SEVENTEENメンバーの練習生期間と練習生時代のエピソード

練習生時代のSEVENTEEN 韓国男性アイドル

バーノンの練習生期間と練習生時代のエピソード

バーノンの練習生期間は3年4ヶ月(2012年2月~)、SEVENTEEN TVにもシーズン1から出演しています。

練習生時代からかっこよくてハンサムでハリウッド映画の子役のようだったバーノン。

今では逞しくてかっこいいイメージですが、当時まだ体格も小さくて可愛かったので、皆から毎日のように頬にチューをされ抱っこされ…ととっても可愛がられていました!

実際やってしまうことも可愛らしくて、ある日片方のもみあげが無くなっていて「バーノンどうしたの?」とホシが聞くと「ガムがついちゃったので全部剃りました」という何とも天然なエピソードもあります。

当時日本語テストを受けている動画も残されています。まだ声変わり前ですごく可愛らしいですよ。

[日本語字幕] ハンソルの日本語テスト

デビュー前に練習生の時有名なラッパーオーディション番組に出演したこともありますが、「面白そうだから」「SEVENTEENの宣伝に」とあまりにも正直に出演理由を話しすぎてしまったため批判を受けたこともありました。

そんなところも可愛いですよね!

スングァンの練習生期間と練習生時代のエピソード

バーノンの練習生期間は3年3ヶ月(2012年3月~)、SEVENTEEN TVにもシーズン1から出演しています。

当時からスングァンはスングァンらしくて、オーディションで「僕がプレディスの第2の全盛期を作ります!」と叫んだそうです。

練習生時代からピアスを開けていて軟骨も開いていました。

何かと練習生の頃から先生や代表に怒られたり注意を受けがちなスングァンでしたが、代表からは「うちの会社に歌がすごく上手い子が入ってきた」と当時から太鼓判を押されていたようです。

しかし、ダンスは当初あまり得意ではなかったようで、EXOのGROWLを皆で踊ってもスングァン1人だけゴリラのようだったと言われています…

スングァンは済州島生まれのアイドルということで有名ですが、練習生になりソウルにやってきたスングァンは練習生になり、初めて自分の使っている言葉が方言と言うことを知ったそう。

宿舎では掃除をしなくてよくミンギュに怒られていたエピソードも有名です!(今も…?)

朝の目覚ましアラームにKARAのSTEPという曲に設定していて、当時イントロがなっただけでも「ブスングァン!止めろ!」と怒られていたといいます。

ディノの練習生期間と練習生時代のエピソード

ディノの練習生期間は3年3ヶ月(2012年3月~)、SEVENTEEN TVにもシーズン1から出演しています。

練習生時代は声変わりの時期だったので今とはまた違う幼い声でした。

ディノは子供の頃オーディション番組に出演していて、それをホシは家でテレビで見ていたそう。

その数年後にテレビで見た子と同じグループでデビューする事になるとは思ってもみなかったといいます。

そして、実家では長男なディノは練習生時代は周りがほとんどが年上だったので弟扱いされるのが不思議で落ち着かなかったそうです。

年下ならではのストレスや不安を抱えていたディノは当時、代表に「チームのマンネとしてやっていくか、それとも待って新しい次のグループでリーダーをやるか」という選択を迫られたというエピソードも。

そのときディノがSEVENTEENのマンネになることを選んでくれなかったら、彼はもしかしたらまだデビューしてなかったかもしれませんね…

ジュンの練習生期間と練習生時代のエピソード

ジュンの練習生期間は2年8ヶ月(2012年10月~)、SEVENTEEN TVにもシーズン1から出演しています。

練習生になる前から中国で子役として活躍していたジュンは、幼い頃から優れたビジュアルでずっとイケメンです。

練習生時代は割と長い期間髪を伸ばしていました。

当時まだ韓国語が上手ではなく、自信がなかったのか、かなりシャイな感じでした。

当時はその事からも寡黙でイケメンなジュン!といったイメージがありましたが、最近はテレビでも韓国語を自信もって話すので不思議ちゃんキャラが定着しつつあります。(どっちにしてもかっこいいです)

