『30だけど17です』のあらすじ・キャスト・相関図・ネタバレ・感想

30だけど17です 韓国ドラマ

トップ画像https://www.bs4.jp/3017/

今を輝く人気俳優ヤンセジョンと、ヒットメーカーのシンヘソンが主演したことで注目を集めた韓国ドラマ『30だけど17です』。

初回放送から最終回まで同時間帯視聴率1位を独走、そしてSBS演技大賞で5冠を達成した超人気作です!

そんな『30だけど17です』のあらすじ、キャスト、相関図、ネタバレ、そして感想を紹介していきます。

『30だけど17です』の予告動画&あらすじ

「30だけど17です」2019年7月2日TSUTAYA先行レンタル開始!

17歳のウジン(ヤンセジョン)は、他校の女子高生ソリ(シンヘソン)に一目惚れ。

そして、たまたま友人スミの体操服を着たソリを見かけたウジンは、彼女の名前をスミだと思い込んでいました。

そんなある日、バスの中でソリから劇場に近いバス停がどこか聞かれたので、今より一つ先のバス停で降りた方が近いとアドバイス。

声をかけられ告白するチャンスだと思い気持ちを固めるも、タイミング悪く後からやってきたスミが話しかけてきたので、驚いて逃げるようにバスから降りてしまいました。

やはり今日気持ちを伝えようとソリたちが乗ったバスを追いかけたところ、なんとバスが目の前で大事故に遭ってしまいます。

この事故で、ソリは昏睡状態になり、スミは命を落としてしまいます。

ニュースでスミが亡くなったことを知ったウジンは、自分のせいで1人の命を奪ってしまったと、自責の念により心を閉ざしてしまうのでした。

 

それから13年後。

昏睡状態のまま生き延びていたソリは奇跡的に目を覚ましますが、自分が30歳担っていることを受け入れられません。

その上、自分を育ててくれた叔父夫婦までどこかへ消えてしまい、知らない世界に迷い込んだような気分になった彼女は、かつて叔父夫婦と住んでいた家へ向かいます。

そこで出逢ったのが、現在その家に住むウジンと甥っ子のチャン(アンヒョソプ)。

13年前の出来事から人と関わりを持たないように生きてきたウジンは、ソリを冷たく門前払いします。

しかし彼女を気の毒に思ったチャンの尽力と、ウジンの愛犬トックが彼女にとてもよく懐いたことから、ソリはその家に居候させてもらうことになります。

こうして始まったウジンとチャン、ソリ、そして家政婦のジェニファー(イェジウォン)との奇妙な同居生活。

 

果たしてソリは、消えてしまった叔父夫婦を見つけることはできるのでしょうか。

そしてソリが初恋の相手だと知らずにいるウジン、彼女の正体を知った時、2人の関係は一体…?

『30だけど17です』のキャスト&相関図、登場人物紹介

30だけど17ですの相関図
https://culture-pub.jp/3017/#chartAnc

コン・ウジン(ヤン・セジョン)

ウジン役のヤンセジョン
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2099047

有能な舞台デザイナー。

目にした物すべてメジャーで測ってしまうという職業病のために、度々不審者扱いされます。

13年前の事故による自責の念から、人の人生に干渉しないことを意識して孤独に生きてきました。

そのためコミュニケーション能力が乏しいのですが、甥っ子や同僚など周囲のフォローのおかげで今のところ問題なく過ごしています。

極端に人と関わり合いを持つことを避けてきましたが、危なっかしいソリがどうしても気になります。

そうして明るい彼女との出会いにより、少しずつ昔のよく笑う自分を取り戻し始めます。

 

ウ・ソリ(シン・ヘソン)

ソリ役のシンヘソン
https://www.cinemacafe.net/article/img/2019/08/01/62810/438855.html

バイオリンの才能を持った天真爛漫な少女。

つい昨日まで17歳だったはずが、事故に遭い目が覚めると30歳という衝撃の事実に戸惑います。

以前住んでいた家に住んでいるウジンとチャンと共に同居生活をするようになり、少しずつ現実に順応していきます。

自分を拒絶するウジンを変な人だと始めは抵抗を持つのですが、徐々に本当は優しい人だと思うように。

誰もが悲観するような現実を前にしてもめげることなく、常に良いことを考え前に進む強さと明るさがあり、彼女がいるだけでその場が明るくなる魅力を持っています。

 

