ファンが選ぶBTSジミンのソロ曲おすすめランキングTOP5

BTSジミンのソロ曲 韓国男性アイドル

2位 Promise

2018年12月31日にサプライズで突然サウンドクラウドにアップされた、ジミンの初めての自作曲『Promise』。

BTS (방탄소년단) JIMIN 'Promise (약속)' MV

初めて聞いたときの子供のような純粋さをも感じさせる、中性的な甘い歌声が忘れられません。

『Promise』はホッとした暖かな温もりが感じられる、聴き心地の良いポップなバラード曲です。

彼にしか歌えない包み込む様な優しい歌声とギターとの相性が抜群に良く、シンプルなサウンドで作られているため、ジミンの歌声を思う存分楽しめる特別な一曲となっています。

ジミンはこの曲を「僕のための歌であり、あなたのための歌です。」と話す通り、歌詞に込められているジミンの強い想いが、多くのARMYの心に響いたのではないでしょうか。

この曲を描き始めた当初は、ちょうど暗い気持ちが続いており自分への多くの不満を歌詞にしていました。

しかし、作業をしていた7ヶ月という長い期間の間にどんどん状況が良くなり、自分自身や周りのメンバー達が明るくなっていった事で、歌詞の続きが書けずにいたのだとか。

そんな時、アメリカのシティーフィールド公演中、ARMYが掲げていたスローガン「自分自身を愛する方法を教えてくれてありがとう」という言葉を受け取ったジミン。

 

ここから「大変な状況でも、自分で自分自身を辛くさせないようにしよう、自分を悪く言わないようにしよう、そう自分自身に約束しよう」という曲のコンセプトが浮かんできて「約束」と言うタイトルが思いついたのだとか。

歌詞の中に出てくる「君」という言葉は、「僕」と同義で、ジミンが自分自身に語りかけています。

優柔不断で正直になれない自分が嫌いだった、どうして言いたいことが言えないんだろう、苦しい時に苦しいと声を上げることができないのだろう。そんな自分にイライラしてしまう時期もあったようです。

サビに繰り返される「I want you to be your night」には次の2つの意味が込められています。

「君の光も暗闇もすべて君だということを分かってほしい」

「太陽が沈んだら夜がやって来て、夜になったらまた太陽が昇るように痛みも悲しみも過ぎ去っていく」

BTSが掲げている「LOVE MY SELF」に通ずる、メッセージ性の強い楽曲です。

この楽曲を作り発表するなかでファンである私たちからもわかる程、以前と比べて一皮向けた様な明るさや輝きを放ちはじめたジミン。

この曲を聴いて自分だけではない、多くの人に安心して欲しいと明かしていました。

誰の心にも寄り添ってくれるジミンらしさが詰まった一曲です。

1位 Selendipity

BTSの5thミニアルバム「LOVE YOUR SELF 承’HER’」に収録された、ジミンのソロ曲『Serendipity』。

同アルバムのイントロとして、ティザーが公開されるとすぐに大きな話題となりました。

BTS (방탄소년단) LOVE YOURSELF 承 Her 'Serendipity' Comeback Trailer

『Serendipity』はジミンの柔らかな歌声を存分に楽しむことのできる、心安らぐ一曲となっています。

メンバーのテテは、この曲をお昼寝にぴったりの午後3時に聴きたくなる曲としてARMYにおすすめしていました。

テテが言う様に、ジミンの声と相性の良い『Serendipity』の幻想的な音色は就寝時のリラックスタイムにピッタリ。

泣き止まない赤ちゃんに『Serendipity』を聞かせた途端、赤ちゃんが泣き止み笑顔を見せる動画や、多くの子供達の子守唄として使われているほど、人々の心を落ち着かせてくれる癒しのメロディーとなっています。

 

楽曲が良いことはもちろんですが、Serendipityの良さがさらに引き出されるのがジミンのステージ上でのパフォーマンスです。

コンテンポラリーダンスや、現代舞踊を得意とするジミンのしなやかで芸術的なダンスがSerendipityの世界観とマッチし、ジミンらしいカラーが色濃く出た最高なステージを作り上げています。

[방탄소년단/BTS] JIMIN Serendipity (세렌디피티) 무대 교차편집 (stage mix)

 

SerendipityのステージはARMY以外にも、アーティストのカリードや、BOYZIIMENのメンバーをも虜にし、ジミンのソロ曲の中で、もっとも彼の魅力が発揮される人気曲ではないでしょうか。

『Serendipity』と言う言葉には、全くの偶然から、重要な何かを発見すること、ふとした偶然をきっかけに幸運をつかみとることという意味があります。

しかし、歌詞にはSerendipityという言葉は一切出てきません。

そして、楽曲自体の歌詞はSerendipityが本来持つ意味の逆の言葉を繰り返す内容となっています。

「君と僕の幸せは予定されていたんだ」

「このすべては偶然ではない」

「偶然なんかではない必然であり運命」

だと語りかけます。

さらに、歌詞の中で「三毛猫」と「アオカビ」と言う言葉が比喩表現として使われています。

 

“君は僕のアオカビ
僕を救ってくれたんだ
僕の天使
僕の世界

僕は君の三毛猫
君に会いにきたんだ
さぁ僕を愛して”

世界で初めてアオカビから抗体物質のペニシリンが発見された事と、三毛猫のオスが生まれる確率が3万分の1であること。

2つの事柄は、最も希少であることを表しています。

 

「宇宙が初めて生まれた時からあらゆることは決められていたんだ」

この曲を通して、BTSとARMYの出会いは必然であり、宇宙の摂理だと話すジミン。
お互いが出会いたいと思ったからだと、ロマンチストな発言もしています。

RMの綴る、独特な言葉選びにも注目して聞いて欲しいジミンの代表的なソロ曲です。

パフォーマンス映像と一緒にぜひチェックしてみてください!

 

ここまでジミンのソロ曲を紹介してきましたが、どれも順位がつけられないほどおすすめ曲ばかりです!

ぜひ、お気に入りの曲を見つけてみてください!