TWICEナヨンのデビュー秘話!JYP公開採用オーディションとSIXTEEN

※本ページのリンクには広告が含まれています
TWICE

トップ画像http://www.mediapen.com/news/view/76156

JYPの社長から永遠のセンターと称され、圧倒的なオーラと華やかさがあるTWICEのナヨン。

そんなアイドルになるべくしてアイドルになったナヨンが如何にしてTWICEのメンバーになったのか、2度のオーディションとTWICEナヨンの誕生秘話を紹介していきます。

ナヨンのJYP公開採用7期オーディションでのストーリー

2004年、当時9歳だったナヨンは子供モデルの大会に出場した時、1度目のJYP入りへの切符が手渡されていました。

幼い頃からスターになり得るオーラを漂わせていたのか、大会会場でJYPのキャスティングスタッフの目に留まり、スカウトを受けていたのです。

しかし受験戦争が激しい韓国では、子供の頃からの勉強が大事だと両親に反対されてJYPからのスカウトを蹴っていました。

それから月日が流れて6年後の2010年、ナヨンが中学3年生になった時に2度目の転機が訪れます。

自分の進路に悩んでいたナヨンが、自分は一体何をしているときが一番幸せなのだろう?と考えた時、歌って踊っている時だと答えを見つけ出しました。

しかし、幼少期に両親からの反対でJYPへの入社を断っていたので、ナヨンは自分の夢を両親には話さずに内緒でJYP公開採用7期オーディションに応募しました。

その時のナヨンの歌唱審査の動画がこちらです。

少女時代ティファニーのソロ曲『By Myself』を選曲し、伸び伸びと歌っています。

中学3年生なのでまだまだ幼くあどけないですが、清純で可愛い魅力を存分にアピールできていますよね。

また、現在のナヨンを彷彿とさせるスターオーラもだだ洩れで、子供モデル大会でスカウトされるのも納得です。

韓国の3大芸能事務所と呼ばれるJYPの公開オーディションは、毎回オーディション参加者が殺到するので凄まじい倍率ですが、ナヨンはその競争を潜り抜けてついに最終審査まで進みました。

次の動画の35秒あたりから登場する、前髪のあるポニーテールをしている女の子が2010年当時のナヨンで、1分10秒からはステージウォーキングを披露しています。

お団子ヘアでペアの男の子と爽やかで甘酸っぱいカップル演技ですね。

さらに、公開オーディションでは実際にステージの上でダンスパフォーマンスを披露しています。

JYPに所属している先輩ガールズグループMISS Aの『Bad Girl, Good Girl』でスジのパートを担当したナヨン。

まだ練習生にもなっていない普通の中学3年生の女の子だなんて信じられないくらい、ダンスのクオリティや魅せ方が優れていますよね。

そして、公開オーディションの最終結果でナヨンは2位入賞、ソウル総合芸術学校学長賞、スプリススター賞と一気にトリプル受賞を果たし、見事6年越しの2010年9月15日に憧れのJYPへの入社が決定しました。

その時のコメント動画がこちらです。

「これから大変な練習生生活が待っていると思いますが、あきらめずに最後まで頑張りますので、見守ってください」とコメントしています。

その後、JYP練習生として入社するや否や異例の速さでCM出演やMVに出演などといった芸能界活動を始め、JYP練習生でナヨンのことを知らない練習生はいないほど、スターになることが約束されたエース級の練習生になりました。

ナヨンのSIXTEENでのストーリー

メジャーグループからスタート

2015年、JYPから約5年ぶりに待望の新人ガールズアイドルグループ『TWICE』結成にあたり、JYP練習生16人がデビューをかけたサバイバルオーディション番組『SIXTEEN』に出演しました。

順番に練習生16名を紹介するティーザー映像で、トップバッターを切ったナヨンは早くも可愛らしい外見とアイドルとしての才能で頭角を現しました。

ティーザーでは、ナヨン(나연)という自身の名前を使って「나 같은 여자는 연애하기 좋은여자」(私みたいな女の子は、恋人にぴったり)という2行詩(あいうえお作文)を披露しながら、高い歌唱力とダンススキルをアピールし、番組放送前から多くのファンを獲得しました。

初回放送では冒頭から早速サバイバルが始まり、JYPトレーナー陣によるグループの振り分けが行われた結果、ナヨンはメジャーグループに分けられ、幸先の良いスタートを切りました。

1次審査はスター性評価

1次審査はスター性評価、ミッションのタイトルは「Are You a STAR?」でした。

どんなことを披露しても構わないが、審査員に「あの子はスターだ」「スターの素質がある」と思わせる魅力をアピールしなければならないという内容です。

『SIXTEEN』参加者の中で最年長だったナヨンは、当時の年齢「19」というキーワードを設定して成熟したセクシーな魅力と明るく可愛い魅力の両面を持っていることを歌とダンスでアピールしました。

セクシーさをアピールしたダンスでは、ケリーローランドの『Kisses Down Low』を踊り、明るい可愛さをアピールした歌ではThe Ting Tingsの『Shut Up And Let Me Go』を歌いました。

『SIXTEEN』参加当時、練習生生活5年目を迎えていたナヨンは舞台慣れした堂々としたパフォーマンスを見せました。

ステージ終了後も自信に溢れた表情をしていたナヨンですが、審査員のパクジニョンはパフォーマンス中のナヨンの感情表現が不自然だったと評価し、残念ながらマイナーに降格してしまいました。

