『黄金の庭〜奪われた運命〜』のあらすじ・キャスト・相関図・ネタバレ・感想

黄金の庭〜奪われた運命〜 韓国ドラマ

トップ画像https://ameblo.jp/yuirie10250310/entry-12610181770.html

韓国で最高視聴率30%越えを記録した人気韓国ドラマ『黄金の庭』。

女優ハンジヘと俳優イサンウ共演で贈る、名前を奪われたヒロインが繰り広げる波乱万丈なラブサスペンスドラマです。

それでは早速、韓国ドラマ『黄金の庭〜奪われた運命〜』のあらすじ、キャスト、相関図、ネタバレ、そして感想を紹介していきます!

『黄金の庭』のあらすじ

【KNTV】黄金の庭(原題)

貧しいながらも前向きに明るく生きるヒロインのドンジュ(ハンジヘ)は、28年前に母を見失い養護施設で育ちます。

苦しい暮らしの中でも元気で心優しい女性に成長した彼女は、昔母と行ったチャリティイベント『黄金の庭 蛍祭り』である少年と出逢った夢を時折見ていました。

そんなある日、彼女はたまたま居合わせた美容アドバイザーのサビーナ(オジウン)と共に事件に巻き込まれるも、潜入捜査をしていた刑事ピルスン(イサンウ)に助けられます。

始めはある誤解によりピルスンから疑いの目を向けられていたドンジュでしたが、次第に誤解も解け、事件を共に追ううちに2人は惹かれ合うように。

そのピルスンこそ、ドンジュが夢に見ていた少年でした。

 

一方で、ドンジュの名前を聞いて目の色を変えたサビーナ、実は彼女はかつてドンジュの名前や身分を奪って逃げた、ドンジュを捨てた母の娘でした。

ショックから母を失ったあとの記憶がないドンジュに過去を知られないように、彼女を知らないフリをするサビーナとその母。

さらにサビーナは自分の名誉を守り、婚約者であり御曹司のジュンギ(イテソン)との結婚を実現するために、過去を隠して彼に近づきます。

そんな中で、サビーナが元夫に見つかりもみ合いになったところ、何も知らず彼女を探しに来たジュンギが元夫を車で轢いてしまうのですが…。

『黄金の庭』のキャスト&相関図、登場人物紹介

黄金の庭の相関図
https://kntv.jp/program/kn191203/

ウン・ドンジュ(ハン・ジヘ)

ドンジュ役のハンジヘ
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/thegoldengarden/photo/

ドンジュは幼い頃に母を見失い、養護施設で育ちました。

現在は看護師として働いており、貧しい暮らしながらも困った人は放っておけない面倒見が良く素直で真っすぐな性格の持ち主です。

今になって28年前に母が自分を捨てたのかただ見失っただけなのか知りたくなり、母親探しを始め、たまたま出逢ったピルスンと共に事件を追いかけていくうちに、彼の真っすぐな姿勢に惹かれるように。

看護師の職を失ってからは偶然助けたI&Kグループのチン会長の専属看護師として働くようになります。

チャ・ピルスン(イ・スンウ)

ピルスン役のイサンウ
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/thegoldengarden/photo/

ピルスンは強力班に所属する検挙率1位のエース刑事。

幼い頃に両親を事故で失い、チキン屋を営む祖母に育てられます。

恋愛なんて面倒だと祖母が持ってくるお見合い話をことごとく断っていましたが、健気なドンジュを見ているうちに心が動き始めます。

知れば知るほど純粋でひたむきなドンジュを手助けしていくうちに自分の過去とも繋がり始め、2人は共に28年前に起こったピルスンの両親の交通事故について調べるように。

サビーナ(オ・ジウン)

サビーナ役のオジウン
http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=668094

サビーナはSNSで人気を集める美容アドバイザー。

昔、強欲な母に耐えきれず家出した際に出逢った男性との間に子供を授かるも、結局貧しさに負け夫と子を捨て母の元に戻り、名前を変えてアメリカで再出発します。

帰国後は大財閥I&Kグループの1人息子であるジュンギと出逢い婚約。

欲しいものを手に入れるためなら人を踏みつけてでも手にする強欲な性格の持ち主です。

ところがある日たまたまドンジュに出逢い、隠してきた過去を知られまいと焦り始めます。

チェ・ジュンギ(イ・テソン)

ジュンギ役のイテソン
http://www.imbc.com/broad/tv/drama/thegoldengarden/photo/

ジュンギはI&Kグループの1人息子であり本部長。

いずれは会社を継ぐ跡取りですが、裕福ながらも両親の仲が悪く、幸せとは言えない人生を歩んできました。

美しく賢いサビーナに惚れ込み、会長である母親の反対を押し切り彼女との結婚を進めます。

しかし、ある日サビーナを追って車で出かけた際に飛び出してきた男性を轢いてしまい、サビーナと共にその事実を隠蔽。

根が優しく気が小さいジュンギは罪悪感にさいなまれながらも、サビーナとの未来のために耐える日々を送ることになるのですが…。

シン・ナンスク(チョン・ヨンジュ)

ナンスク役のチョンヨンジュ
http://enews.imbc.com/News/RetrieveNewsInfo/263743

ナンスクはサビーナの母であり、幼いドンジュを捨てた人物。

とにかく強欲で、サビーナを自分の作品かのように扱い彼女の成功のためであれば人を殺めることも厭わないモンスター母。

悪知恵がよく働き、ジュンギの人身事故に始まり数々の悪事を犯しながらも罪悪感を一切感じず平気な顔で生きています。

ドンジュの名前を聞いて過去を隠蔽しようと悪だくみを図ります。

その他の登場人物、キャスト一覧

オ・ミジュ(チョン・シア):ドンジュの孤児院時代からの幼馴染

イ・ソンウク(ムン・ジユン):タクシー運転手、サビーナの元夫

イ・ミドゥム(カン・ジュニョク):ソンウクとサビーナの息子

イ・サラン(チョン・ソヨン):ソンウクが育てる友人の娘

チン・ナミ(チャ・ファヨン):ジュンギの母、I&Kグループの会長

チェ・デソン(キム・ユソク):ジュンギの父、ナミの夫

ハン・スミ(チョ・ミリョン):チン会長の秘書

カン・ナムドゥ(キム・ヨンオク):ピルスンの祖母

ハン・ギヨン(ヨン・ジェヒョン):ピルスンの後輩刑事、スミの甥