BTSメンバーの歌が上手い順ランキング!全員の歌声あり

歌うBTSのメンバー 韓国男性アイドル

トップ画像https://programs.sbs.co.kr/star/bts/main

個性的で実力あるメンバーが集まり、アイドルの枠を飛び越えて世界的アーティストと称されるようになったBTS!

そんな彼らの歌やダンスのパフォーマンスは超一流です。

メンバーそれぞれに類稀なる才能がありますが、今回は彼らの歌唱力にフォーカスし、誰が1番上手いのかランキング形式で紹介していきます。

第7位 ユンギ

ラップメンバーであるユンギは、自分は歌えない!と公言しています。

2017年のHOME PARTYではジンのソロ曲『Awake』を歌い、最初は良かったのですが徐々に歌えなくなり、ふざけはじめてしまいました(笑)

『Awake』は高音パートもある曲なので、低音ラッパーのユンギには難しい曲ですよね。

しかしギャップの男と言われるユンギは、ソロ曲『Seesaw』で新たな一面を見せてくれました!

この曲を聴いたファンからは「ユンギ本当は歌えるんだ!」と驚きの声が上がりました。

ユンギ自身もこの曲を通じて意外な姿を見せたいと思っていたそうで、「思ったよりも歌が上手だね」という評価も受けたんだそうです(笑)

BTS 防弾少年団 【Seesaw】日本語字幕

低音で静かな歌声がとても魅力的ですよね!

ユンギの歌っている姿はとても貴重ですが、今後もボーカルユンギを見られると嬉しいですね!

第6位 ナムジュン

ナムジュンもユンギ同様、「歌ができない、ちょっと切ないラップモンスターです」と自己紹介するほど、歌は専門外であることを言い切っています。

とは言いつつ、いい意味でナムジュンは何度も期待を裏切っているんです!

ジョングクとのユニット曲『I Know』では、あたたかい歌声を披露しています。

[HD] BTS | Rap Monster & Jungkook – I Know Japan Fanmeeting Vol.3 DVD

他にもテテとのユニット曲『4時』でも優しい歌声を聴かせてくれました。

네시(4時・4O'CLOCK) V&RM BTS 日本語字幕 歌詞

少し低めの包み込んでくれるような歌声が曲の雰囲気によく合っていて、テテの歌声との相性も抜群ですよね!

そして、ソロ曲『Trivia承:Love』でもラップを交えながら歌を披露!

ナムジュンの歌声はスローテンポな曲によく合います。

BTS (방탄소년단) RM – Trivia 承 : Love Live Performance [ENG SUB]

歌が出来ないと言っていたのが嘘のようですよね。

今後もボーカルとしての一面を見せてくれるのではないでしょうか!

第5位 ホソク

元来ボーカルとして練習をしていた経験があるホソクは、ラップだけでなく歌も上手なメンバーです。

単に歌が上手いというだけでなく、かなり声量もあります!

ラップをしているときもですが、声が特徴的なので存在感のある歌声をしていますよね。

ときにはタイトル曲でもホソクがボーカルを担当することもあります!

中低音の優しい歌声が『Spring Day』の出だしにぴったりですよね。

さらにホソクの最大の武器とも言えるダンスをしながらでも安定した歌を披露しています!

BTS 防弾少年団 【Just Dance】日本語字幕

何よりも歌っている姿がとても楽しそうですよね!

第4位 ジン

透明感のある高音の歌声が特徴のジンです。

特に日本オリジナル曲に多いバラード系では、圧倒的美声で本領を発揮します。

声量や安定感という部分ではまだ伸びしろはあるものの、ただの高音ではなく歌声に深みがあり、ボーカルとして文句ない歌唱力ですよね。

[𝙴𝙽𝙶𝚂𝚄𝙱]BTS (방탄소년단) Jin – Epiphany [Live LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF JAPAN EDITION]

ジンはもともと俳優志望だったということもあり、声の出し方から変える必要があったため、ボーカルトレーニングで苦労したそうです。

しかし、徐々に周りが認めるほど実力をつけ、メンバーたちからは一番成長したと言われるほど!

今では歌割りのパートも次第に増え、コーラスとしても曲に大きく貢献しています。

第3位 テテ

テテはグループ1の低音ボイスで特徴的な声をしているので、インパクトのあるパートを任されることの多いメンバーです。

音源よりもステージの上でパフォーマンスすることで、テテの歌はより生かされます。

最近はさらに歌声に深みが増し、BTSの楽曲の幅を広げています。

高音を得意とするメンバーが多い中で、テテの深くて落ち着いた歌声は一味違って素敵ですよね!

そして、歌の表現力も注目せずにはいられないボーカルメンバーでもあります。

日本オリジナル曲『Your Eyes Tell』では、切なさを醸し出しながら温かみのある歌声で曲をよく表現していると話題となりました!

低音が持ち味ですが音域が広く、他のボーカルたちと同じキーで高音パートも難なく歌っているところもテテのボーカル力の高さと言えるでしょう。

低音が持ち味ですが音域が広く、他のボーカルたちと同じキーで高音パートも難なく歌っているところもテテのボーカル力の高さと言えるでしょう。