BTSメンバーの日本語が上手い順ランキング!1番上手いの&可愛いのは誰?

BTSのメンバー 韓国男性アイドル

トップ画像https://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4180919

コンサートや音楽番組、ラジオなど日本での活動にも力を入れているBTS!

日本活動の醍醐味といえば、やはり彼らの話す日本語ですよね。

今回は動画を交えながら、メンバーたちの日本語の実力をランキング形式で紹介していきます!

▼BTSのこれまでの日本語曲はこちら

BTSの日本語曲・日本オリジナル曲一覧!歌詞や歌割りも

第7位 ユンギ

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

一生懸命日本語を話す姿が可愛すぎると評判のユンギ!

少しカタコトで「ずっと」が「じゅっと」の発音になってしまうなど、完璧ではないあたりがファン心をくすぐっています。

ミンユンギの日本語が可愛すぎる件について!!

韓国語を話しているときよりも少しテンションが上がった話し方をしていますよね!

そしてコンサートで日本語を話すために、こんなふうに読む練習をしているようです。

日本語を話す時に自然と手が動いてしまう姿も可愛いですね。

 

ショーケースの最後の挨拶では、練習ばっちりの日本語を披露!かと思えば、「まことにありがと、本当にごじゃいました」という可愛すぎるミスも!

メンバーたちからもつっこまれています(笑)

 

しかし、日本人さながらの日本語を話すこともあります。

不意に出た「大丈夫大丈夫」や「トイレどこですか?」など短いフレーズですが、発音がとても上手で違和感もないですよね。

ユンギが日本語を話す姿は貴重ですが、これからもたくさん見られると嬉しいですね!

第6位 ジン

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

意外と日本語が話せるのでは?と言われているのがジンです!

楽屋でご飯を食べようと日本人スタッフに「すみません、これはなんですか?」と日本語で話しかけています。

お肉がもう一つ食べたかったのか「もう、いち」とわかる日本語を使って伝えている姿が可愛らしいですね!

【BTS】日本語で言ってくれるジンニム!♡とテテおまけ

日本のショーケースでは、ユンギに日本語で書いた手紙を読んだこともありました。

スラスラと読んでいるので相当練習をした様子が伺えますよね。

コンサート終わりには「みなさん、楽しかったですか?」など、全て日本語で挨拶をしている姿もあります。

「今日楽しんでくれたアーミーに素敵なプレゼントを差し上げます!ソクジニの愛の弾丸受け取れ!ピュン!」と愛嬌たっぷりな日本語も!

日本語でもジンのユーモアが溢れていますよね。

 

ジンも日本語の勉強に意欲的なようで、ジミンと買い物をしていた時の動画には、「日本語」と書かれたコーナーで本を手に取る姿が映っています。

忙しくても積極的に日本語の勉強に取り組んでくれている姿は、ファンとしてとても嬉しいですよね!

第5位 ジョングク

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

日本語の発音が一番上手と言っても過言ではないのがジョングクです。

日本のコンサートのために練習をしたという『Lemon』は、日本人さながらの発音ですよね?

発音に濁りがなく聞きやすいですし、アクセントも違和感がありません!

ジョングクは日本語が得意というわけではないですが、コンサートではたくさん日本語を準備してきたり、覚えている日本語を使って会話をしようと努力している様子が伺えます。

一生懸命日本語を話している姿がとても可愛らしいです!

ジョングクの日本語ハイライト集

今ではすっかりファンの間で浸透している「アミしてる」という言葉は、ジョングクが日本のファンのために作ってくれた造語なんです。

ファン名の「アーミー」と日本語の「あいしてる」が上手くかかっていますよね。

メンバーたちがコンサートなどで使っていると「僕がつくったことば!」とアピールも忘れません(笑)

「つ」の発音が「ちゅ」になってしまっているところも可愛いですよね!

ジョングクは「たくさんのアニメを字幕なしで観たいし、アーミーのみなさんと日本語で話してみたい」と、一時期は日本語の勉強をとても頑張っていたようです。

最近は英語の勉強に励んでいるようですが、またジョングクの日本語をたくさん聞けると嬉しいですよね!

BTSジョングクの英語力が凄い!アメリカでも話題になるほどの成長ぶり

第4位 ジミン

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

日本語を得意とするメンバーの一人、ジミン!

2018年にはホソクと2人だけで日本の番組に出演し、流暢な日本語を披露しました。

後ろに通訳者がいますが、全て日本語で自分の言葉で答えています。

ジミンは日本語の練習をする時、コメントを丸暗記するのではなくて、考えながら話すように心がけているようです。

アニメに出てきたフレーズを積極的に使ったり、日本語のルールを思い出しながら文章を考えていますよね!

小さな努力がジミンの日本語力につながっているのかもしれませんね。

 

あるときには、公式アカウントに日本語のメッセージ動画も投稿!

アメリカで活動している期間中だったにもかかわらず、スラスラと日本語を話す姿にファンも驚いていました。

母国語ではない言語を話すのは難しいですが、失敗を恐れずに積極的に日本語を話す姿は素晴らしいですよね。

ジミンの「いちゅも(いつも)」や「ありがとうごじゃいます」など、韓国人特有の発音もとても可愛らしいです!

ジミンの日本語ハイライト集