2次審査は写真評価

2次審査は、メジャーグループとマイナーグループに分かれて行われる団体撮影と個人撮影による写真評価でした。

団体撮影でのナヨン属するマイナーグループは、「レトロ」をコンセプトにアルバムジャケット撮影に臨みました。

ナヨンの団体写真評価
http://mlbpark.donga.com/mlbpark/b.php?p=61&b=bullpen2&id=4816272

レトロな雰囲気を見事に表現したファッションとマイナーグループメンバーとの調和も取れた可愛らしく親しみのある素敵な写真が撮れましたが、審査員の評価はメジャーグループの勝利でした。

団体撮影でのナヨンの評価はとてもよかったのですが、個人撮影で批評されてしまいます。

ナヨンの個人写真評価
https://m.blog.naver.com/coleng/220413535567

清純な花嫁写真でとても綺麗な1枚に見えますが、この写真を撮影した写真家は「手の施しようが無かったからジャンプさせた。ありのままのナヨンの姿が撮りたかったが、新婦のようにふるまい続けていたのが残念だった」と酷評。

また、パクジニョンも「グループ写真ではよかったが、個人写真になると残念になる」と評価を下し、残念ながらメジャー降格ならずマイナーグループに残留となりました。

3次審査は個人対決

3次審査では、今までの練習生生活で培ってきた歌やダンスを競う個人対決「お前、出てこい!」が行われました。

個人対決はマイナーグループの練習生が席を奪いたいメジャーグループのメンバーを1人指名し、歌とダンスの実力勝負を行うという内容で、マイナーメンバーにとっては絶好の下剋上チャンスです。

ナヨンは、歌とダンスで確実に席を奪える相手としてツウィを選び、アリアナグランデの『Santa Tell Me』を披露しました。

審査員3人から「ツウィの方が魅力的だったが、ナヨンは歌やダンスの実力や完成度が非常に高い」と評価され、審査員全員からの票を集めて見事ツウィに勝利したナヨンは、メジャーグループへ昇格しました。

しかし、その一方で負けず嫌いで策略家でもあるところが露呈し、一部の視聴者の間では気が強すぎる、性格が悪そうといった誤解を招いてしまった3次審査でもあります。

5年間も先の見えない大変な練習生生活を送ってきて、やっと目の前にきたチャンスを掴むために必死だったのでしょうね。

デビューがかかっているサバイバルオーディションですので、ナヨンの考え方や選択は決して間違っていなかったと言えます。

4次審査はグループ評価

4次審査からは今までの審査と形式が変わり、会場に観客を入れた観客投票制度がオーディションに取り入れられるようになりました。

そして、個人対決からチームワークが重視されるグループミッションにも変わっています。

メジャーグループを2組に分けた「メジャーAチーム」「メジャーBチーム」とマイナーグループを2組に分けた「マイナーAチーム」「マイナーBチーム」の計4チームでメジャーチーム対マイナーチームの対決が行われました。

ナヨンは、ジョンヨン、ミナ、チェリョンと同じメジャーAチームになり、マイナーBチームと対決することになりました。

メジャーAチームのナヨン
https://www.instiz.net/pt/2955446

メジャーAチームは、パワフルなボーカルがいないという弱点をカバーできるファレルウィリアムスの『Happy』を選曲しました。

とにかくチームワークをアピールしつつ観客と一緒に盛り上がることを目標にステージを楽しんだ結果、審査員パクジニョンはメジャーAチームに勝利を言い渡しますが、最終結果を決める会場に詰め掛けた観客投票では、惜しくもマイナーBチームに届かず負けてしまいました。

しかし、4次審査ではチームメンバーを励ましたり、慰めたりするナヨンの面倒見の良さや優しさがたくさん見られ、3次審査で誤解されていた性格が悪そうというナヨンへのマイナスイメージが一気に覆され、チームワークはどのチームよりも良かったと高評価を受けました。

TWICEナヨンの性格って悪いの?本当の性格をエピソードと共に紹介

5次審査は人柄評価

5次審査の人柄評価の審査員は、『SIXTEEN』に参加している練習生たち全員です。

サバイバルオーディション中だけの出来事ではなく、大変な練習生生活を一緒に送ってきた、一番近くでお互いを見てきた練習生同士が審査員になって、最もデビューにふさわしいと思うメンバーをそれぞれ3人ずつ選びました。

審査基準は、JYPが求めている人材である3か条「悪口を言わない」「謙虚でいること」「誠実に生きること」を満たしているかどうかです。

ナヨンはチェリョン、ジウォン、チェヨン、ジョンヨンの4人から選ばれて人柄評価では3位にランクインし、マイナーグループからメジャークループに昇格しました。

ナヨンが選ばれた理由に「人のことを考えられる優しい人柄」、「年下の子たちの面倒をよく見てくれる」、「ダンスや歌の高い実力は、ナヨンが誠実に努力してきたから得られたもの」だと高評価がずらりと述べられました。

今までの審査では思わしくない評価が続いていたナヨンですが、審査員のパクジニョンではなく練習生にしか見えないナヨンの優れた人柄が伝わってきました。