『恋の記憶は24時間~マソンの喜び~』のあらすじ・キャスト・相関図・ネタバレ・感想

恋の記憶は24時間~マソンの喜び~ 韓国ドラマ

トップ画像https://www.bs11.jp/drama/sp/koi-24/

チェジニョクとソンハユンの主演で、たった1日しか記憶がもたない御曹司と、地に落ちた元トップ女優が繰り広げる甘く切ないラブストーリー『恋の記憶は24時間~マソンの喜び~』。

夜11時からの方放送ということもあり、最高視聴率は2.2%止まりでしたが、同時放送していた台湾では話題作になりました。

そんな『恋の記憶は24時間~マソンの喜び~』のあらすじ、キャスト、相関図、ネタバレ、そして感想を紹介していきます!

『恋の記憶は24時間~マソンの喜び~』の予告動画&あらすじ

【公式】韓国ドラマ「恋の記憶は24時間~マソンの喜び~」DVD予告編

容姿端麗の脳神経外科医である御曹司マソン(チュジニョク)は、ある日中国の海南でたまたまトップ女優のキップム(ソンハユン)を助けます。

笑顔が愛らしく可愛い彼女に惹かれ、一瞬で恋に落ちた2人。

その日、2人はキスをして1時間後に会う約束をするのですが、約束の場所にマソンが現れることはありませんでした。

約束時間の少し前、マソンはたまたま入った店でキップムを陥れようとする男性たちの会話を聞いてしまいます。

ところが彼女を守るためにその男たちを追いかけていたところ、走ってきた車にひかれ大怪我を負います。

一命は取り留めたものの、記憶が1日しかもたない「シンデレラ症候群」を患ってしまったマソン。

同じ頃、約束を破られやけ酒を飲んでいたキップムは、彼女を狙っていた男から勧められた睡眠薬入りのお酒を飲んでしまい、そのまま意識を失います。

そして目を覚ますと…そこには亡くなったアイドルの姿がありました。

結局嫌疑不十分で逮捕されることはなかったものの、真犯人が捕まらなかったことからキップムは全国民から疑いの目を向けられ、女優の道は消え去りました。

 

それから3年後。

女優の道を失ったキップムでしたが、酒浸りの父と弟妹を養うために地道に働いていました。

そんなある日、キップムは偶然にもマソンと再会。

ところがキップムを覚えていないと冷たい態度で言うマソンに、怒り心頭のキップム。

彼女の言動を不審に思うマソンでしたが、1日しか記憶がもたないにも関わらず翌日になってもキップムのことだけは覚えていることに驚きます。

それから彼女が回復への手がかりになるかも知れないと思ったマソンはしきりにキップムの前に姿を現すように。

『恋の記憶は24時間~マソンの喜び~』のキャスト&相関図、登場人物紹介

恋の記憶は24時間マソンの喜びの相関図
https://kdm-a.com/lovememory24-1-3

コン・マソン(チェ・ジニョク)

マソン役のチェジニョク
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5422110

脳神経外科医の権威で、ソヌグループの後継者。

両親を幼い頃に亡くし、4人の叔母たちに育てられ、従弟のギジュンとは実の兄弟のように育ちました。

3年前に中国の海南で出逢ったキップムと恋に落ちますが、交通事故で記憶を失います。

何とか病気の進行を遅らせようと毎日の出来事を細かく日記に記し、周囲の人に記憶障害がばれないようにすべてを暗記することから1日を始める努力家。

記憶障害を患って以来3年間、”ヒーリング村”と名付けた認知症患者のための村を作ることに全力をかけています。

記憶にないキップムと再会してから、なぜか24時間以上記憶に残る彼女が気になり、いつしか再びキップムに惹かれ始めます。

いつも冷静で人を見定める能力に長けており、誰が見ても魅力的な男性です。

 

チュ・キップム(ソン・ハユン)

