Kep1erセンターのキムチェヒョンはなぜ人気?ガルプラや個人インスタも

Kep1erセンターのキムチェヒョン韓国女性アイドル

トップ画像https://www.hankyung.com/entertainment/article/202206283123H

チェヒョンはKep1er(ケプラー)の中でも人気メンバーですが、特に韓国での人気が高いです。

そんなチェヒョンのガルプラを含む経歴や、韓国で人気の理由、個人での活動なども詳しく紹介していきます。

キムチェヒョンのプロフィール

名前:チェヒョン(ハングル表記:채현 / 英語表記:Chaehyun)

本名:キム・チェヒョン(ハングル表記:김채현 / 英語表記:Kim Chaehyun)

生年月日:2002年4月26日

出身地:韓国 釜山広域市

高校:進学せず高校卒業学歴検定試験に合格

血液型:B型

身長/体重:161cm/非公開

事務所:WAKE ONE

ポジション:センター、メインボーカル

練習生期間:約6年間

MBTI:ISTP(デビュー当時はESFPだった)

兄弟:兄

趣味:ダンス、歌、運動、ギター

特技:歌、DIY、日本語

2016年、チェヒョンは大手事務所のSMエンターテイメントに入社しました。

当時、中学2年生だったチェヒョンは練習生になるために中学を中退しているので、中学生ながらかなりの覚悟があったことがわかります。

SMエンターテイメントといえば、ボーカルやダンスのパフォーマンスはもちろん、ビジュアルのレベルも高いメンバーがとても多いですよね。

チェヒョンも例に漏れず、練習生の頃からパフォーマンス力もビジュアルも兼ね備えていたので、SMエンターテイメントでのデビューもささやかれていたそう。

一部ではあの「aespa」(エスパ)でのデビュー候補にもあがっていたという噂もありました。

この噂が事実だったらかなり衝撃ですよね…!

aespaがデビューする前なのか後なのか、詳細はわかりませんが、2020年頃にチェヒョンはSMエンターテイメントを退社しています。

その後、ガルプラを機に現在のWAKE ONEに加わったのは2021年なので、しばらくの間は無所属で練習をしていた期間もありそうです。

キムチェヒョンのガルプラでのパフォーマンス

プラネット探索戦

Kグループの23位(33人中)という下位でスタートしたチェヒョン。

元々所属していたSMエンターテイメントのaespaの曲を披露したことが話題になりました!

実際のステージでは、序盤安定した歌声を披露していたのですが、高音パートで少し音を外してしまいます。

ダンスも激しい曲なので、チェヒョンの強みであるボーカルを最大限に活かせなかったのかもしれません。

コネクトミッション

このチームはすでにK-POPアイドルとしてのデビュー経験があるメンバーが多く所属していたので、パフォーマンスのレベルが高かったです!

そんなメンバーが集まっていることもあって、パート決めや練習シーンでは一部のメンバーが置いていかれてしまうようなこともありました。

言葉の壁もあり、特にJグループのメンバーは自分の意思をうまく表現できずモヤモヤしていましたが、チェヒョンは周りのメンバーに寄り添い、話し合いの場を作ろうと声をかけていたシーンが印象的でした。

 

言葉を選びながらもグループとして1つのステージを披露するためには、仲良くなることが大事だとメンバーをハグしていたシーンは微笑ましかったですよね!

この後の個人順位発表では、Kグループ3位にランクイン。23位から大躍進しました!

コンビネーションミッション

このステージはチェヒョンの美しい歌声が十分に活かされていました!

特にサビのチェヒョンのパートでの高音は鳥肌級です!

ボーカルの得意なメンバーが集まっているので、このステージ自体レベルが高いのですが、その中でも特にチェヒョンの透き通った歌声がとても魅力的でした。

この後の生存者発表ではKグループの2位になり、チェヒョンの快進撃が止まりません!

クリエーションミッション

ファン投票によって選ばれたUtopiaの爽やかなステージは、チェヒョンにぴったりのはずでした。

しかし、中間発表ではうまくパフォーマンスができず、中間発表後の順位は最下位。

上手くいかない高音パートを本番の直前までずっと練習をしていましたが、思うようなパフォーマンスができず、ステージを降りた後にメンバーに謝っていたシーンはこちらまで胸が痛んでしまうほどでした。

 

この後に公開された全体順位では、チェヒョンは11位となりデビュー圏外になってしまいました。

コンプリーションミッション

最後のミッションでは、チェヒョンがリーダーをやりたいと挙手します。

これまでチェヒョンがリーダーを担当することはなかったのですが、直前に発表された11位という順位に焦りもあったかもしれませんね。

最終的にチェヒョンが所属していた「チーム2」が勝利することができました!

この曲でのチェヒョンのパートは、秒数で言うとかなり短かったのですが、しっかり安定した歌声を披露できていたので存在感はバッチリでしたよね。

そして、最終順位ではなんと1位になり、Kep1erでのデビューが決まりました!

ガルプラの投票システム上、韓国での獲得票数が50%、他国の総獲得票数が50%とされていたので、韓国で人気が高いほど順位が上がりやすくなっています。

チェヒョンは特に韓国での人気が高かったため、この投票システムが有利に働いたことも1位になれた一因だと思います。

キムチェヒョンが人気の理由は?

グループ1とも言える歌唱力

チェヒョンと言えば歌唱力の高さですよね。

ガルプラの頃はもちろん、デビュー後もチェヒョンの圧倒的な歌唱力の高さが度々話題になっています。

 

韓国ではダンスや歌が上手いメンバーの人気が高く、特に韓国でKep1erが注目を浴びることになった番組でもある『Queendom2』で、チェヒョンの歌声に驚く韓国人が多かったようです。

また、英語圏のファンもKep1erで1番歌がうまいのはチェヒョンだという意見が多いです。

色白でうさぎ顔のビジュアル

 

この投稿をInstagramで見る

 

KEP1ER 케플러(@kep1er.world)がシェアした投稿

チェヒョンはいわゆる「うさぎ顔」で、真っ白な肌がとっても魅力的ですよね!

Kep1erのビジュアルメンバーに含められることもあります。

デビュー当初はピンク髪でしたが、これが似合うのも、やはりチェヒョンのビジュアルがあってこそだと思います!

とにかく優しい人柄

ガルプラの時も常に周りを見ていて、1人でも困っているメンバーがいたら優しく声をかけるシーンが多く見受けられました。

ただただ声をかけるだけではなくて、ぎゅっと抱きしめてあげていることが多く、女神のような優しさを持っています。

チェヒョンの魅力が詰まったこちらの動画も是非見てみてください!

https://www.youtube.com/watch?v=BWaupWPOqsI