シンセギョンとジョンヒョンの出会い、熱愛発覚、破局理由そして永遠の別れ

シンセギョンとジョンヒョンの熱愛報道 韓国女優

トップ画像https://blogs.yahoo.co.jp/status797/20523619.html

六龍が飛ぶ』などに出演し、実力派女優として人気を集める女優シンセギョン。

そして、そんな彼女との熱愛が話題になったSHINeeのメインボーカルだったジョンヒョン。

2人の出会いから熱愛発覚、破局理由、そして永遠の別れまでについて調べてみました。

シンセギョンとジョンヒョンの出会い

音楽番組で共演したシンセギョンとジョンヒョン
https://blog.crooz.jp/JJkaorin/ShowArticle/?no=331

シンセギョンとジョンヒョンの出会いは、2010年5月に放送されたドリームコンサートでの共演でした。

MCを務めたシンセギョンと、歌手として出演したジョンヒョン。

その共演後に知人の集まりで再び偶然出会い、友人として親しくなっていきました。

同い年の2人は以前よりお互いが理想のタイプだと公言しており、すぐに距離が縮まっていったようです。

 

シンセギョンとジョンヒョンの熱愛報道

デート中のシンセギョンとジョンヒョン
https://ameblo.jp/sjexo7/entry-12337837752.html

徐々に距離を縮めていったシンセギョンとジョンヒョンは、自然と恋人関係に発展。

夜中にシンセギョンの住むアパート付近の公園で、仲睦まじくデートする姿がパパラッチにとらえられ、2010年10月に双方所属事務所が2人の交際を認め、晴れて公認カップルとなりました。

大物カップルというものそうですが、事務所がすぐに熱愛を認めたことでも大きな話題になりました。

お互いに忙しいスケジュールの中でも会う時間を大切にし、愛を育んでいったようです。

2人の笑顔がとても明るく、お互いを大切に想っているのが伝わってくる写真ですよね。

ただ、SHINeeとして人気絶頂だったジョンヒョンのファンにとっては心の痛む報道だったため、当時シンセギョンのホームページには悪質なコメントが多く寄せられました。

かなり心無い言葉も見受けられ、ホームページを閉鎖する事態にまでになりました。

人気ゆえの苦労、芸能人同士の恋は大変なことが伺えますね。

しかし、それでもなお関係を続けていた2人の愛は、確固たるものだったこともわかりました。

シンセギョンとジョンヒョンの破局理由&永遠の別れ

可愛らしくお似合いのカップルでしたが、交際から8ヶ月後の2011年6月には破局したことを双方所属事務所が認めます。

その理由は、お互い多忙で徐々に距離ができてしまったためとのこと。

シンセギョンは映画『青い塩』の撮影、ジョンヒョンはワールドツアーのプロモーションなどで忙しく、恋人としての付き合いが難しくなり「良い友人の関係に戻った」とコメントしています。

堂々と熱愛を認めた公認のビッグカップルの破局は、大変話題を集めました。

永遠の別れ

ジョンヒョンの遺影
https://ent.smt.docomo.ne.jp/article/553551

そんな2人の破局から6年が経った2017年、ジョンヒョンが突然この世を去ったニュースは世界中を悲しみで包みました。

ストレスが積み重なりうつ病を患っていたジョンヒョン、耐えられず自ら命を絶つという苦しい選択をしたのでした。

当時、シンセギョンはジョンヒョンの遺体が安置されている病院の斎場を訪れ、2時間程出てこなかったと言います。

葬儀場でずっと涙を流していた彼女の姿は見る人をさらに悲しませ、ネットではシンセギョンに寄り添う言葉も見られました。

 

笑顔のシンセギョンとジョンヒョン
https://matome.naver.jp/odai/2140742696504996801

お互いが理想の相手だと公言するほど好き合っていたシンセギョンとジョンヒョン。

多忙であったことを破局の理由としていますが、騒ぎが大きすぎて別れるに至ってしまったという経緯があったことも事実。

人気アイドルと女優との恋愛は難しかったようですが、とても幸せそうな2人の写真を見ると少し残念な気持ちにもなります。

ジョンヒョンの分も、これからも活躍していく女優シンセギョンを応援していきたいですね。

最後に

公認のビッグカップルとして話題を集めた女優シンセギョンとSHINeeジョンヒョンの熱愛報道。

パパラッチの写真を見ても、お互いがどれだけ好きなのかが伝わってきましたね。

可愛いカップルでしたが、人気者同士の付き合いは難しいようでした。

シンセギョンは2019年夏にドラマ『新米史官ク・ヘリョン』に出演中。

活躍する彼女を、ジョンヒョンも天国から見守っていることでしょう。