練習生ステージでスングァンとデュエットをしたときに中国語の歌を歌うことがあってよく音の響く玄関で一緒に練習していたそうです。

少しあとに入ってきたTHE8は全く韓国語が喋れなかったため、ジュンがよく助けてあげていました。

ドギョムの練習生期間と練習生時代のエピソード

ドギョムの練習生期間は2年7ヶ月(2012年11月~)、SEVENTEEN TVにもシーズン1から出演しています。

自分が思うように歌を歌えなくて練習生時代はたくさん泣いたことで有名です。

厳しくて辛い練習生時代、スングァンはドギョムは絶対に辞めると思っていたというほど。

スングァンがドギョムに「何で辞めずに居られるの?」 と聞いたら「俺にはもうこれしかないんだ」と返したそう。

同じメインボーカルのスングァンですが、よく2人であくびをする振りなどしてお菓子を隠れて食べていたんだそうです。

そのお菓子は生産終了していたようですが、少し前に生産再開されるとそれをスングァンが買ってきてドギョムにプレゼントするというなんとも心が暖かくなるエピソードもあります。

当時あくびをする振りまでして食べていたお菓子を、デビューして心置き無く買い占めて食べてるなんて…お菓子ひとつでこんなに感動することはなかなかありませんよね。

本当に純粋でメンバーからドギョム以上に優しい人を見たことがないと言われるほどの心の持ち主。

練習生の時の月末評価で有名なバラード曲を凄く上手に歌ったそう。

その歌を聞いてトレーナーは「この曲はどんな気持ちで歌ったのか?」と、とても上手に歌ったから聞いたのに、ドギョムはあまりにも素直で純粋すぎて、考えてなかったことをでっち上げれる訳もなく答えられずに泣いてしまい… せっかくの評価が0点になったというエピソードもあります(笑)

ジョシュアの練習生期間と練習生時代のエピソード

ジョシュアの練習生期間は2年4ヶ月(2013年2月~)、SEVENTEEN TVにはシーズン2から参加しています。

他のメンバーに比べると年齢的に少し遅くに練習生になり韓国に来たジョシュア。

読み書きなどある程度の韓国語は両親の影響から可能だったジョシュアですが、文化に慣れず最初は目上の人にもHi〜!と手を振りながら挨拶をしていたそう。

同じく英語をしゃべれるバーノンから文化や分からない単語などを教えてもらい少しずつ韓国に慣れていったそうです。

練習生前は今よりかなりぽっちゃりしていて、デビュー前までに体重を11キロも落とした過去も。

また同時期に入社したジョンハンとは同い年ということもありすぐに仲良くなりました。

後に「練習生時代を耐えることが出来た理由のひとつはジョンハンだ」と語っています。

ジョンハンの練習生期間と練習生時代のエピソード

ジョンハンの練習生期間は2年3ヶ月(2013年3月~)、SEVENTEEN TVにはシーズン3から参加しています。

最初は凄く人見知りで口数も多くなかったので、あまり目立たないメンバーでした。

今では考えられないほど緊張しいでもありました。

初めて事務所に来たとき、年下のウジのオーラに驚いて敬語で話したというエピソードがあるほどビビってたジョンハン。

あまりにも練習生生活が辛すぎて、泣きながらもう辞めたい辞めてやると何回も思ったそう。

事務所にも何回か話したことがあるそうですがその度に、「お前はもうSEVENTEENだから辞められないよ」 と言われ何回も耐えた過去もあります。

また、ジョンハンは練習生時代に日本のV6や嵐などの曲を歌ったりして練習したりしていて、ダンスも覚えているそうです。

THE8の練習生期間と練習生時代のエピソード

THE8の練習生期間は1年6ヶ月(2013年12月~)、SEVENTEEN TVにはシーズン5から参加しています。

SEVENTEENメンバーの中で1番練習生期間が短いTHE8ですが、練習生になる前はb-boyだったりとダンスの実力は抜群でした。

しかし、韓国語が全くできない状態で来たので、SEVENTEEN TVでもあまり話している姿は見られません。

同じ中国人のジュンに助けてもらっていたため、練習生時代もジュンと写っている写真が多いです。

THE8が練習生になったとき、ジュンには同じ名前のミンハオ(THE8の本名)という幼なじみがいたため、その幼なじみが入ってきたと思って帽子を取って興奮気味に、「昔から歌もダンスもできなかったじゃん!」と話しかけると全然違う人で動揺して唾を大量に飛ばしてしまいTHE8に「雨かと思った」と言われたエピソードがあります。