IZ*ONEチョユリのプロフィール&魅力を紹介!可愛すぎる画像&動画も

アイズワンのチョ・ユリ 韓国女性アイドル

チョユリの慰安婦バッチって?反日なの?

『PRODUCE48』出演時、ユリが衣装につけていたバッチが原因で反日なのではないかと話題になりました

ユリが胸元につけているこのバッチは、MARYMONDというブランドのもの。MARYMONDは慰安婦支援をうたっていて、売上金を慰安婦支援団体に寄付すると公表している企業です。

MARYMONDは反日ブランドではなく、慰安婦支援のチャリティブランドですが、このような場でつけなくてもいいですよね。

事実、この日本人メンバーらも多く参加する『PRODUCE48』でのユリのバッヂは物議を醸しました。

普段なら問題なく、むしろ支持を集めたであろうこの行為も「日本人参加者がいるのに配慮がない」「日本人ともメンバー同士の関係になるかもしれないのに」とバッシングの対象にもなり、ユリの行動に違和感を覚えた人も少なくなかったようです。

本人の口から慰安婦問題や日韓関係について語られたことはなく、実際にユリがどういうつもりでこのバッチを身に着けていたのかは不明です。

ただ可愛いから身に着けていたという見方もできますし、チャリティに参加したくてグッズを購入したのかもしれません。

実際のところ、ユリが反日思想を持っているのか、慰安婦支援の意思を持っているのかは分かりませんが、日本人メンバーとも一緒に活動し、日本語も積極的に喋っているので、日本嫌いというわけではないように感じます。

チョユリの魅力は?

ハスキーボイス&歌唱力

【美声】ユリの歌声を集めてみた

ユリの魅力は、なんといってもその歌唱力とハスキーボイスでしょう。

あどけない童顔からは想像がつかないスモーキーな声質で、歌声は他メンバーとの簡単に区別がつくぐらい特徴的です。

ユリ本人は「ガールズグループには向かない声だとずっと言われてきた」とコンプレックスに感じていたようですが、そのハスキーボイスに魅力を感じる人も多く、安定した歌唱力と共に魅力の1つとなっています。

ハスキーボイスですが高音パートも出せ、キレイなファルセットを聴かせてくれることも。IZ*ONEの楽曲の盛り上がり部分に欠かせないメンバーとなっています。

愛らしいビジュアル

自分では「見た目がダメ」と言っていますが、ユリのルックスは小動物のような愛らしさがあります。

動物でいうとハムスターっぽくコロコロと変わる表情も魅力的で、見ているだけでついつい笑顔になってしまう、守ってあげたくなるタイプの女の子。

愛らしい顔や雰囲気から好きになり、仕草や性格などでもっとはまってしまうファンも多いはずです!

ギャップ

IZ*ONEは清楚系楽曲の多いグループですが、セクシー系・カッコいい系の楽曲もあります。ユリはベビーフェイスなのでセクシー系やカッコいい系は苦手かと思いきや、しっかりと魅了してくれるんです。このギャップにハマるファンは多く、ユリのいろいろな姿をもっと見たい!と追いかけてしまいます。

IZ*ONE(아이즈원)きっとあなたも虜になるチョユリ・スペシャル(YURI)/日本語字幕

また、ステージでの完璧な姿と普段とのギャップも激しく、ファンからもいじられることがあるくらいです。天性の愛されキャラといえますね。

チョユリはどんな性格?

控えめ

ユリの性格は一言でいうと「控えめ」です。

あまり自分のことを語るタイプではなく、メンバーと喋っていても人数が多いとニコニコしながら聞いています。

『PRODUCE48』でセンターに推薦されても「私は見た目がダメだから…」とうつむいていた様子からも控えめなのがよくわかりますよね。

ユリ本人は「辛くても何も言わない。じっと耐え続けるタイプ」と語っていて、我慢強さや意志の強さを感じさせる女の子です。

いじられキャラ

【IZ*ONE 日本語字幕】またユリとミンジュの喧嘩が始まったよ…

ユリはIZ*ONEのいじられキャラ。

年功序列が厳しいK-POPアイドルグループの中では珍しく年下メンバーからもいじられるタイプで、ユジンやウォニョンからもよくからかわれています。

ユリが年上のお姉さんっぽくなく、ちょっと抜けたところもあるので、親しみやすいのでしょうね。

ミンジュとイェナに対してはいじる側に回ることも多く、デビュー後はどんどん明るくなってきています。

照れ屋

チョユリ 可愛いシーン まとめ① IZ*ONE アイズワン

「生まれ変わっても自分になりたい」と答えたり、自分の良いところは?という質問にも「可愛いところ」「ルックスが長所です」と答えたりするほど、K-POPアイドルは自分に自信がある人が多いです。

あまりに自信満々で、日本人からすれば「ちょっと自信ありすぎじゃない?」と思ってしまうぐらいです。

しかし、ユリは恥ずかしがり屋で愛嬌を振りまいたりセクシーな表情を作れるタイプではありません。

どうしてもアピールしなくてはいけないときも、ためらう様子が垣間見えます。

そんな謙虚で奥ゆかしいところも、ファンには新鮮でたまらないところでしょう。

チョユリの可愛いすぎる画像・動画集