シンセギョンを徹底紹介!整形してる?彼氏は?インスタ・YouTubeも

シンセギョン 韓国女優

トップ画像https://post.naver.com/viewer/postView.nhn?volumeNo=26868570

シンセギョンのプロフィール

本名: シン・セギョン(ハングル表記:신세경 / 英語表記:Shin Se-kyung)

生年月日:1990年7月29日

出身地:韓国ソウル 陽川区

出身高校:新木高等学校

出身大学:中央大学 演劇映画学部

事務所:Namoo actors

職業:女優、タレント、歌手

身長/体重:164cm/48kg

血液型:B型

シンセギョンは1998年、小学2年生だった時に歌手ソテジの「Take Five」という曲のポスターモデルとしてデビュー。

そして、まだ中学生だった2004年に映画『マイ・リトル・ブライド』で女優としてデビューし、同年にドラマ『名家の娘ソヒ』でも主人公の少女時代役に抜擢され頭角を現し始めます。

そんな彼女が一躍有名になったのは、2009年。

ドラマ『善徳女王』で主人公の双子の姉の少女時代役を演じ、さらに同年の『明日に向かってハイキック』でも強烈なインパクトを残し、一躍有名になりました。

その後は『ファッション王』や『六龍が飛ぶ』など数々のヒット作に出演し、一躍トップ女優の仲間入り。

子役時代から培ってきた演技力と、その美しいルックスで、人気ドラマのヒロインに多く抜擢されています。

女優業のほかにも歌やダンスも訓練された多彩な彼女は歌手としてもデビューしており、その魅力は尽きることがありません!

シンセギョンの出演作品一覧(ドラマ・映画)

ドラマ

2004年『名家の娘ソヒ』チェ・ソヒの少女時代役

2009年『善徳女王』チョンミョン王女の少女時代役

2009年『明日に向かってハイキック』シン・セギョン本人役

2011年『根の深い木』ソイ(タム)役

2012年『ファッション王』イ・ガヨン役

2013年『男が愛する時』ソ・ミド役

2014年『アイアンマン~君を抱きしめたい』ソン・セドン役

2015年『匂いを見る少女』オ・チョリム役

2015年『六龍が飛ぶ』プニ役

2017年『ハベクの新婦』ユン・ソア役

2017年『黒騎士~永遠の約束~』チョン・ヘラ役

2019年『新米史官ク・ヘリョン』ク・ヘリョン役

▼おすすめドラマをランキング形式で紹介した記事はこちら

シンセギョン出演ドラマおすすめランキングTOP5

映画

2004年『マイ・リトル・ブライド』へウォン役

2006年『シンデレラ』ヒョンス役

2009年『オガムド~五感度~』スジョン役

2011年『青い塩』セビン役

2012年『リターン・トゥ・ベース』ユ・セヨン役

2014年『タチャ~神の手~』ホ・ミナ役

シンセギョンは整形してる?顔の傷は何?

子役時代から活躍しているシンセギョンですが、子役時代を知らない人が多いのか、整形疑惑も存在します。

ソテジの「Take Five」のポスターモデルとしてデビューしたシンセギョンですが、2017年にソテジの25周年プロジェクトに参加し、過去のポスターをそのまま再現しました。

その画像がこちら。

シンセギョンの整形検証
https://ameblo.jp/jk-honey/entry-11424818556.html

これを見るだけで、シンセギョンが昔から可愛く、整形はしていなそうなことはわかりますね!

他にも子役だったので、こんな可愛い画像も残っています。

シンセギョンの幼少期
https://ameblo.jp/jk-honey/entry-11424818556.html

本当に昔から現在の面影がしっかりとあり、可愛いですよね!

 

ただ中学時代、2004年の映画『マイ・リトル・ブライド』に出演した際のシンセギョンは少しだけ頬にお肉がつき、少しだけ顔の印象が今とは違う気もする時期がありました。

中学生のシンセギョン
http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=oliviaclinic&logNo=130078365459

 

さらに、シンセギョンの両頬の傷が一時期話題になっていました。

シンセギョン頬の傷
https://www.mimint.co.kr/baby_n/board_view.asp?strBoardID=tvnews&bbstype=tvstar&bidx=27910

この写真を見てわかるように、昔シンセギョンは頬に爪で引っ掻いた痕があり、それを隠すのに苦労をしたようです。

2012年には両頬が腫れた姿でテレビに出演し、明らかに変わった顔の印象に整形疑惑が浮上しました。

しかし、シンセギョンの所属事務所は、整形ではなく頬の傷を治したためだと弁解。

「今まではメイクでカバーしていたけれども長期休暇を利用して治療を受けており、その治療の過程で顔が少し膨らんだだけ」だとコメント、整形疑惑を否定しています。

大人になり少し痩せたのも印象が変わった原因のようにも思えます。

韓国は世界でも有数の整形大国で、俳優や女優が自身の整形を認めるケースも多くあるほど。

そんな中でもシンセギョンは絶対に整形はしていないと否定しています。

昔の画像を見ても、少しふっくらしていた時期こそあれど、原型は変わっていなく昔から可愛いのは間違えありません。

なので、整形はしていない可能性は高そうです。

ちなみにシンセギョンは自身のダイエット方法を紹介していて、その方法は次の記事で詳しく紹介しています。

シンセギョンが抜群のスタイルを手に入れたダイエット法とは?昔は太っていた?