ハンヒョジュは日本が好き?日本語も堪能で日本映画にも出演?

日本が好きなハンヒョジュ韓国俳優

トップ画像https://www.nocutnews.co.kr/news/5392630

ハンヒョジュは日本でも大人気の女優ですが、日本に縁のある女優でもあります。

過去には『華麗なる遺産』や『トンイ』のプロモーションでの来日や、2冊のフォトブックを発売、ファンミーティングも行っており、来日回数は10回以上にもなります!

また『アドリブ・ナイト』や『人狼』、『ゴールデンスランバー』など、日本の作品が原作の作品にも多く出演しています。

さらに日本の映画もよく見ているそうで、好きな監督は、岩井俊二監督と犬童一心監督。

そして。2014年には『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』で犬童一心監督作品に出演しています。

ちなみに、共演してみたい女優には、蒼井優、上野樹里、宮崎あおいを挙げていました。

そんな中、2015年の『ビューティー・インサイド』では、ハンヒョジュが演じたイスの相手役、毎日姿が変わってしまうウジンを演じる123人の俳優のうちの1人として上野樹里が出演し、共演しています。

この共演には夢が叶ったと喜んでいました。

最近でも、2021年に『太陽は動かない』で2度目の日本映画への出演を果たし、藤原竜也や竹内涼真と共演しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hanhyojoo(@hanhyojoo222)がシェアした投稿

日本語も上手で、日本でのプロモーションの際には積極的に日本語を話す姿を見ることができます。

日本のドラマや映画に興味を持ったり、日本語と韓国語は似ている単語も多いことから自然と日本語の勉強を始めたそうですよ!

嬉しいですよね!

 

ちなみにハンヒョジュは納豆・ハチミツ梅干し・焼き魚と大根おろしなどの日本の朝食が大好きなんだそうです。

和食が好きで、納豆まで好きなんて、親近感が湧きますよね。

これからも日本で会える機会や日本の女優さんとの共演も楽しみです!