TWICEメンバーを表す絵文字(公式&ファン考案)とその由来はこれ

TWICEメンバー 韓国女性アイドル

トップ画像https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20200519500137

TWICEは各メンバーが似ている動物やキャラクターに例えられることが多く、その動物の着ぐるみでパフォーマンスをしてから、それがメンバーを表す絵文字としてファンの間で定着していきました。

しかし、公式で使用されているTWICEメンバーの絵文字は少し違います。

そんなファンが考えたものから公式で使用されている絵文字まで、TWICEメンバーを表す絵文字すべてを由来と一緒に紹介していきます。

ナヨンを表す絵文字

ナヨンを表す絵文字は、公式とファン考案の絵文字どちらも共通して「うさぎ」です。

デビュー当時から、色白の肌や雰囲気がうさぎに似ていると言われていて、特に大きめの前歯はトキイッパル(うさぎの歯)とも呼ばれています。

一時期、ナヨンは歯列矯正を考えていた時期もありましたが、ファンにはその前歯が可愛いから絶対にそのままでいてと言われるほど、ナヨンのチャームポイントとして愛されています。

公式でもうさぎの着ぐるみでパフォーマンスをしたり、サイン会でもファンからうさぎの被り物をもらったりしているので、公式とファンのナヨンに対する解釈は一致しているようですね。

うさぎ以外の絵文字が使われていることはないので、ナヨンの絵文字は過去も現在も一貫してうさぎだけです。

ジョンヨンを表す絵文字

1番最初に使われていたジョンヨンを表す絵文字は「ドラゴン」でした。

ジョンヨンの絵文字がドラゴンになった理由は、『TT』のファンサイン会で恐竜の着ぐるみを着て登場してから、ファンの間でジョンヨンを表す絵文字がドラゴンとして定着していきました。

その後、ジョンヨンの絵文字はドラゴンから果物の「メロン」へと変わります。

ジョンヨンの絵文字がメロンに変わった理由は、ジョンヨンが日本の食べ物の中でメロンパンが1番好きだと言ってからです。

日本に行ったらメロンパンを買い占めたいと言うほどのメロンパン好きであることが知られてから、主に日本人ファンの間でメロンの絵文字が使用されるようになりました。

 

ファンの間ではドラゴンやメロンの絵文字が主流となって使われていますが、TWICEの公式絵文字は「犬」です。

メンバー全員の写真がSNSに投稿された時、休業中で写真に写っていないジョンヨンを表すために犬の絵文字が使われていました。

この場にいなくてもいつも一緒にいるよという優しいメッセージでTWICEの絆が感じられた絵文字表現でしたが、ファンの間では、犬といえばツウィというイメージが強いため、公式絵文字に疑問を抱く方も多くいました。

どうしてジョンヨンの絵文字が犬なのか公式から説明は出ていないのですが、ジョンヨンも実家で犬を3匹飼っていて、保護犬のボランティアに参加するほどの愛犬家です。

そのため、ジョンヨンの公式絵文字が犬なのはジョンヨンの犬好きが由来になっている可能性が高そうですね。

モモを表す絵文字

初期の頃にファンの間でモモを表す絵文字として使われていたのは「ひよこ」でした。

モモの絵文字にひよこが使われるようになったきっかけは、『TT』のファンサイン会でひよこの着ぐるみを着て登場したからです。

それまでモモがひよこに似ていると言われたことはありませんでしたが、ひよこの着ぐるみがとても似合っていて可愛かったので、モモを表す絵文字としてひよこが使われるようになりました。

 

TWICEの公式でモモを表す絵文字は、動物の「クマ」です。

アライグマやたぬきに似ていると言われていたモモは、ノグリ(たぬき)とモモを合わせてモグリというあだ名がつけられていました。

しかし、アライグマやたぬきの顔だけを表す絵文字がなかったので、それ以外に似ていると言われていたクマの絵文字が公式で使われるようになったのではないでしょうか。

また、モモが『TWICE TV5』シンガポールで購入したクマのぬいぐるみのベアリンが関係しているのかもしれませんね。

他には、モモの名前と同じ果物の「桃」がよく使われています。

桃の絵文字は、現在でもモモやファンの間でよく使われているので、もしかしたらひよこやクマの絵文字よりもメジャーかもしれません。

モモ本人も同じ名前の果物ということで桃がモチーフになっているグッズを使っているので馴染みがありますよね。

公式ではクマの絵文字ですが、どちらかというと桃の絵文字の方が多く使われている印象が強いです。

サナを表す絵文字

サナを表す絵文字は、TWICEの公式やファンの間でも昔からずっと変わらずハムスターのままです。

ぷっくりした頬と黒目がちでつぶらな瞳からハムスターとマウスを合わせたヘムチ顔と言われていたサナは、デビューした時からハムスターサナ、サナリスとあだ名をつけられていました。

『TT』のファンサイン会イベントでもハムスターの着ぐるみを着て登場していたので、TWICEとファンのどちらもサナがハムスターに似ているという認識を持っているということになります。

ちなみにサナは「サナリス」とも呼ばれているので、時々ファンの間では「リス」の絵文字が使われることもありますが、滅多に見かけないのでハムスターの絵文字が主流です。

ジヒョを表す絵文字

ファンの間で使われているジヒョを表す絵文字は「マイク」です。

何故、ジヒョの絵文字がマイクなのかというと、ジヒョは普通に話していても歌っていても声が大きく、マイクを使わなくても声がよく通るのでマイクというあだ名がつけられたことから、ファンの間でマイクの絵文字が使われるようになりました。

自己紹介をする時も「TWICEのマイク、ジヒョです」と言うのでジヒョの絵文字といえばマイクだと定着していきました。

 

しかし、公式で使われているジヒョの絵文字は「ユニコーン」です。

他のメンバーたちと同様、『TT』のファンサイン会イベントでユニコーンの着ぐるみを着て参加してから、公式ではジヒョを表す絵文字が「ユニコーン」になりました。

公式でユニコーンの絵文字が使われるようになるまでジヒョにユニコーンのイメージはありませんでしたが、零れそうな大きな目や長いまつ毛、優し気でファンシーな雰囲気がユニコーンに似ていますよね。

ファンの間でもジヒョを表す絵文字でユニコーンが使われるようになり、今ではマイクとユニコーンの両方ともジヒョの絵文字として親しまれています。