ユ・チャン(アン・ヒョソプ)

チャン役のアンヒョソプ
http://my-favoritestory.com/2018/12/24/post-5183/

ウジンの高校生の甥っ子。

突然家にやってきたソリの友人第一号として、彼女が生活に慣れるよう熱心に手伝います。

ボート部に所属していて、その才能はプロからスカウトの声がかかるほど。

徐々にソリに惹かれ始め、ボートで1位を取ったら告白すると目標を決め突き進みます。

ウジンとはかなりの年の差ですが、時折どちらが保護者かわからないくらいにウジンを心配し面倒を見るしっかり者です。

 

ジェニファー(イェ・ジウォン)

ジェニファー役のイェジウォン
http://koreandrama.wpblog.jp/thirty-but-seventeen-5/

ウジンの家の家政婦。

家事は機械のように完璧ですが、感情を全く見せず無表情な上になぜか発する言葉は棒読み。

ウジンたちが落ち込んだ時には、その博識を生かして名言を度々投げかけ慰めてくれます。

家事をするだけでなく人生のサポートをしてくれるジェニファーは、ウジンたちにとって母親のような存在。

そんな中で、なぜ彼女が無表情なのか、そのわけが明らかになってきます。

キム・ヒョンテ(ユン・ソヌ)

ヒョンテ役のユンソヌ
https://www.cinemacafe.net/article/img/2019/08/01/62810/438860.html

高校生時代のソリの同級生。

ソリが大好きで、いつも好きなラップに合わせてお嫁に来いとプロポーズをするお調子者でした。

そんな彼女が昏睡状態になってからは、ソリを助けるために4浪してまで医者になりました。

家族がいなくなってしまったソリの病院の手配をするなど献身的に支えます。

目が覚めれば当然自分が保護者になるとばかり思っていたため、ウジンたちの存在に複雑な心境です。

 

カン・ヒス(チョン・ユジン)

ヒス役のチョンユジン
https://ameblo.jp/hiroko2016kandora/entry-12549262671.html

ウジンが務める舞台デザイン会社の代表。

ウジンがドイツへ留学に行った際に大学で知り会います。

心を閉ざし誰とも関わらないウジンの唯一の友人で、仕事の面倒まで見てくれるお姉さんのような存在。

しっかり者でウジンやソリにとても理解を示してくれる人格者です。

 

ハン・ドクス(チョ・ヒョンシク)

ドクス役のチョヒョンシク
http://koreandrama.wpblog.jp/thirty-but-seventeen-7/

チャンの親友で、ボート部の仲間。

高校生ですが外見が老けているのでいつもチャンとへボムの父親に間違えられます。

頭が弱いチャンとへボムと比べると知識が多いのですが、無知な2人も大好きで仕方ありません。

 

トン・へボム(イ・ドヒョン)

へボム役のイドヒョン
https://www.youtube.com/watch?v=Xl2XEECkR5U&list=PLO3pv7vGP9mn5ObHWkuIPDwELVEURWVKw&index=45

チャンの親友で、ボート部の仲間。

実はお金持ちの親を持つ御曹司で、自分で自分の親のことを「成金」と言ってしまう天然な性格。

小学生でも知っているような言葉も知らず、いつもドクスにフォローしてもらっています。

ただ親がお金持ちでもひけらかすことなく謙虚で、とても純粋な心の持ち主です。

 

その他の登場人物、キャスト一覧

リン・キム(ワン・ジウォン):世界的バイオリニスト

チン・ヒョン(アン・スンギュン):ウジンの会社の後輩

キム・ヒョンギュ(イ・スンジョン):ソリの叔父

クク・ミヒョン(シム・イヨン):ソリの叔母

コン・ヒョンジョン(イ・アヒョン):ウジンの姉、チャンの母

ユ・ジュンソン(キム・ミンサン):ウジンの精神科の主治医

イ・リアン(チョ・ユジョン):チャンに想いを寄せる同級生