TWICEチェツ(チェヨン&ツウィ)の馴れ初め&エピソード集

TWICEのチェツことチェヨンとツウィTWICE
スポンサーリンク

トップ画像https://www.edaily.co.kr/news/read?newsId=01216886619408672&mediaCodeNo=258

TWICEの末っ子ラインで、お姉さんメンバーからの愛情をたっぷり貰っていながら伸び伸びと活躍しているチェヨンとツウィのチェツカップル。

そんなTWICEの可愛い妹2人であるチェツカップルの馴れ初めやよく関係性がわかるエピソードなどを紹介していきます。

実は全然仲良くなかったチェツカップルの馴れ初め

今でこそ仲良しコンビなチェヨンとツウィですが、実はTWICEの中でも仲良くなるのに1番時間がかかったカップルでした。

実際に以前チェツカップルでVLIVE配信中に練習生時代を振り返った時、「私たちはあまり親しくなかった」と言っています。

チェヨンとツウィは同い年で年齢の隔たりがないため、TWICEメンバーの中では一番気兼ねなく話が出来そうな関係ですが、実は練習生の時も、『SIXTEEN』に出演していた時も、ほとんど話すことはなかったんです。

そんな2人がどのように仲良くなっていったのか、出会いから遡っていきましょう。

チェヨンは2012年6月にJYPに練習生として入社、その5ヶ月後にツウィがJYPの練習生として入社し、2人は出会いました。

しかし、ツウィは人見知りで大人しい性格で、おまけに韓国語も話せなかったツウィは台湾人のチームで練習をしていたので、チェヨンとツウィはそもそも話す機会が少なかったのでしょうね。

そんなチェヨンとツウィが、少しずつ話をするようになったきっかけは、JYP主催のショーケースでした。

キッズチーム時代のチェヨンとツウィ
https://d-kpop-ura.blogspot.com/2018/03/twice3.html

現在のTWICEメンバー数人が所属していたチーム『6MIX』という新しいガールズグループのお披露目も兼ねたショーケースでしたが、まだ幼かったチェヨンとツウィは、デビュー準備メンバーではなく、次期ガールズグループの有力候補メンバーでした。

チェヨンとツウィは、キッズチームとして出演してから少しずつ話すようになりましたが、あまり親しくなることは無いまま、TWICEを結成するために行われたサバイバルオーディション番組『SIXTEEN』に出演。

その『SIXTEEN』でも2人が話すことはほとんどありませんでしたが、TWICEとしてデビュー後、同じ宿舎、同じ部屋で寝泊まりして365日24時間一緒にいるようになってからゆっくり友情を育みました。

時間をかけて仲を深めていったので、チェヨンとツウィはお互いに「どうやって仲良くなったのか分からない」と話しています。

気が付いていたら親友になっていたなんて、一番理想的な関係構築ですよね。

同じ高校に通う同級生だったチェヨンとツウィ

1999年生まれで同い年のチェヨンとツウィは、同じ学校に通っていた同級生でもあります。

TWICEとしての活動が始まった時、チェヨンとツウィは16歳で高校1年生でした。

チェヨンは普通の高校に通っていましたが、TWICEが大ブレイクしてからはスケジュールが忙しくなり、中々学校に通えなくなってしまったため中退。

そして、JYPの練習生になるために台湾からはるばる韓国に来たツウィは、台湾の中学校を休学してレッスンを受けてTWICEになったので、まだ中学校を卒業出来ていませんでした。

ツウィも中学校に復学することが難しくなってしまい、TWICEとして活動する傍らに中学卒業資格検定試験を受けました。

その後、チェヨンとツウィは1年遅れで翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校に入学することになりました。

翰林(ハンリム)演芸芸術高等学校は、音楽学科や演技学科、モデル学科など芸を磨くことに特化している学校なので芸能活動が単位になります。

また、芸能事務所が多い地域に学校があるので通いやすい立地ということから、チェヨンとツウィ以外にも多くのKPOPアイドルが通っています。

同じ高校の1学年上には同じTWICEメンバーのダヒョンも通っていたため、デビューした2015年当時、高校生で給食を食べていたダヒョン、チェヨン、ツウィは『給食団』と呼ばれて愛されていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

住む場所も仕事も、学校も同じだったチェヨンとツウィは、練習生時代に親しくなかったことが嘘のように長い時間を一緒に過ごしました。

そして、2019年2月12日に卒業したチェヨンとツウィは「最後の制服」という文章を添えて、記念すべき高校生活最後の画像をtwicetagramに投稿しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

