『リメンバー~記憶の彼方へ~』のあらすじ・キャスト・相関図・ネタバレ・感想

リメンバー~記憶の彼方へ~ 韓国ドラマ

トップ画像https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/drama/entry/2017/016154.html

ユスンホの除隊後復帰作となった韓国ドラマ『リメンバー~記憶の彼方へ~』は、天才弁護士が繰り広げる愛と復讐の切ないヒューマン・ラブサスペンスドラマで、ヒロインはパクミニョンが演じました。

初回から同時間帯視聴率1位を獲得、その後も回を重ねるごとに自己最高視聴率を更新し続け、最終回で視聴率23.7%で有終の美を飾った超人気作!

そんな『リメンバー~記憶の彼方へ~』のあらすじ、キャスト、相関図、ネタバレ、そして感想をご紹介していきます。

『リメンバー~記憶の彼方へ~』の動画を無料で見る方法も紹介していますので、記事を読むより動画を見たいという方は次の記事を参考にしてください。

『リメンバー~記憶の彼方へ~』の動画を日本語字幕で全話無料で視聴する方法まとめ

『リメンバー~記憶の彼方へ~』の予告動画&あらすじ

ユ・スンホ主演「リメンバー~記憶の彼方へ~」予告編

一度見たモノを写真のように脳に記憶できる、天才的な記憶能力を持った主人公ジヌ(ユスンホ)。

彼は昔、交通事故で母と兄を亡くし、残った父ジェヒョク(チョングァンリョル)と共に貧しいながらも幸せに暮らしていました。

多くのことは望まず、仲良く笑って過ごしていた善良な父子でした。

しかしそんなある日、ジェヒョクは道を忘れ、迷い込んだ林の中で遺棄された死体を発見します。

最悪のタイミングでアルツハイマー病を発症していたジェヒョクは、事件当時の記憶が曖昧だったために強姦殺人罪で逮捕されることに。

ただ、本当の犯人は韓国最大手の財閥イログループの長男であるギュマン(ナムグンミン)で、ジェヒョクは冤罪でした。

ジヌは父を助け出すために勝率100%と謳う敏腕弁護士ドンホ(パクソンウン)に弁護を依頼するも裏切られ、結局自ら弁護士になることを心に決めます。

 

数年後、見事最年少弁護士として法曹界に入ったジヌ。

高校生の頃に出逢い、唯一父の無実を信じてくれたイナ(パクミニョン)は検事となっていました。

一方の真犯人のギュマンには全く反省の色がなく、むしろ人を使ってジヌを排除しようとする始末。

こうして、サイコパスな御曹司ギュマンとその背景にある巨大な権力を相手に、ジヌの戦いが始まります。

 

果たして、病状が進む父ジェヒョンの濡れ衣を晴らすことはできるのでしょうか。

そしてすべてが終わった時、ジヌは一体…?

『リメンバー~記憶の彼方へ~』のキャスト&相関図、登場人物紹介

リメンバー記憶の彼方への相関図
https://kandera.jp/sp/remember/

ソ・ジヌ(ユ・スンホ)

ジヌ役のユスンホ
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2035509

一度見たものは写真に撮ったように記憶できる能力を持った天才青年。

昔交通事故で母と兄を亡くし、父と2人で仲良く愛情たっぷり受け成長しました。

ある日、善良な父親が強姦殺人罪で逮捕されてしまい、並行してアルツハイマー病を発症。

しかし、どんどん獄中で弱っていく父を救い出すため、そして真犯人であるギュマンを捕まえるために弁護士を目指します。

昔から周囲の誰もが信じてくれない中、唯一信じてくれたイナと弁護士になってから再会。

共に大きな権力と戦うのですが、数々の困難に突き当たります。

願うことはただ1つ、父の無罪を証明し一緒にまた暮らすこと。

憎しみを心に抱えながら、あくまで法で相手を罰することを目標とする真っすぐな青年です。

▼ユスンホのプロフィール・詳細情報はこちら

ユスンホの早期兵役の理由は?彼女はいる?目は整形?性格もかわいい?

