『ザ・キング:永遠の君主』のあらすじ・キャスト・相関図・ネタバレ・感想

ザ・キング:永遠の君主 韓国ドラマ

トップ画像https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-00259484-wow-asent.view-000

イミンホの除隊後復帰作として注目を浴びた『ザ・キング:永遠の君主』。

『トッケビ』で人気を集めた女優キムゴウンとの初共演作品で、パラレルワールドを舞台に繰り広げられる壮大なファンタジーロマンスです。

そんな『ザ・キング:永遠の君主』のあらすじ、キャスト、相関図、ネタバレ、そして感想を紹介していきます。

『ザ・キング:永遠の君主』の予告動画&あらすじ

ザ・キング: 永遠の君主 | 公式予告編 | Netflix

大韓民国で強力班の刑事として国民の安全を守るヒロインのテウル(キムゴウン)。

ある日、車で帰路についていたところ、車の横を白馬に乗った男性が通りがかります。

刑事として見過ごせないテウルは彼を止め職質しようとしたところ、「遂に会えた、チョン・テウル警部補」と言い彼女を抱きしめる謎の男性。

テウルはまだ警部補でもなければ、初対面の男の謎の言動に苛立ちを覚え、すぐに警察署に連行し身元の確認をすることに。

ところが名前を聞いても君には呼べない名前だから教えられないとの一点張りで、さらにはこことは違う世界から来たと妄言を言い出しテウルは困り果てます。

挙句の果てに、指紋や所持品のすべてが大韓民国には存在しないものばかりで途方に暮れるテウル。

しかし、しばらく面倒を見ている中、ある日男に連れられ竹林へ行くと、そこでパラレルワールドへと繋がる次元の扉が出現。

白馬に一緒に乗って次元の扉をくぐりパラレルワールドに足を踏み入れたテウルに対し、彼は言います。

「私は大韓帝国の皇帝で、君が呼べない名前はイ・ゴンだ。」

そうしてゴンの言葉を信じたテウルに、その後パラレルワールドを挟んだ不可解な事件が次々と降りかかります。

悲しい過去を抱えたゴンが背負う運命とは何なのか、また既に交じりあってしまった2つの世界の秩序を取り戻すことができるのでしょうか。

そしてその時、惹かれ合っていくゴンとテウルの愛の行方は…?

『ザ・キング:永遠の君主』のキャスト&相関図、登場人物紹介

ザキング永遠の君主の相関図
https://programs.sbs.co.kr/drama/theking/boards/63973

イ・ゴン(イ・ミンホ)

ゴン役のイミンホ
https://www.cinemacafe.net/article/img/2020/06/12/67548/478404.html

大韓帝国の皇帝。

幼い頃に叔父リムの謀反により父を目の前で失い、母親も早くに亡くしており、皇帝としての初めての公務は父の国葬だった孤独な青年です。

その頃に忠誠を誓った少年ヨンに自分の”天下無敵の剣”になるよう命じ、それ以来ヨンはゴンの親友であり唯一無二の存在となります。

謀反の夜、ゴンは助けてくれた黒ずくめの何者かが残していったIDカードを拾い、大切に保管。

そこに記された人物”警察庁 警部補チョン・テウル”をずっと秘密裏に探し続け、パラレルワールドに渡りようやく見つけます。

正義感が強く勇敢であり、愛するテウルを守るために命を懸ける強い皇帝です。

一方、大韓民国のゴンのドッペルゲンガーは幼い頃にリムの手によりこの世を去っています。

▼イミンホのプロフィール&詳細情報はこちら

イミンホの最新プロフィール!交通事故・兵役・性格・彼女・自宅・愛車など

チョン・テウル/ルナ(キム・ゴウン)

大韓民国のチョン・テウル

テウル役のキムゴウン
https://www.cinemacafe.net/article/img/2020/06/12/67548/478399.html

大韓民国で生まれ育ったテウルは、テコンドー道場を営む父に育てられソウルで強力班の刑事になります。

危ない仕事ながら、誰かが勇敢にならないといけないから私がやる、と言ってのける勇敢で強い女性。

かなりきつい性格ですが、ある日突然目の前に現れた身元不明の男に心をかき乱されます。

パラレルワールドを介した事件が多く起こっていることを知ってからは、ゴンと共に解決に向けて走り続けます。

そして、いつ帰ってくるかわからないゴンをひたすら信じ、待ち続ける健気な女性です。

大韓帝国のルナ

ルナ役のキムゴウン
https://kimmo77.com/9361/

大韓帝国に住むルナは、孤児でありお金さえもらえれば犯罪であろうと何でもしてしまう犯罪者。

孤児のため名前もなく、捨て猫の名前”ルナ”を自分も名乗るようになる孤独で寂しい女性です。

病気のために余命宣告をされ人生に絶望していたところ、神を名乗る男リムが現れます。

▼キムゴウンのプロフィール&詳細情報はこちら

キムゴウンのプロフィール&注目ドラマ!彼氏はいる?パクソダムに似てる?性格は?

