BTSメンバー性格の良さランキング!性格悪いメンバーなんている?

BTSメンバーの性格の良さ 韓国男性アイドル

トップ画像https://cimcimyo1013.tistory.com/755

世界的スーパースターとなったBTSですが、度々話題に上がるのが謙虚さや礼儀正しさなど、彼らの内面の素晴らしさですよね。

それぞれのメンバーが持つ思いやりや気遣いが見えるエピソードを交えながら、BTSの性格の良さをランキング形式で紹介していきます!

7位 テテ

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

人一倍愛情深い性格をしているテテは、困っている人を見ると放っておけない性格をしています。

高校の同級生だったOH MY GIRLのスンヒによると、テテは釜山から転校してきたばかりで友達がいなかったジミンが早く学校に馴染めるよう、他の友達や先生に紹介して回っていたそうです。

それでも1人でいるジミンを見かけると「どうして話しかけてあげないの」と周りの友達に怒ったこともあるんだとか。

人との関係を大切にするテテらしい行動ですよね。

テテが助けを差し伸べるのは身内だけではありません。

GDAの授賞式では1人後ろに座っていたポール・キムに、自分たちの隣に座るよう声をかけた姿が話題となりました。

さらに、他のグループが椅子の数が足りず途方に暮れていると、後ろから空いている椅子を見つけて持ってきてあげる姿も。

テテは周りの様子をよく見ているだけでなく、困っている人がいると考えるよりも先に行動に移すタイプのようですね。

6位 シュガ

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

クールな見た目で一見性格まで冷たそうと思われがちなシュガですが、身内に対する愛情が一番深いメンバーと言っても過言ではありません。

シュガはメンバー想いで特に弟たちに対する気遣いが素晴らしく、マンネたちからもとても慕われています。

ファンとお祝いした1周年のイベントでは、ろうそくを吹き消すのに間に合わなかったテテの姿に気づくと、自分の指をろうそくに見立てて消させてあげていました。

見ている側もほっこりするような優しさに溢れたエピソードですよね。

また練習生時代には、体調を崩して実家に帰れなかったホソクを心配して連絡をすると「1人で退屈です」と言われ、シュガも実家に帰るのをやめてチキンを片手に宿舎に戻ったことがありました。

不器用なりに見せるユンギの優しさが素敵ですよね。

そして、デビューして時間が経ってもメンバーたちに対する愛情は変わっていません。

テテやジョングクが辛い時期を過ごしていた時には、励ましの長文メッセージを送っていたこともあったそうで、メンバーたちも驚いています(笑)

表にはあまり出さないシュガですが、メンバーを気にかけていることがよくわかりますよね。

5位 ジョングク

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

ジョングクは普段の行動から人の良さが出ているとファンの間で称賛されています。

スタッフにも笑顔で接し、道具などの後片付けなども率先してやっている姿を頻繁に見かけます。

授賞式のコメントではスタッフに対しての感謝を言葉にすることもあり、いつまでも初心を忘れません。

また、コンサートでは押し合うファンを見つけると、自ら押さないでと声をかけたり、気分の悪そうなファンを見かけると水を手渡したりと、他人を想う気持ちが人一倍強いことがわかります。

なんでも話そうとメンバーを集めた話し合いの時、ジョングクはメンバーたちに「スケジュールが大変とかそういったことはもう大丈夫なんですけど、ヒョンたちが精神的に辛い時に何もできないし、うまく声をかけられなくて、ただ横で見ているのが辛かった」と話したこともあります。

普段あまり発言しないジョングクのこの言葉に優しさが詰まっていると話題になりました。

マンネという立ち位置もあり、あまり表立って気遣いを見せたりするタイプではありませんが、ジョングクの考えや行動からはどこまでも自分よりも相手のことを優先していることが伺えますね。

4位 ジン

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

上下関係が厳しい韓国ですが、ジンは年上だからといって横柄な態度を取ることはありません。

メンバーたちからも長男らしくないと言われていますが、そのらしくなさが弟たちからも好かれている理由の1つです。

そして、いつも明るく振る舞いムードメーカー的な存在のジンですが、弟たちをよく理解して必要な時に手を差し伸べる優しい一面もあります。

練習生の頃、ジョングクが家族や故郷が恋しくなって全てを投げ出して釜山に帰りたいと思っていた時、ジンは自分の実家にジョングクを連れて行き、「うちを第二の家だと思って」と声をかけ、何度もご飯に連れて行ったりしてよく面倒を見ていたそうです。

3位 ナムジュン

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

おっちょこちょいで可愛い一面もありながら、BTSの頼れるリーダーとして活躍するナムジュン。

インタビューでは自分が話すだけでなく、話したそうにしているメンバーを見つけると話を譲ったり、英語でもメンバーたちがなるべく自分の言葉で話せるようにフォローをし、周りに気遣う姿を見かけますよね。

ある時にはコンサート直前のリハーサルでジンと言い争いをしてしまって、泣きそうになっているテテを見つけると抱きしめてあげる姿も。

開演直前でも自分だけに集中せず、メンバーたちのことをよく見て気にかけているのがわかります。

さらに、2019年4月に行われたアルバム『MAP OF THE SOUL: PERSONA』の記者会見でも、韓国語で挨拶をしたのち「韓国語が下手でごめんなさい」と謝ってから質問をした外国人記者に対し、「僕はあなたの韓国語の発音好きです。だから下手だなんて言わないでください」と気遣いを見せ、記者に対する配慮が素晴らしいと話題になりました。

いつでも相手に対する尊敬の気持ちを持っているナムジュンならではの発言ですよね。

2位 ジミン

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

周りをよく見て、助けが必要な人に手を差し伸べられるのがジミンです。

泣いているメンバーがいれば側に駆け寄り、言葉をかけたり抱きしめてあげたりする姿をよく見かけますよね。

ジミンは悲しんでいる人がいると放っておけない優しい性格をしているんだと思います。

テテに苦しいことがあったときは、一緒に泣きながら話を聞いてくれたこともありました。

またメンバーだけでなく、ファンに見せる気遣いも素敵だと話題となりました。

ファンが他のメンバーと写真を撮っている時に、自分と被らないようにさっと身を引いたり、サイン会ではスパンコールの衣装が顔に反射していることに気がつくとファンが綺麗に写真を撮れるようにと、急いで衣装を替えにいく姿も!

相手の立場に立って物事が考えられる素敵なアイドルですね。

1位 ホソク

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

BTSで1番周りを見て行動するホソクは、ファンの間でも「そんなところにまで気を遣えるなんて」と話題になります。

授賞式ではメンバーが目立つように自分は後ろに下がったり、発言していないメンバーを見つけると話を振ったり、ステージが終わったメンバーに「よかったよ」と言葉にして声をかけたりと、ホソクの性格の良さがわかるエピソードはあげればキリがないほどあります。

また、ホソクはメンバーに対するフォローもとても上手で、根っから優しい性格をしているんだろうなということがよくわかります。

あるゲームをしていた時、歌詞を間違えてしまい、シュガに「歌わないで」と言われて落ち込んでしまったジミンに気づくと、「ジミンは高音のパートを歌って」とさりげなくフォロー!

こういったホソクの気遣いにメンバーたちも救われてきたのではないでしょうか。

ホソクって優しい

他にも、自身のミックステープ『Daydream』の撮影を一緒に行なったスタッフは「疲れていたはずなのに、最後までスタッフ一人一人に挨拶をし、彼のエネルギーに感銘を受けた」と話しています。

世界的スターになっても、ホソクが誰に対しても常に礼儀正しく、周りを気遣う姿は容易に目に浮かびますよね。