 

イ・イナ(パク・ミニョン)

イナ役のパクミニョン
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2038666

現場第一の熱血検事。

大学生の頃にジヌに出逢い、唯一ジヌの父が無罪だと信じてくれた人物です。

もう二度とジヌの父のような被害者を出さないために、検事を目指します。

検察という組織に揉まれくじけそうになりつつも、ジヌを支えながら信念を貫く熱く強い女性です。

検察を辞めて弁護士としてジヌの父の無念を晴らす手伝いをするうちに、彼に惹かれていきます。

不正は許せない正義感の強い人物で、ジヌのために心から悲しみ涙を流す心優しい女性です。

▼パクミニョンのプロフィール・詳細情報はこちら

パクミニョンはなぜ整形を告白したの?今の彼氏は?日本好き?性格は?

 

ナム・ギュマン(ナムグン・ミン)

ギュマン役のナムグンミン
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2039095

イログループの長男であり、強姦殺人事件の真犯人。

人を人と思わず、邪魔な人間は消してしまえばいいと思っている非人道的な人物。

気性が荒く、気に入らないことがあれば人を殴ったり物を壊したりと暴れまわります。

何かあれば暴力を振るう冷酷な父親の元で育ち、父親に認めてもらうことだけが生きる理由になってしまっています。

イログループを守るためであれば犯罪であろうと関係ない、そんな父の教えがギュマンを破滅へ追いこみます。

▼ナムグンミンのプロフィール・詳細情報はこちら

ナムグンミンは彼女と結婚目前?性格が悪い?弟が過去を暴露?整形もしてる?

 

パク・ドンホ(パク・ソンウン)

ドンホ役のパクソンウン
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2039095

勝率100%の敏腕弁護士。

父親を弁護して欲しいとジヌに頼み込まれ引き受けますが、大きな権力に屈しギュマンが真犯人であることを知りながらも、ジヌの父の弁護を放棄します。

そのせいでジヌの父は死刑囚となり、一方のドンホはイログループの顧問弁護士として出世。

しかし、ドンホ自身過去に父親を亡くした経験があり、ジヌが昔の自分と重なりずっと気にかけていました。

イログループに仕方なく従いつつも、いつかジヌを助ける機会を伺っています。

ソ・ジェヒョク(チョン・グァンリョル)

ジェヒョク役のチョングァンリョル
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2038623

ジヌの父であり、強姦殺人罪で判決を受けた死刑囚。

貧しいですがとにかく善良で優しく、ジヌにとってかけがえのない最高の父親。

交通事故で妻とジヌの兄を亡くしてからは、ジヌと2人で明るく生きてきました。

ところがアルツハイマーの症状が出てきた頃に、事件に巻き込まれ死刑囚となってしまいます。

服役中には十分な治療を受けることができず、遂には息子のジヌさえわからなくなります。

ずっとお腹が痛いと訴えるも、全く相手にしてもらえず苦しみ続け…。

 

ナム・イロ(ハン・ジニ)

イロ会長役のハンジニ
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2038666

イログループの会長であり、ギュマンの父。

グループを守るためであれば人を殺めることであれ何であれお構いなし。

権力とお金ですべてを解決してきた人物です。

会社をギュマンに渡すことだけを考えており、ギュマンが何かしでかすと暴力で諫める冷酷な父。

 

アン・スボム(イ・シオン)

スボム役のイシオン
https://takakocafe.com/koreandrama/リメンバー~記憶の彼方へ~-毒舌感想

ギュマンの幼馴染であり秘書。

仕事はいつもギュマンの尻拭いで、奴隷のように扱われギュマンが犯した殺人の後始末までさせられます。

昔からのよしみで我慢し続けますが、自分をまるで人扱いしないギュマンの非情さに徐々に耐えられなくなります。

 

その他の登場人物、キャスト一覧

ナム・ヨギョン(チョン・ヘソン):検事、ギュマンの妹

ホン・ムソク(オム・ヒョソプ):検事、イログループの犬

タク・ヨンジン(ソン・ヨンギュ):検事、イナの上司

カン・ソッキュ(キム・ジヌ):判事、ギュマンとスボムの友人

ソク・ジュイル(イ・ウォンジョン):ヤクザ、ドンホが慕うアニキ

ヨン・ボミ(イ・ジョンウン):ピョンドゥリ弁護士事務所の事務長

ソン・ジェイク(キム・ヒョンボム):ピョンドゥリ弁護士事務所の弁護士

 

次のページの内容は、多くのネタバレを含みます。

ネタバレを見ずに動画を見たいという方は、次の記事に飛んで動画を楽しんでください。

『リメンバー~記憶の彼方へ~』の動画を日本語字幕で全話無料で視聴する方法まとめ