チョ・ウンソプ/チョ・ヨン(ウ・ドファン)

大韓民国のチョ・ウンソプ

ウンソプ役のウドファン
https://ameblo.jp/emile0824/image-12599694516-14764676164.html

大韓民国のウンソプは、社会服役要員として警察署で働いているテウルの後輩。

年の離れた双子の兄妹ウンビとカビが可愛くて仕方がなく親のように面倒を見ており、命をかけても守りたい存在と言う良き兄です。

お茶目な性格でコテコテの方言で話すお調子者の青年ですが、ある日ゴンに出逢い、突然彼の”無敵の剣”になれと言われこき使われることになります。

大韓帝国のチョ・ヨン

ヨン役のウドファン
https://www.cinemacafe.net/article/img/2020/06/12/67548/478403.html

大韓帝国のヨンは、ゴンの幼馴染であり彼の”無敵の剣”として知られる皇室近衛隊の隊長。

謀反の夜に悲しみを我慢し王座に座るゴンを見てから彼に忠誠を誓い、それ以降は彼を孤独にしないようひたすらそばで見守る親友のような存在になります。

あるとあらゆる武器に精通し、表情一つ変えず無駄のない動きで命をかけてゴンを守る完璧なボディガードです。

パラレルワールドにもゴンを守るため一緒に渡り、淡々と任務を遂行します。

▼ウドファンのプロフィール&詳細情報はこちら

ウドファンのプロフィール&おすすめドラマ情報!彼女や整形の噂も

ク・ソリョン(チョン・ウンチェ)

ク総理役のチョンウンチェ
https://www.cinemacafe.net/article/img/2020/06/12/67548/478406.html

大韓帝国の若き女性総理。

貧しい市場の魚屋さんの娘ながら、財閥と結婚し、離婚後には総理にまで上り詰めた野心家。

男性ばかりの国会の討論でも抜群のリーダーシップを取って国を治めており、周囲からは妬みの目で見られています。

最終的な目標はイケメン皇帝のゴンを射止めて大韓帝国の皇后になること。

ところが、自分には向けられたことのないゴンの笑顔を簡単に引き出すテウルの存在を知り、焦り始めます。

イ・リム(イ・ジョンジン)


https://danmee.jp/knews/koreandrama/newdrama-thekingtopic-4/

大韓帝国の皇族クム親王、ゴンの叔父。

底なしの野望の持ち主で、ゴンの父が皇帝だった時代に国宝”萬波息笛”を奪うために謀反を起こします。

謀反は何者かに妨害され失敗するも、割れてしまった笛の半分だけを持ちパラレルワールドへ渡るリム。

両世界の狭間にある無の空間では時間が外と違う流れで進み、それを利用しリムは数十年間全く年を取らず40代のままの姿で生き続けています。

大韓帝国では逆賊と認知されているため、大韓民国で車椅子生活を余儀なくされていたドッペルゲンガーの男性の命を奪い、その座で暮らすように。

目標はゴンが持つもう半分の笛を奪い、世界を思いのまま支配すること。

カン・z(キム・ギョンナム)

シンジェ役のキムギョンナム
https://www.cinemacafe.net/article/img/2020/06/12/67548/478405.html

大韓民国ソウルの強力班チームで働く刑事。

高校生の頃リンチされていたところをテウルに助けられ、それからテウルの父が運営する道場に通い、テウルとともに刑事になります。

テウルにはその頃から想いを寄せていましたが、突然現れた謎の男ゴンの出現に戸惑います。

幼い頃はお金持ちの父を持ち裕福な暮らしをしていましたが、倒産してしまい今では賭博に明け暮れる母に呆れる日々。

家に居場所はなく、仕事をしてテウルやチームのみんなと過ごす毎日が心の支えです。

子供の頃の記憶が曖昧で、徐々に自分の出生について疑問を持ち始めます。

その他の登場人物、キャスト一覧

ミョン・ナリ/ミョン・スンア(キム・ヨンジ):テウルの親友、カフェのオーナー/大韓帝国の皇室の広報担当者

ノ・オクナム(キム・ヨンオク):大韓帝国の尚宮、ゴンの親代わり

イ・ジョンイン(チョン・ムソン):大韓帝国の皇族でゴンの従伯父、皇位序列2位のプヨン君

パク・ムンシク(パク・ウォンサン):強力班チームのチーム長

チャン・ミカエル(カン・ホンソク):強力班チームの新人警官

チョン・ドイン(チョン・ペス):テウルの父、道場を経営

ミン・ファヨン/パク・スクチン(ファン・ヨンヒ):シンジェの母

ソン・チョンへ(ソ・ジョンヨン):ゴンの亡き母のドッペルゲンガー

イ・ホ(クォン・ユル):大韓帝国の皇帝、ゴンの亡き父

イ・ゴンの幼少期(チョン・ヒョンジュン)

チョ・ヨンの幼少期(チョン・シユル)

シンジェの幼少期(ムン・ウジン)