さらに2人はtwicetagramだけではなくVLIVE配信を行い、ファンから高校卒業を盛大にお祝いされました。

学生メンバーが全員いなくなってしまい、給食団が無くなってしまうことを悲しむファンもいましたが、そんなファンの方々にチェヨンとツウィは「卒業しても、私たちは死ぬまで永遠に給食団」と言いました。

給食団が永遠であるように、TWICEの永遠の末っ子ラインとして、メンバーからもファンからもたくさんの愛情を受けるチェツカップルでいて欲しいですね。

そして何よりも、大スターとして活躍しながらも最後まで勉学と仕事を両立させたチェヨンとツウィは素晴らしいです。

台湾から渡韓してきたツウィも、同じ学校にチェヨンがいたことはとても心強かったに違いないでしょうし、きっとお互いがいたからこそ卒業することが出来たと言っても過言ではありません。

チェツカップル(チェヨン&ツウィ)のエピソード

凸凹コンビ

チェヨンの身長は159cmでTWICEの中で一番背が低く、トラに似ていることから赤ちゃん猛獣と呼ばれています。

その一方で、ツウィは身長172cmとTWICEの中で一番高身長のジャイアントベイビーです。

チェヨンとツウィは、TWICE内の末っ子ラインでありながらも一番身長差が大きい凸凹コンビで、2人が並んだ時の身長差があまりにも可愛いとよく話題になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

chou_tzu(@_twice_tzu_yu_)がシェアした投稿

確かに、チェツカップルはTWICEの末っ子同士なのに、隣に並ぶと身長差からまるで大人と子供に見えますよね。

ガールクラッシュでかっこいい魅力があるチェヨンが、ツウィと話す時は自然と上目遣いになるので、そんな可愛い姿を見ることが出来るのもチェツカップルが人気な理由の一つです。

お互い1番素でいられる関係

年齢も国籍もバラバラなTWICEですが、同い年で末っ子ラインのチェヨンとツウィはお姉さんメンバーに世話を焼いてもらったり可愛がられたりしています。

たくさんの愛情を受けて伸び伸びと活動していますが、やはり同い年同士のチェツカップルは、一緒にいると気が楽なのかどのメンバーといる時よりも楽しそうにしています。

大人っぽくてクールな印象があるツウィですが、チェヨンと一緒にいるといつも自然とくっついて楽しそうな笑顔を見せてくれるので、ツウィはチェヨンと一緒にいる時が一番幸せそうだとファンから言われています。

また、チェヨンと一緒に遊んだりふざけたりと、普段では見られないツウィの年相応の幼さが垣間見える瞬間もあります。

TWICEの他のメンバーが盛り上がっている時は、いつも遠慮がちで大人しく見守っていることが多いツウィのお茶目な一面を引き出せるのは、仕事仲間でもあり、家族でもあり、親友でもあるチェヨンだけなのかもしれませんね。

チェツカップルの誕生日

TWIICEには、誕生日を迎えたメンバーにキスのプレゼントを贈るという風習があります。

元々メンバー全員の仲が良いため、ハグやキスの愛情表現は日常茶飯事で、他のカップルは本当の恋人同士のようにイチャイチャしていますが、チェヨンとツウィはあまりスキンシップをすることはありません。

そんなチェツカップルですが、ツウィが20歳の誕生日を迎えた時、チェヨンがツウィにキスをプレゼントしました。

投げキスのプレゼントは貰ったが、まだメンバーの誰からもキスをして貰っていないというツウィは、「正直投げキスの方がいい」とクールに言いましたが、そんなツウィのために「してあげようか?」とチェヨンが言うとそっと頬を差し出しているところが可愛いです。

普段スキンシップが少ないチェツカップルなので、誕生日のキスは特別感があって良いですよね。

しかし、一方でチェヨンの誕生日には塩対応なツウィが面白いと話題になりました。

スイス政府観光庁に招待されたTWICEはスイス旅行に行き、その様子を『TWICETV』で配信しました。

2人ずつのペアに分かれて観光することになると、チェツカップルは2人でスイスの街並みを散策して楽しんでいました。

そして、屋台のアクセサリーショップを見つけると、チェヨンは「もうすぐ誕生日だから買って」とツウィにおねだりをしますが、ツウィは聞こえない振りをしたりお金がないと言ったりしてチェヨンをからかいました。

チェヨンから拗ねたような視線で見つめられたツウィは、そんなチェヨンが可愛くて仕方ないと笑いました。

結局チェヨンは何も買ってもらえませんでしたが、ツウィはとても優しいのできっとチェヨンの誕生日にはプレゼントをあげているでしょうね。