TWICEサナのスカウトからデビューまで!デビュー前の苦労や画像も

SIXTEENでのサナ 韓国女性アイドル

SIXTEENでのサナのパフォーマンス

マイナーグループからスタート

2015年、JYP期待の新人ガールズグループ結成のためのサバイバルオーディション番組『SIXTEEN』が放送されました。

出演する練習生全16人を紹介するティーザー映像でサナが登場すると、GOT7の『A』のMVに登場していたAガールだと話題になりました。

[Eng sub] JYP SIXTEEN Member #2 SANA 사나

清純で可愛い外見、甘い声でリスのモノマネで自分の魅力をアピールしました。

『SIXTEEN』の初回放送では、JYPトレーナー陣の評価で上位メンバー7人がメジャーグループ、下位メンバー9人がマイナーグループに振り分けられました。

最終審査までに上位7人のメジャーグループに残留していたメンバーが、合格という流れになります。

サナは、マイナーグループからのスタートになりました。

1次審査はスター性評価

1次審査は、審査員に自分がスターであることを示すミッション。

ステージでは何を披露しても良いですが、自分自身の魅力が最も表現出来るパフォーマンスをしなければなりません。

そのためには、自分を客観的に見つめて自分がどんな人間であるかを知る必要があります。

他の練習生が歌やダンス、自分の特技を披露する中で、サナが披露したのはなんと料理です。

【TWICE】サナ SIXTEEN 生春巻き

生春巻きを作りながら他の人とは違ったサナらしい魅力を披露すると、緊張でピリピリしていたステージの雰囲気が一気に和んでサナ色になりました。

取り繕った姿では無く、自然なサナのキャラクターが見えるパフォーマンスに思わず審査員のパクジニョンも笑顔を浮かべます。

サナは自分の魅力をよく分かっていると高い評価を受け、サナはメジャーグループに昇格。

このサナのパフォーマンスは伝説的なステージになり、視聴者にもサナの存在を強く印象付けました。

2次審査は写真評価

2次審査の写真評価は、メジャーグループとマイナーグループに分かれた団体評価と個人評価が行われました。

サナのメジャーグループは、クールでセクシーなコンセプトを選んで撮影に挑みましたが、写真家から「ポーズが固定的でアイドルでは無く、ミスコリアだ」と批評されてしまいます。

しかし、サナは「ミスコリアって褒め言葉みたいで嬉しかった」とプラスに考えを転換し、前向きで明るい言葉で視聴者を笑顔にさせました。

続いて行われた個人写真評価では、自らセーラ戦士のような衣装と魔法のステッキを選んでセーラームーンのようなコンセプトで撮影しました。

個人写真評価のサナ
https://ameblo.jp/kmrthei/entry-12029968568.html

戦うセーラ戦士の可愛い雰囲気と相反するセクシーな魅力を上手く融合させたポージングと表情が高く評価され、サナはメジャーグループに残留となりました。

3次審査は個人対決

3次審査は、メジャーグループの席を奪いたい練習生を指名して、歌やダンスの対決が行われました。

マイナーグループの練習生たちから、メジャーグループの練習生への下克上です。

メジャーグループのサナの席を狙っていたのは、マイナーグループのダヒョンとチェリョンの2人でした。

これまで天真爛漫で可愛い姿を多く見せて来たサナは、実力がきちんとあることも伝えたいとアリシアキースの『Heart Burn』を選曲し、ダンスを披露しました。

[STAR ZOOM IN] [TWICE SANA CUT] HeartBurn, Problem, I think I'm crazy, Do it again 161024 EP.138

セクシーな振り付けと魅惑的な視線で審査員の心を掴み、「サナは僕のことが好きなの?」と勘違いさせてしまうほど魅力的なパフォーマンスでした。

しかし、チェリョンのダンスの実力がサナのレベルを上回ったため、審査員の投票の結果残念ながらサナはマイナーグループに降格してしまいました。

4次審査はグループ評価

4次審査は、メジャーグループから2組、マイナーグループから2組の計4組でグループを組んで行うメジャーグループ対マイナーグループのパフォーマンス対決です。

サナは、ツウィ、ダヒョン、ミニョンの4人のマイナーBチームで、メジャーAチームと対決することになりました。

マイナーBチーム
https://twicefan.club/sixteen-episode-4/

マイナーBチームは、高い歌唱力が必要になるアリアナ・グランデの『problem』を選曲。

早速練習に取り掛かりましたが、同じチームのダヒョンとミニョンが諸事情により練習に現れず、ツウィと2人きりでチームが成り立たないまま煮え切らない練習をすることになりました。

トレーナー陣に練習成果を披露した際には、練習不足を指摘されチームワークが全く無いと酷評されてしまいました。

その後、サナは練習に来なかったダヒョンとミニョンに怒り、チームに亀裂が入ってしまいます。

この時、日本人のサナが見せたネイティブのような韓国語能力の高さが大きな話題になりました。

《日本語字幕》SIXTEEN サナがキレた!?

