BTSの原爆Tシャツ騒動を振り返る!結局謝罪はなし?海外の反応も

原爆Tシャツを来ているBTSジミン 韓国男性アイドル

トップ画像https://consequenceofsound.net/2018/11/bts-japan-atomic-bomb-shirt/

世界的なアイドルになり、一つ一つの言動も注目される存在になったBTS。

そんな中、ジミンが原爆Tシャツを着用していたことは日本のみならず、海外でも大きな話題になりました。

ジミンはあえてそのTシャツを着用していたのか、そもそも原爆Tシャツとは何なのか、原爆Tシャツ騒動をいま一度詳しく解説していきます。

原爆Tシャツ騒動とは?

ジミンが着用し、問題視された原爆Tシャツがこちらです。

・原爆を連想させるようなキノコ雲の写真

・PATRIOTISM=愛国心

・OURHISTORY=私たちの歴史(Tシャツのブランド名でもあります)

・LIBERATION=解放

・KOREA=韓国

・光復節を迎えて万歳をする人々の写真

がデザインされています。

デザイナーは「日本が無条件降伏をしたため、韓国が解放されることとなった歴史的順序を表現したTシャツ」と説明していますが、その表現をするのに原爆を想起させるような写真を使用していることで反日的だと指摘されています。

しかしデザイナー自身は「このデザインは反日感情の助長や日本に対する報復といった意図はなかった。歴史的な要素を取り入れれば、若者達がもっと歴史に興味を持つのではと思い、デザインをした」と、あくまでも反日感情の助長の意図はないと説明しました。

自分のデザインしたTシャツが問題となり、BTSが日本の番組に出演できなくなったことも合わせて謝罪をしています。

また、このTシャツはジミンがファンからプレゼントされたものということがTwitter上で明らかになり、プレゼントをした本人からは「故意はなかった」という意思表明と謝罪がありました。

 

話題となったTシャツを着用していたのは2017年3月頃で、当時これに気付いた一部のファンの間では問題視されていましたが、大きな話題には発展しませんでした。

しかし、2018年10月末、日本の新聞社がこの話題を取り上げたことにより、多くの人が知ることになり、このTシャツが日本中で大きな話題となりました。

そして上記のツイートのように、今でもBTSを嫌う人がいるような状況を作ってしまいました。

原爆Tシャツ騒動への謝罪は事務所からのみ?

原爆Tシャツ騒動直後、出演予定だった11月9日のミュージックステーションは急遽出演見送りになりましたが、BTSはその直後の11月13, 14日に東京ドームでの公演を控えていました。

公式ファンクラブからは番組出演が取り消しとなったという告知のみで、該当Tシャツに関する立場表明はないままコンサートの初日を迎えました。

不安や疑問に思うファンもいる中、コンサートはいつも通り行われました。

このまま終わるのかと思っていた最中、終わりの挨拶でジミン本人から「日本のファンの皆さんだけでなく、世界中のファンの方にご心配をおかけしました」と今回の件についての言及はありましたが、詳しい説明や謝罪はありませんでした。

その日の公演が終了した直後、所属事務所から立場表明と謝罪が公式に発表されました。

原爆Tシャツの問題に関する所属事務所の立場は「戦争・原爆などの支持はせず、これに反対する。原爆の被害者の方々を傷つける意図は一切なく、今後もそのつもりはない」としています。

加えて「原爆被害者の方を意図しなくとも傷つけうることとなった点や不快な思いを感じ得た点について心からお詫び申し上げます」と謝罪をしました。

原爆Tシャツ騒動後の日本での活動は?

公になっているもので日本の活動でキャンセルとなったのは、11月9日のミュージックステーションのみでしたが、実際には他の日本の音楽番組にも出演をする予定だったのではないかと言われています。

ちなみにミュージックステーション側は見送ることとなった理由として、「着用していたTシャツのデザインについて、番組側も着用の意図などを確認し協議を進めましたが、総合的に判断した結果」としています。

徐々に日本のテレビなどへの露出が増えてきた頃だっただけに、とても残念な結果となってしまいました。

その後もしばらくは日本の番組への出演はなく、朝の情報番組などもBTSの話題を取り上げる回数が減りましたが、2019年の後半頃から少しずつ日本のメディアにも復活してきています。

この原爆Tシャツ騒動によって日本でのアンチは増えましたが、熱狂的な日本のファンは今でもたくさんいます。

原爆Tシャツ騒動についてのファンの反応は?

原爆Tシャツ着用に関する騒動では、ファンの中でもかなり意見が割れました。

着用の意図に関わらず、やはり歴史的にも非難される出来事を想起させるようなTシャツを着ていたことがショックだというファンや、直接本人からの謝罪がなかったことに疑問を抱いたファンも少なからずいました。

一方で、事務所からの公式表明があったことに安心したファンや、ユニセフの活動をしている姿や国連でのスピーチなど彼らが普段行っている活動も加味して、今後も応援していきたいと考えるファンもいました。

賛否両論を生んだ騒動だっただけに、今もなおファンの間でも度々話題となる出来事でした。