとしただけでも吠えてしまうと悩みを打ち明けています。

ドッグトレーナーは分離不安は犬の性格や品種によって異なるため、直すのは難しいと言いましたが、裏を返せばそれだけクックがナヨンの家族のことが大切で大好きだということですよね。

クックの分離不安はナヨンやナヨンの家族にとっては悩みの種でしょうが、離れることが不安になるくらい愛情をたくさん受けていることがわかる話でもありました。