キップム役のソンハユン
https://www.tc-ent.co.jp/products/detail/KEDV-0691

韓国の元トップ女優。

3年前の事件の被害者がトップアイドルだったせいで、全国民の嫌われ者になってしまいます。

マソンと再会するも自分を覚えていない彼に苛立ちを覚え始めは辛くあたり突き放しますが、度々目の前に現れるマソンを無下にできない優しい性格の持ち主。

覚えていないのが遊び過ぎて記憶にないのではないかとマソンを不審に思っていたキップムですが、徐々に彼の本心を感じかつての恋心を思い出すようになります。

自分のことは二の次で、家族のために1人歯を食いしばって一生懸命に働く強い女性。

ギジュンの勧めで女優への再起を決心し、同時に3年前の汚名も晴らそうと奮闘します。

 

ソン・ギジュン(イ・ホウォン)

ギジュン役のイホウォン
https://www.tc-ent.co.jp/products/detail/KEDV-0691

ソヌグループ会長の一人息子で、マソンの従弟。

無名の俳優で、いつかトップ韓流スターになるのが夢です。

昔キップムと撮影で一緒になった時の彼女の優しい対応に感動し、事件後も変わらずキップムの大ファン。

再起しようとするキップムを自分の事務所に連れてきて彼女を全力で支えます。

少し頭が弱いのですが、情に脆く愛らしい青年です。

母親の言うことは全く聞きませんが、唯一大好きで懐いているマソンの言うことであれば素直に聞きます。

イ・ハイム(イ・ジュヨン)

ハイム役のジュヨン
https://tv.rakuten.co.jp/content/318072/

帝国エンタ所属で、キップムに代わる韓国のトップ女優。

気が強くお嬢様気質、平気で人に土下座をさせてしまう強烈な性格の持ち主です。

キップムにもきつくあたりライバル視していましたが、本心はいつ人気がなくなるか恐怖心を抱えています。

不安定な職業に嫌気がさし、結婚して子供を産んで普通の家庭を持つのが夢。

マソンが気になり彼のいるところに顔を出すうちに、どういうことかギジュンが気になり始めます。

 

コン・ジニャン(チョン・スギョン)

コン会長役のチャンスギョン
https://www.youtube.com/watch?v=SXS6cb1XSbo

ソヌグループの会長、マソンの叔母でありギジュンの母。

ギジュンに会社を継がせたいのに、当の本人は全くその気がなくふらふら遊びまわり呆れています。

マソンを気にかけ信頼を置いているように見せかけて、裏ではいつでも切り捨てる準備をしている冷酷な女性。

何でもお金で解決できると思っている、人間味のない人物です。

 

キム・ボムス(チョン・スギョ)

ボムス役のチョンスギョ
https://tv.rakuten.co.jp/content/318074/

帝国エンタの社長。

キップムが元々所属していた事務所の社長でしたが、3年前の事件でキップムの影響で事務所が大損害を被ります。

そのせいかキップムに対していつもあたりがきつく、再起しようと頑張る彼女をことごとく潰しにかかるしたたかな男。

いつもガムをくちゃくちゃと噛む品のない男性で、何か裏がある様子。

キップムを陥れるたびに妨害してくるマソンに見覚えがある気がして、気になって仕方がありません。

 

その他の登場人物、キャスト一覧

ユン・ホンジュン(キム・ミンサン):ソヌ病院の精神科科長、マソンの主治医

ヤン・ウジン(チャン・インソプ):マソンの秘書

チャン・オクジン(チョン・ジェソン):スターエンタの代表

チュ・マンシク(オ・グァンノク):キップムの父

チュ・チャラン(カン・ユンジェ):キップムの弟

チュ・サラン(キム・ジヨン):キップムの妹

コ・ランジュ(イ・スジ):スタイリスト、キップムの親友

ミン・ヒョンジュン(イ・ジョンヒョク):トップアイドル、3年前の事件の被害者