『彼女の私生活』のあらすじ・キャスト・相関図・ネタバレ・感想

彼女の私生活 韓国ドラマ

https://mnetjp.com/program/2481/

アイドルオタクという事実を隠し働く美術館の有能キュレーターと美術館のイケメン新館長との恋模様を描いたラブコメディ『彼女の私生活』。

パクミニョンとキムジェウクという人気俳優2人のケミもあって、ケーブルテレビの放送ながら最高視聴率3.1%を記録しました。

そんな韓国ドラマ『彼女の私生活』のあらすじ、キャスト、相関図、ネタバレ、そして感想を紹介していきます。

『彼女の私生活』の予告動画&あらすじ

【8月のオススメ】「彼女の私生活(原題)」2019年8月23日(金)スタート!

昼は美術館でキュレーターとして働くキャリアウーマンであるドクミ(パクミニョン)は、実はあるアイドルの追っかけを続ける「オタ活女子」。

ある日、仕事で海外に行き絵の競売場にやってきたドクミは、その会場で同じく作品を買おうと来ていたライアン・ゴールド(キムジェウク)と隣の席に。

ライアンの端正なルックスに思わず見とれていたドクミに、「俺が欲しい?」と驚きの一言を発したライアンに呆れるドクミでしたが、欲しかった絵をそんなライアン買われ逃してしまいます。。

そんな一件の後、ドクミの美術館では新しい館長を迎えることとなり、やってきた館長はなんとライアン。
こうして、2人は突然の再会を果たします。

ある時、ドクミが応援するアイドルのシアン(チョンジェウォン)と仕事をすることとなり舞い上がるドクミでしたが、誤報でシアンとドクミの熱愛報道が出てしまいます。

ドクミはシアンの熱烈ファンたちから嫌がらせを受ける事態に発展し、ファンたちは美術館にまで押し寄せるまでに。

仕方なくライアンはしばらくドクミの彼氏役を演じ、事態を収拾させることになるのですが…。

『彼女の私生活』のキャスト&相関図、登場人物紹介

彼女の私生活の相関図
http://program.tving.com/tvn/herprivatelife/9/Contents/Html

ソン・ドクミ (パク・ミニョン)

ソン・ドクミ役のパク・ミニョン
https://blog.naver.com/woweh8585/221540478904

アイドルオタクで美術館のキュレーターとしてバリバリ働くキャリアウーマン。33歳。

顔がバレないように変装し、アイドルであるシアンの追っかけを続けています。

ファンサイトの管理人という裏の顔を持っていますが、オタクぶりは職場には決してバレないよう努めてきました。

母親は編み物オタク、父親は石コレクター。

ドクミのオタクぶりに母親は大反対しており、そのせいでこっそりと一人暮らしの部屋にグッズを集めているドクミ。

▼パクミニョンのプロフィール・詳細情報はこちら

パクミニョンはなぜ整形を告白したの?今の彼氏は?日本好き?性格は?

 

ライアン・ゴールド(キム・ジェウク)

ライアン・ゴールド役のキム・ジェウク
https://blog.naver.com/niceguy00/221530161773

画家であり、現在はアートディレクター。33歳。

幼い頃アメリカへ養子に出された韓国系アメリカ人です。

ドクミが勤める美術館の新任館長として赴任することとなり、ドクミの上司になりました。

仕事人間でいつも冷静沈着、人と関わることがあまり好きではありませんが、美術館の館長となって以降社員との交流を持つように。

一見冷たく見えますが、弱い立場の人にはとても優しいという一面を持っていて、人情味あふれたドクミと仕事上で関わるうち、徐々にその魅力に惹かれていきます。

▼キムジェウクのプロフィール・詳細情報はこちら

キムジェウクの詳細プロフィール!彼女・結婚の噂は?意外な性格?日本語がすごい?

 

ナム・ウンギ(アン・ボヒョン)

ナム・ウンギ役のアン・ボヒョン
https://blog.naver.com/fashionmag/221543005434

ドクミの幼なじみであり、元柔道選手。33歳。

現在は自分の柔道教室を開き、その館長として子供たちに指導をしています。

シングルマザーで働き詰めだった母親の代わりに、ドクミの母が面倒を見てくれていたため、ドクミとは兄弟のように育ちました。

いつもドクミのそばで励まし、優しく見守ってきたウンギ。実は学生時代からドクミのことを一途に思ってきましたが、未だに気持ちを告白できずにいました。

そんな時、ドクミに好きな人ができたと知り、ショックを受け…。

チャ・シアン(チョン・ジェウォン)

チャ・シアン役のジョン・ジェウォン
http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=631166

人気アイドルグループ「ホワイトオーシャン」のメンバーで、ドクミの推しメン。23歳。

自身もアイドルでありながら絵を描くことが好きで、絵の才能もなかなかのもの。
ライアンの美術館で展示を行うことになり、ライアンとドクミと出会います。

アメリカにいる母の元を離れアイドルとなりましたが、家族がいない寂しさからライアンやドクミと親しくなっていきます。

母親が昔画家だったこともあり、絵が好きになったシアンですが、母親がなぜ画家を辞めたのかずっと疑問に思っていました。

 

チェ・ダイン(ホン・ソヨン)

チェ・ダイン役のホン・ソヨン
https://blog.naver.com/thiers_pr/221531623447

アメリカでのライアンを知る友人であり、ビジュアルアーティスト。31歳。

韓国に帰国しライアンに会いに来ますが、ドクミの存在を知りショックを受けたダインは、再会してからライアンへの気持ちに気づきます。

海外生活が長いからかさっぱりとした性格で、正直に思ったことが口から出るタイプ。
ドクミへの嫉妬心を自覚し、葛藤します。

そんな中ライアンから仕事の依頼を受け、ライアン、ドクミ、そしてシアンと共に新しい仕事に取り組むことに。

 

その他の登場人物、キャスト一覧

イ・ソンジュ(パク・チンジュ):ドクミの高校の同級生、カフェのオーナー

カン・スンミン(イム・ジギュ):ソンジュの夫

カン・ゴヌ(チョン・シユル):ソンジュの息子

ジュヒョク(ユ・ヨンミン):ソンジュのカフェのアルバイト

ナム・セヨン(パク・ミョンシン):ウンギの母、雑誌の編集者

コン・ウニョン(イ・イルファ):シアンの母、元画家

シンディ(キム・ボラ):シアンの追っかけで、ドクミのライバル

オム・ソヘ(キム・ソニヨン):チェウム美術館の元館長、シンディの母

ソン・グンホ(メン・サンフン):ドクミの父

コ・ヨンスク(キム・ミギョン):ドクミの母

ユ・ギョンア(ソ・イェファ):チェウム美術館のキュレーター

キム・ユソプ(チョン・ウォンチャン):チェウム美術館のレジストラ