BTSテテの足の怪我は深刻?パフォーマンスは当分無理なの?

足を怪我したBTSテテ 韓国男性アイドル

トップ画像https://www.etoday.co.kr/news/view/2071812

2021年10月24日に行われた、オンラインライブ『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE』。

久しぶりのオンラインライブに期待が高まる中、本番4時間前にWeverseからの「パフォーマンスに関する案内」がARMYをざわつかせました。

内容はテテが「23日夜のリハーサル中、ふくらはぎの筋肉の痛みを訴えたため、病院で検査と診察を受けた。骨に異常はないが、ダンスなどの過激な動きは控えるように、と医師から診断された」というものでした。

しかし、テテ本人の公演へ参加したいという気持ちを汲んで、「極力動きを控え、椅子に座った状態での参加」に決定。

この案内を見たARMYからは、「無理しないで」「LAでのコンサートも控えているのに…」と、テテを心配する多くの声があがりました。

しかし、コンサート前のサウンドチェックでは、ARMYを安心させるかのように元気な姿も見せてくれました!

コンサートでは案内通り、椅子に座ってパフォーマンスに参加。

しかし、さすがテテですね。

座っていても、人一倍の存在感を放っています。

全力でパフォーマンスできないのが少しもどかしそうですが、後半には立ち上がってメンバーたちに混ざっていく姿も見せてくれました!

11月末に行われたLAのコンサートでも、メンバーたちと楽しそうに踊っている姿が見られました。

歴代のダンスの中でも、1番難しいことで知られている『ON』もしっかりと踊っています。

BTSのダンス難易度が高い楽曲ランキングTOP10!ダンス練習動画も

これらの姿を見たARMYの間では、「あまりひどくないようでよかった」と言われていましたが、まだ怪我は完治していないようです。

同じLAでのコンサートでは、右足をつかないように跳ねながら移動している場面がありました。

さらに、アンコールでは右足を気遣うような仕草も。

 

また、コンサート終わりのVLIVEでは「現在リハビリ中で、まだ完治してないから運動ができない。歩くことはできる」と話していました。

ジミンからは「周りを鍛えながら柔軟にしていったほうがいい。練習もスリッパじゃなくて、運動靴を履かないと怪我しちゃう」とアドバイスをもらっています。

治ったようにも見えていましたが、テテはコンサート中、自分で調整しながら踊っていたそうです。

しばらくの間はリハビリを続けることになりそうですが、ケアをしていけば、今後の活動に大きな影響はなさそうです。

LA公演を終えたBTSは長期休暇に入ったので、ゆっくりと休んで完治させてほしいですね!