TWICEメンバーのアンチの多さランキング!アンチが多い理由も解説

TWICEのアンチ 韓国女性アイドル

5位 ミナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

明るくて自ら前へ出て行くことを好むメンバーが多い中、ミナの控えめでおしとやかな女性らしい魅力が対比となっています。

慎重な性格をしているので、言葉選びがとても上手く今まで活動している中での発言や行動で炎上してしまったことや、アンチを煽るようなこともありません。

そんなミナが何故アンチの標的になってしまったのかというと、デビューから1年経たずして同じJYPに所属している先輩グループだったGOT7のベンベンとの自撮り写真が流出してしまったことがきっかけでした。

JYPではデビューしてから3年は恋愛禁止期間が設けられていて、ミナはこの恋愛禁止期間を破ってベンベンと交際しているのではないかという疑惑が浮上し、アンチをより扇動させる結果になってしまいました。

おまけに、ミナはK-POPアイドルのファンだったことが明らかになっていたので、日本人ファンからはアイドルと付き合うのが目的で韓国に行ったのではとバッシングを受けました。

熱愛は否定され写真は本物だったという声明が事務所から発表されていますが、今でも事務所の発表を信じるファンと信じられないアンチで二分化しています。

以降、明確な証拠がある熱愛疑惑が出ることはありませんでしたが、男性アイドル絡みを未だにアンチに突かれているという印象です。

TWICEミナとGOT7ベンベンの熱愛説の真相は?ベッド写真などの根拠も

4位 ダヒョン

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

いつも明るく笑顔でファン対応力はTWICEトップレベルといわれているダヒョン。

ファンを幸せにしてくれるパワーがあるダヒョンですが、アンチからは実力が足りないと叩かれています。

他のメンバーは活動を通して経験値を積み上げてきて歌やダンスなどのパフォーマンス力が上がってきているのが目に見えているのに、ダヒョンだけ実力の伸びが見えてこないという声があります。

元々、TWICEは人気に対して実力がついてきていないとパフォーマンスの不安定さが指摘されてきましたが、ダヒョンは特に他のメンバーとの実力に差が広がってきて悪目立ちしているという批判もありました。

アンチからはもうデビューから5年たって新人じゃないのに、どうして実力がついてこないのか?と疑問視されています。

最近だと、TWICEが音楽番組で1位を獲得した時に行ったアンコールステージでは、歌う姿勢すら見せずに、観客に手を振っていました。

そのダヒョンの姿がパフォーマンスへのやる気がないと判断され、すごく好きだったのにがっかりしたとアンチが増えてしまいました。

3位 ナヨン

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

TWICEといえばナヨンが浮かぶと言われるほど、看板的な存在です。

果汁顔と称される爽やかな可愛い顔で歌とダンスどちらもレベルが高く、TWICEの人気に大きく貢献しています。

TWICEのエースと名高いナヨンですが、デビューする前に放送されていたサバイバルオーディション番組『SIXTEEN』に出演していた時から気が強くて性格がきついと言われていました。

デビュー後はダヒョンに対する当たりの強さが目立ち、ナヨンがいじめをしているのではないかと疑惑が浮上したこともあります。

悪く言えば言葉に棘がある、よく言えばはっきり物事を言うタイプで物おじしないとも捉えられ、TWICEメンバーから心強く思われています。

事務所に要望があるけれど、上手く言い出せない時には全てナヨンが事務所に伝えてくれるという頼もしさがあります。

さらに、ナヨンの性格がきついとアンチからバッシングされてしまうことになったきっかけは、日本で開催されたハイタッチ会でした。

TWICEのハイタッチ会に参加したファンがこぞって「ナヨンが塩対応だった」という話がSNS上で広がり、CDを何枚も買ってハイタッチ券を手に入れた人が大半なのに、塩対応は酷いとアンチからの批判に拍車がかかりました。

ナヨンの具合が悪そうだったということも補足されていますが、議論が交わされていたと言う経緯もあるので誤解されやすい性格であることは確かなようです。

2位 サナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

TWICEの男性人気ナンバー1であるサナは、可愛い外見と声で愛嬌たっぷりにファンの方々の心を掴んでいます。

ただ生きているだけで愛嬌が溢れてくる可愛さは、リアコ製造機とも呼ばれるほど人気が高いサナですが、アンチからはキャラを作ってぶりっ子していると言う風に見えています。

サナの愛嬌が裏目に出てしまったのは、過去に開催されたファンミーティングの終盤でした。

ファンミーティングの締めくくりにツウィが挨拶しようとすると、1人のファンの方が「挨拶しないで」「ツウィは口を閉じて」と発言しました。

その言葉を聞いたツウィはジョンヨンに挨拶するように頼みましたが、状況を知らない方がこの部分だけを見ると意図的にツウィを傷つけようとしていると思ってしまいますよね。

そんな状況の中、サナが1人だけ腰に付けた猫の尻尾をファンにアピールしていたので、「ぶりっ子してないでツウィを助けてあげてよ。そんなに目立ちたいの?」と日本や韓国のアンチからバッシングされました。

ちなみに、ファンの方は傷つけるために言ったのではなく、ファンミーティングが終わってほしくなかったと謝罪しています。

さらに、ぶりっ子以外でサナにアンチが多い理由は「日本人だから」という理不尽なものです。

過去に「令和投稿」で大炎上してしまった時は、収拾がつかなくなるほどの大量のアンチコメントが寄せられ、「韓国から出ていけ」「TWICEを脱退しろ」など最も過激なバッシングを受けたといっても過言ではありません。

TWICEサナを涙させた大炎上!アンチの非道な声と暖かいファン声援

サナはTWICEで1番人気とも言われているので、人気に比例してアンチの数も他のメンバーと比べて桁違いに多いです。

1位 モモ

 

この投稿をInstagramで見る

 

TWICE(@twicetagram)がシェアした投稿

TWICEのダンスクイーンであるモモは、韓国ガールズアイドルの中でもトップレベルのダンススキルがあります。

プロダンサーにも実力を認められている質の高いパフォーマンスでTWICEを引っ張っていく人気メンバーですが、抱えているアンチの数はTWICEで1番多いです。

過去にアンチが多かった理由としては、整形疑惑とぶりっ子、男好きそうだというのが主なバッシング内容でしたが、これらについては大分少なくなってきています。

現在のモモにアンチが集中する理由は、歌唱力があまりにも低すぎるということと、日本人なのにたどたどしい日本語を話すという2点が占めています。

歌唱力に関しては、アンチだけではなくTWICEのファンやファン以外にも努力不足だと指摘されています。

韓国の芸能界は見た目の華やかさはもちろん、実力主義でもあるのでモモのダンスが上手いことは認めるけれど、歌手なら歌も上手くないといけないという認識が強くあるため、アンチにとっては叩きたくなってしまう部分なのでしょう。

ファンにとっては耳が痛いですが、モモの歌唱力不足という点においては真っ当な意見もあるということも認めなければならないのかもしれませんね。

モモのアンチについては、こちらの記事でさらに詳しくまとめていますので、気になる方はこちらを見てみてください。

TWICEモモのアンチが多すぎる?モモにアンチが湧く理由は?