J-HOPE(ホソク)のダンスの凄さは?いつから始めた?BTSの振り付けにも参加?

ホソクのダンス韓国男性アイドル

トップ画像https://kissasian.is/bts-j-hope-predebut-dance-academy-ceo-interview.html

BTSのパフォーマンスを牽引するダンスリーダーのホソク。

ダンスに対する思いは熱くパフォーマンスはプロのダンサーそのものです。

そんなホソクのダンスの原点から魅力まで徹底的に見ていきましょう!

ホソクのダンスの原点はストリート?いつから始めた?

地元光州で「Neuron」というダンスチームに所属し、「スマイルホヤ」の愛称でストリートダンサーとして活動していたホソク。

ストリートダンサー時代は「ポッピン」の中でも「ブーガルー」と呼ばれるジャンルを最も練習していたそうです。

ダンスを始めたのは中学生の頃で、様々なダンスバトルや大会で優勝経験もある有名なダンサーでした。

光州でも有名なダンスアカデミーに通っていた頃やデビュー前と思われるホソクのダンスの動画がこちらです。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

時期は定かではありませんが、練習生になる前ということと体もまだ小さいので中学生の頃のダンスではないかと言われています。

ダンスを始めた当時からすでに身のこなしがダンサーですね。

 

また、次の動画の右端に見切れている赤いズボンを履いて踊っているのもホソクだと言われています。

体の使い方が柔らかく、芯のある踊り方は昔から変わっていないようです。

ホソクのダンスの特徴・凄さは?

しなやかで芯がある

ホソクはとてもしなやかで柔軟性のあるダンスが特徴的です。

BTSの人気曲「Spring day」では体の柔らかさを活かしたダンスを披露しました。

柔軟性が高いのはもちろん、ホソクは関節がすごく柔らかいのではないかと思います。

なめらかな体の動きを活かして、日本語のバラード曲「Let go」も素晴らしいパフォーマンスでファンを惹きつけています。

どの曲も柔らかい身のこなしでありながら、ブレない芯のようなものが伺えるのも特徴です。

力強く繊細

BTSは力強く激しいダンスが多いことも有名ですよね。

ライブ定番曲である「Dope」はホソクのダンスが醍醐味と言っても過言ではない曲です。

華奢でありながら体全体を使ってとても力強いパフォーマンスをしています。

しかし、ホソクのダンスの特徴は力強さの中に繊細さのようなものが伺えます。

テンポの速い楽曲でもダンスを省くことなく、足先から指先まで使った丁寧なパフォーマンスを心がけてきたのではないかと思います。

最新アルバムに収録されている「ON」は、とても激しいダンスなので踊るだけで精一杯になってしまいそうですが、細かい体の動きまで再現し手を抜くことなく踊り切っていますよね。

ダンスの才能があることはもちろんですが、パフォーマンスに対するこだわりがホソクの繊細なダンスにつながっているのかもしれません。

とにかくダンスを楽しむ

ホソクのダンスが人々を惹きつける大きな理由として、ホソク自身が心からダンスを愛して楽しんでいることが挙げられます。

年末のニューヨークタイムズスクエアでのパフォーマンスでは、ダンスもしっかりと踊っていますが、その場の雰囲気をかみしめてる表情やメンバーとアイコンタクトをとっている姿は本当に楽しそうですよね。

ソロ曲である「Just Dance」は、ホソクが「ダンスに恋をした話」を歌にしてダンスで表現しています。

踊りながら楽しそうにステージを駆け回る姿がとても印象的です。

ホソクのダンサーとしての魅力は、誰もが見入ってしまうようなテクニックを持っているだけでなく、自分自身が一番ステージを楽しんでいるというところです。

パフォーマー自身が楽しんでいると、こちらも見ていてわくわくしてきますよね。

時にはアレンジを加えるためホソクのダンスには癖があると言われることもありますが、ダンス上級者だからこそオリジナリティが出せるとも言えます。

綺麗でお手本のようなダンスを踊るよりも、ダンスで自分を表現できるところがホソクの1番の魅力でありすごいところではないでしょうか。

ホソクは振り付けにも参加してる?

BTSの振り付けは主にソンドゥクさんという方が担当していますが、ホソクも振り付け作りに参加しています。

メンバーが作詞作曲をしていることもあり、振り付けをする際には一緒に話し合いながら曲の意図を汲み取ったダンスを作っていくそうです。

ソンドゥク振付師は、BTSのダンスをリードしてきたホソクの存在がとても大きかったことをインタビューで話していました。

誰よりも早く振り付けを覚えて、他のメンバーたちの足りない部分や細かいところまで確認する姿が印象的です。