BTSテテが泣いたのはこの8回!涙の理由と動画も紹介

泣くテテ 韓国男性アイドル

トップ画像https://issuefeed1.tistory.com/897

思わず目を引くビジュアルに、純粋無垢な性格が人気のテテ。

子供のような可愛らしい笑顔を持つ一方、感受性が豊かで涙もろい一面もあるんです。

そんなテテがこれまでに泣いてしまった場面と、その涙の理由を紹介していきます!

2013年6月12日『デビューショーケース』

防弾少年団の秘密兵器としてデビューしたテテは、ギリギリまで非公開とされた練習生でした。

そのため、メンバーたちが個人VLOGを撮る中、自分だけは撮れなかったり、撮影をしていて一緒にいるにもかかわらず自分だけ写れなかったりと、寂しい思いをしてきたようです。

ようやくデビューメンバーとして公開され、デビューショーケースで初めてファンの前に立った時には、下を向いて涙を拭いているような姿がありました。

今までの辛かったことを思い出し、デビューできた喜びで涙を浮かべていたのかもしれませんね。

2016年5月『花様年華 エピローグ in ソウル』

コンサートのアンコール曲『Whalien 52』を歌う途中、突然泣き出してしまったテテ。

終始下を向いて感情を抑えていたようですが、曲が終わるとジミンに「テヒョン、泣いてた?」と聞かれ、「泣いてないよ」と少し強がって答えています。

会場に来ていた両親を見つけて泣いたのではという話や、ファンの歌声に感動して泣いたのではという話がありますが、はっきりとした理由はわかっていません。

特殊な周波数を持ち、他のクジラとコミュニケーションが取れない孤独なクジラと自分たちを重ね合わせている曲ということもあり、何か思うところがあったのかもしれませんね。

2016年10月17日『サイン会 in ソウル』

韓国で行われた『血、汗、涙』のサイン会での出来事です。

あるファンのアルバムにサインをしようとページを開けると、唐突に泣き出してしまったテテ。

ファンの手を握りながら必死に涙を堪えています。

実際に何が起こったのかは本人にしかわかりませんが、一説ではファンがテテのおばあちゃんの体調のことを気遣ったメッセージを書いたのではと話題となりました。

しかし、この時にはテテのおばあちゃんはもう亡くなっていたため、おばあちゃんのことを思い出して泣いてしまったのかもしれないと言われています。

この頃、ファンからは「テテが元気ない」や「テテに何かあったのか」と心配の声が上がっていました。

活動をしながらもずっとおばあちゃんのことが頭にあり、ファンからの言葉で涙が溢れてしまったのかもしれませんね。

2016年11月12日『3rd Muster in ソウル』

日本語字幕 161112 BTS 3rd muster – Vの締めくくりのコメント

ソウルで行われたファンミーティングのエンディングメントで、テテは再びファンの前で涙を流しました。

「今を逃すと言えなくなりそうなので」と切り出し、最近自分が元気がなかったのは、自分を育ててくれたおばあちゃんが亡くなっていたからだということをファンに報告。

当時、カムバックなど様々なスケジュールが続いていたことからテテは疲れているのではとファンが心配するほど、目に見えて元気がありませんでした。

テテは自分の話を聞いてくれて、なんでも受け止めてくれたおばあちゃんが亡くなったことが信じられなかったそうです。

おばあちゃんは「テヒョンがテレビに出ているところを見てみたい」といつも言っていたそうで、テテもいつかテレビで「愛してる」と伝えたかったそうですがタイミングが合わず、叶いませんでした。

涙ながらにファンにこの話をする姿から、テテにとっておばあちゃんがどれだけ大きな存在だったかが分かりますよね。

2017年『ボンボヤージュ in ハワイ』

【BTS日本語字幕】クオズの絆に涙!メンバー同士の手紙が感動的すぎる…

大人気シリーズ『ボンボヤージュ』では、メンバー同士が初めてお互いに手紙を書きました。

本音を話し合うメンバーたちの姿にうるっときてしまう場面ばかりです。

この企画でテテはジミンに対して、デビュー前の話や自分が辛い時に一緒にいてくれたことを手紙に書いて読み上げました。(上記動画の1:17〜)

テテからの手紙をもらったジミンは、「周りで見ている人たちは、僕がテヒョンを気遣ってるって思ってるかもしれないけど、むしろ僕が学ぶことが多く、いい感情を感じることが多いんです。感動もするし、その度『テヒョンが僕の友達でよかった』って思う」と話しました。

その言葉を聞きながら、テテは思わず泣いてしまったようです。

お互いがお互いを必要としている姿から、テテとジミンの絆がどれだけ強いのかが伝わってきますよね。

2018年10月19日『LOVE YOURSELF in パリ』

パリ公演のアンコールで涙を流していたテテ。

なぜこんなに泣いているのか、ファンの間でもとても話題となりました。

実は、この日テテは風邪をひいてしまい、本番中に鼻をすすったり、咳をしたりと体調が万全ではない様子で、何度か歌を飛ばすシーンがありました。

そして最後のメントでは、「約束したいことがあります。もっとかっこよくなって、かっこいい姿で会いに来ます」と話しました。

せっかくのパリでの公演で最善を尽くせなかった不甲斐なさや、ファンに対する申し訳なさでいっぱいだったのではないでしょうか。

コンサートを終えて舞台裏に戻ってきたかと思いきや、メンバーたちに囲まれながら再びテテが泣いています。

テテの気持ちを汲んであげるメンバーたちの優しさも心に沁みますよね。

2018年12月14日『MAMA in 香港』

日本語字幕 2018 MAMA 大賞スピーチ BTS 防弾少年団

2018年の年末での授賞式は、3年連続で大賞を取れて良かったとファンが安堵する中、いつもとは違ったBTSの姿を見ることとなりました。

大賞のコメントをするホソクの言葉を聞き、メンバーたちが次々と涙を浮かべ、テテもコメントをしながら何かを思い出したかのように泣き出しそうな場面がありました。(上記動画の7:20〜)

その後、ジンが「今年の初め、僕たちが精神的に辛かったんです。それで解散をするかどうかも悩んだりして…」と話し出すと、隣にいたテテが顔を押さえて泣き出しました。

人気も波に乗り、世界的な活躍を広げてきた裏で、本人たちは不安やプレッシャーで押しつぶされそうになっていたようです。

テテはその辛かった時期を思い出して、思わず泣いてしまったのかもしれませんね。

2019年6月22日『5th Muster in ソウル』

ファンミーティングを終え、メンバーたちが待機している部屋に泣きながら戻ってきたテテ。

メンバーたちも不思議そうに見ていますが、理由を聞いて納得した様子です。

実はこの時、テテはファンミーティング中におばあちゃんのことを思い出し、泣いてしまったそうです。

3年前のファンミーティングで、おばあちゃんの話をしたことを思い出したのかもしれませんね。

そんなテテを抱きしめてあげるジミンや、見守る周りのメンバーの優しさにもグッときます。