Kep1erの事務所はどこ?活動期間・解散も決まってる?仕組みを詳しく紹介

デビューしたばかりのKep1er韓国女性アイドル

トップ画像https://m.nocutnews.co.kr/news/5690276

日中韓オーディション番組『ガルプラ』を勝ち残り、2022年1月3日にデビューを果たした9人組ガールズグループのKep1er(ケプラー)。

そんなKep1erの所属事務所などのマネジメント体制は少し複雑なので、わかりやすく紹介します。

また、既に活動期間・解散も決まっているので、解散の時期や解散後についても最後に触れていきます。

Kep1erの所属事務所は?

Kep1erの所属事務所は「WAKEONE」と「Swing Entertainment」です。

Kep1erデビュー時も2社ほぼ同時に発表しています。

「所属事務所が2つ?」と思うかもしれませんが、IZ*ONEも「Off The Record Entertainment」と「Swing Entertainment」の共同マネジメントだったので、特に異例ということではありません。

WAKEONEはガルプラを始動した企業の1つ、CJ ENMが100%の株式を保有する芸能事務所で、TO1などもここに所属しています。

また、Swing EntertainmentはCJ ENMが51%の株式を保有する芸能事務所で、元々はCJ ENMが2018年にWanna Oneの活動支援を委託するために作った会社なので、結局大元はCJ ENMということになっているようです。

Kep1erメンバーのそれぞれの所属事務所は?

所属事務所
ユジンCUBE エンターテインメント
シャオティンTOPCLASS エンターテインメント
マシロ143 エンターテインメント
チェヒョンWAKEONE
ダヨンJellyfish エンターテインメント
ヒカルavex artist academy
ヒュニンバヒエIST エンターテインメント
ヨンウンBISCUIT エンターテインメント
イェソ143 エンターテインメント

Kep1erとしての所属事務所は「WAKEONE」と「Swing Entertainment」の2社ですが、もちろんデビュー前もどこかの事務所に所属し、練習生時代を送っていたわけで、個人として所属している事務所があり、それが上記の通りです。

チェヒョンは元々SM Entertainmentの練習生でしたが、4~5年経ってもデビューできずに退所し、2021年にWAKEONEに所属しているので、ガルプラに応募するタイミングで無所属だったので、運営のWAKEONEに所属した流れだと思います。

Kep1erは活動期間が決まってる?解散はいつ?解散後はどうなる?

Kep1erの活動期間はあらかじめ2年6ヶ月と決まっています。

デビュー日が2022年1月3日なので、解散は2024年の7月上旬ごろになる予定です。

ただ、これまでにKep1erのようにオーディション番組を通じて、期間限定でデビューしたグループの中には、投票操作などの不正が発覚して早期解散となったこともあるので、Kep1erでも何かしらのスキャンダルがあると、2024年の7月を待たずに解散の可能性もあります。

また、IZ*ONEのように解散間際まで超人気グループでも延長することなく解散したので、Kep1erもどんなに人気が出ても活動を延長する可能性は低そうです。

Kep1er解散後は、IZ*ONEのウォニョンやユジンがIVE、宮脇咲良がLE SSERAFIMの中心メンバーとして活躍しているように、メンバーそれぞれが所属している新しいガールズグループのメンバーとしてグループを引っ張っていくことになります。