BTSジョングクの性格をエピソードと共に紹介

韓国男性アイドル

ジョングクの性格④完璧主義

こだわりが強いというのに関連して、ジョングクは完璧主義な性格をしています。

ステージやパフォーマンスでいいものを届けたいという思いが強く、時には自分のことを責めてしまうこともあります。

周りから見たら完璧なパフォーマンスでも、ジョングクにとっては納得がいかないことがあるようです。

 

また、2018年のMGAでのチャーリー・プースとのコラボのリハーサルでも、ジョングクは自分のパフォーマンスに納得がいっていない様子でした。

「すごくよかった!」というチャーリーに対し、「あなたはすごくよかった!僕はまだまだ」と返しています。

その後チャーリーは「君は自分に対してすごく厳しいんだね。とてもよかったよ」とジョングクに声をかけています。

常にいいパフォーマンスを目指すジョングクは、自分の現状に満足いかなかったようですね。

普段からその姿を見ているメンバーたちは、ジョングクに温かい言葉をかけます。

パフォーマンス自体への評価ではなく、「よく頑張った」とジョングクの頑張りを認めるような声をかけてあげています。

 

他にも常に100%でパフォーマンスし続けるジョングクに対して、メンバーたちなりのステージでの魅せ方を真剣に話していることもあります。

完璧にこだわるジョングクを見て、メンバー達も少し心配に思っている部分があるようですね。

ジョングクの性格⑤思いやりがある

自分にはとても厳しいジョングクですが、他人に対しては優しく思いやりのある性格をしています。

特にメンバーたちを思う気持ちは強く、「自分が辛い分には問題ないけれど、ヒョン達が精神的に苦しんでいるところを見ていることしかできないのが辛い」とジョングクは初めて泣きながらメンバーに打ち明けていました。

忙しいスケジュールをこなしながら大変な思いをしているはずなのに、自分のことではなく周りのメンバーを気遣っています。

その話を聞いたメンバー達もジョングクがそんなことを思っていたとは全く知らず、一緒に涙を流したそうです。

さらにある時には、ファンを思うあまり少し危険な行動をしてしまったこともありました。

ジョングクはステージ上から車椅子の女の子を見つけ、柵を越えてそのファンの元まで駆けつけました。

人が押し寄せてとても危ない状況になってしまったのですが、ジョングクはファンの元に駆け寄って「今日は来てくれてありがとう」と伝えたそうです。

もしかしたら車椅子で視界が見にくい中、自分たちを見に来てくれたと思ったジョングクはいてもたってもいられなかったのかもしれません。

自分のことよりも相手のことを一番に考える様子がとてもジョングクらしいですよね。