BTSテテの家庭環境は複雑?実家は貧乏?両親はどんな人?

BTSテテと両親 韓国男性アイドル

トップ画像https://m.blog.naver.com/xxxbigbigxxx/220590923908

テテは不思議な発言や行動をすることから、ファンからは四次元と呼ばれていますよね。

また、何年経っても変わらない彼の純真無垢な性格や子供っぽい姿に、母性本能をくすぐられているファンも多いかと思います。

そんなテテがBTSになる前、どんな環境で育ったのか見ていきましょう!

テテの家庭環境は複雑で貧乏だった?

テテは度々インタビューなどで、おばあちゃんが14年間育ててくれて一番大切で親みたいな存在ですと答えています。

テテのこのような発言からか、いつしかテテは家庭環境が複雑だったからおばあちゃんに育ててもらっていたのではないかとファンの間で話題になりました。

昔は弟や妹とあまり仲が良くなかったと発言していたことから、テテだけ離れて育てられたのでは?と言われていたこともありました。

▼テテの妹と弟に関する詳しい情報はこちら

BTSテテの妹と弟が可愛いすぎるって本当?年齢は?画像はある?

 

しかし、テテは生まれてからずっとおばあちゃん達に育てられていたようなので、弟妹たちと不仲だったからという理由ではなさそうです。

一説には、テテの実家は大邱にある農家であまり裕福ではない暮らしをしていたため、テテの両親は忙しさゆえテテをおばあちゃんに育ててもらっていたのではと言われています。

ただ上の動画を見てもらえればわかりますが、テテの小さい頃の写真にはお父さんが写っていたり、遊園地に行ったエピソードを話しているので、全く一緒にいなかったというわけではなさそうですね。

 

テテを育ててくれたおばあちゃんですが、2016年9月3日にこの世を去ってしまいました。

そんなおばあちゃんとのエピソードやおばあちゃんへの愛などは次の記事で詳しく紹介しています。

BTSテテはおばあちゃん子だった?おばあちゃんとのエピソードと涙の別れ

テテの両親はどんな人?父・母との仲良しエピソードも

テテは以前Vliveで「僕は綺麗なお父さんとお母さんの元に生まれてきて幸せです」と言っていたことがありました。

テテの言うとおり男前のお父さんと美人なお母さんですよね。3人ともとても仲が良さそうで微笑ましいです。

テテのお母さんとのエピソード

あるファンが犬の散歩中にヨンタンを連れたテテのお母さんと遭遇したそうで、「テテのお母さん美人だった」と言うほど、写真の通り美しい方のようです。

またカカオトークのやりとりで、今日の自分のファッションがどうだったかとお母さんに尋ねる様子も共有してくれました。

しかし、お母さんはなんのことか分からず、どのファッション?と聞くと、記事になってるやつ!今から探すわけじゃないよね!?と、なんとも仲がいいですよね。

BTSのコンサートも見に来ているようで、息子想いのお母さんのようですね。

テテのお父さんとのエピソード

テテはお父さんについて、「とても仲がよくいろいろな話をする」と言っていました。

ファンに「将来タトゥー入れますか?」と聞かれた時には、「お父さんに怒られてしまうので入れません」と大人になってからもお父さんの意見を尊重しているようです。

また、テテの座右の銘「クムシラコ」という言葉はお父さんに教えてもらったもので、「大したことじゃない、辛いことを乗り越えたら幸せが訪れる」という意味だそうです。

素敵な言葉をテテに教えるお父さん、そしてその言葉を大切にし続けているテテの絆はとても素敵ですね。

さらに、「自分が6年生の時に初めて歌手という夢を持った時、普通なら子供の安定を望むはずなのにお父さんは僕の夢を信じてくれた。だからお父さんのようになりたい」ともコンサートで話していました。

テテがアイドルになったのは、お父さんの理解があったことも大きいようです。テテのやりたいことを尊重していたからこそ、今のとても素直で天真爛漫なテテがいるのかもしれませんね。

他にもテテは度々お父さんとのカカオトークのやりとりもファンに共有してくれたのですが、そのやりとりがとても可愛いのでご紹介したいと思います。

1つ目はカカオトークのタイピングが上手く出来ていないことをテテが指摘したところ、お父さんなりに頑張ったよ!と、しかしその文も上手く書けていなかったようですね。

 

2つ目は、お父さんのアイコンがテテの写真であることについて話しているようです。

テテはもっとかっこいい写真にしてほしいようですが、お父さんはテテの自然な写真が好きなようですね。

普段から他愛もないやりとりをしているようで、2人の仲の良さが伝わってきますよね。

ハードスケジュールをこなすBTSですが、テテは離れて暮らしていても休みの日には家族と出かけたり、日本旅行にも行くほど今も家族との絆が強いようです。