歌やダンスのスキル向上だけではなく、韓国語の習得にも真面目に取り組み、歌手の夢を追いかけている真剣な気持ちが視聴者にもしっかり伝わった瞬間でした。

明るくてただ可愛いだけではない芯の強さが視聴者の心を掴み、サナの人気が大きく上がったきっかけにもなりました。

そして、マイナーBチームは話し合いを経て絆を深め、チームワークやパフォーマンスの質を磨いてステージに立ちます。

【Twice】サナとツウィとダヒョンSIXTEEN番組(Iggy Azalea – Problem)

審査員パクジニョンはメジャーAチームに軍配を挙げましたが、最終的な評価は会場に集まった観客の投票によって行われる形式なっていて、観客投票の結果サナ属するマイナーBチームの勝利で下克上を達成しました。

しかも4グループ中1位の得票数を得た完全勝利を収め、サナは再びメジャーグループに昇格しました。

5次審査は人柄評価

JYPに所属しているアーティストに求める最も大切なことは、歌唱力でもダンススキルの高さでも、外見の可愛さや綺麗さではありません。

こちらの動画で、パクジニョンがJYPが求める人材は心が綺麗な人であることが重要であると語られています。

sixteen JYPが求める人材

「悪口を言わない」「誠実に生きる」「謙虚でいること」これら3つの条件を満たしている人こそが、芸能界で愛され続けて行く人間です。

5次審査では、一番近い位置でお互いを見てきた練習生たち自身が評価者になり、JYPが求める人材に最も近い人をメジャーに推薦するという内容でした。

[ミッション]セルフメンバー投票

練習生期間も短く、外国人メンバーということで不利であったにも関わらず、サナは人柄評価で7位以内にランクインしています。

人柄評価1位だったジヒョからも、サナはJYPが求めている人材要素を持っているとして投票されています。

4次審査で見せた真剣な姿でもサナの人柄が見えましたが、長い練習期間を共にした練習生たちからの厚い支持があることも、サナが心の綺麗な人であることの裏付けになり、メジャーグループ残留となりました。

6次審査はゲリラコンサートミッション

6次審査は、4次審査と同様にメジャーグループから2チーム、マイナーグループから2チームの計4チームでパフォーマンスをします。

4次審査との違いは、披露曲の練習だけではなく観客の集客を兼ねた告知なども全て自分たちで行わなければならないという点です。

サナは、ジヒョ、ミニョン、チェヨンと同じメジャーAチームになり、電車や街でゲリラコンサートの告知をして多くの観客を集めました。

そしてコンサートでは、JYPの先輩ガールズグループであるWonder Girlsの『no body』を披露しました。

[Request] [MR Removed] 150623 SIXTEEN Major A – NOBODY [R&B + Dance Ver (OT Wonder Girls)]

意中の男性にすがる女性の心境を歌った曲で、哀愁が漂う雰囲気があります。

椅子とマイクスタンドを使用したセクシーなパフォーマンスを披露したメジャーAチームは、招待客数と獲得票数共に1位を獲得し、サナはメジャーグループ残留となりました。

最終審査

最終審査は、メジャーグループとマイナーグループの対決が行われました。

『SIXTEEN』の集大成であるTWICEのためにパクジニョンが作詞作曲した3曲のうち2曲がメジャーグループとマイナーグループに与えられ、もう1曲は各チームに共通する課題曲です。

サナが属するメジャーチームの課題曲は『I Think I’m Crazy』、2グループ共通の曲は、『Do It Again』でした。

第1ラウンドでメジャーチームが披露した『I Think I’m Crazy』の動画はこちらです。

[ 식스틴 ] SIXTEEN Final Mission major1

サナは、甘い声でキャッチーなフレーズを担当して可愛いパフォーマンスを見せましたが、審査員のパクジニョンからは最終審査という緊張から歌やダンスの実力が存分に発揮できていなかったと批評されてしまいました。

続いて、第2ラウンドでメジャーチームが披露した『Do It Again』の動画はこちらです。

식스틴 메이저 다시해줘 가사[Sixteen major Do it again lyrics]

明るくキャッチーな楽曲の雰囲気をしっかり掴んだサナは、この曲で初めてラップを披露しました。

『I Think I’m Crazy』では十分に見られなかった魅力を『Do It Again』では最大限引き出していたと賞賛されましたが、最終的な評価は残念ながら第1ラウンド、第2ラウンド共にマイナーグループの方が優れていたとしてメジャーチームは破れてしまいました。

TWICEサナの誕生

当初7人を予定していたTWICEですが、最終的に2人増員した9人グループとして新人ガールズグループTWICEが誕生することになりました。

最終審査で敗れてしまったメジャーチームですが、サナは第2ラウンドで評価を取り戻してメジャーグループ残留となり、ついにデビューへの切符を手に入れます。

そして2015年10月20日に『Like OOH-AHH』で念願のデビューを果たし、TWICEのサナとして新しく生まれました。

TWICE "Like OOH-AHH(OOH-AHH하게)" M/V

2012年の中学校卒業後すぐに1人韓国へ渡り、3年以上の練習生生活を送ったサナ。

家族や親友との別れ、デビュー直前でグループが解体されてしまうなど辛い経験をたくさん経てきましたが、現在はTWICEの中でもトップを争う人気者です。

そんな魅力あふれるサナは「サナオプシサナマナ」(サナがいなければ生きていけない)という言葉が生まれるほど、ファンの方々に愛されています。

これからもTWICEのキューティーセクシーサナは、愛され続けていくこと間違いなしですね。