TWICEのMBTI性格診断結果と本人たちの感想!MBTIの相性良いメンバーは?

TWICEのMBTI韓国女性アイドル

サナのMBTI性格診断結果

サナのMBTI性格診断結果は、『ENFP-T』でした。

実際にサナがMBTI診断を受けている様子はこちらです。

ENFPの内容を1つずつ見ていくと、外向型のE、直感型のN、感情型のF、認知型のPで広報運動家に分類されます。

このタイプの長所はエネルギーに溢れていて好奇心旺盛、コミュニケーション能力が高い点で、短所は考え事が多くてストレスを感じやすく、集中力が続かないという点です。

サナはこの診断結果について「全部当たっている」と驚いていましたが、ファンもサナはENFPだと予想していたので、誰もが納得の結果でした。

サナはTWICE唯一の外向型なので、性格の違いが明確だと話題になったことがあります。

次の動画を見てください!笑

他にもサナ以外のメンバーは、TWICEという輪の中に納まってメンバーが家族であり親友、メンバーがいれば十分という考えを持っていますが、サナは開放的で交友関係がとても広いです。

友達を作るのが上手く、他のガールズグループにも友達が多いことで知られています。

雰囲気を盛り上げるのが上手くていつでも陽気なENFPですが、空気を良く読み、気遣いもできます。

メンバーが休みたいと思っている様子を察知すると、サナは話しかけたい気持ちをぐっと我慢することがあると話していました。

さらに、ミナは自分が落ち込んでいる時にサナがよく気付いてくれて手を繋いだり、抱きしめてくれたりして助けてくれると明かしています。

このように周りをよく観察しているからこそ考え事が多く、ストレスも抱えやすいのかもしれませんね。

ジヒョのMBTI性格診断結果

ジヒョのMBTI性格診断結果は、『ISFP-T』でした。

実際にジヒョがMBTI診断を受けている様子はこちらです。

ISFPの細かい内容は、内向型のI、感覚型のS、感情型のF、認知型のPで、冒険家型に分類されます。

長所は好奇心旺盛で平和主義、芸術性があって情熱的などが挙げられます。

短所は長期的な計画が苦手、ストレスを感じやすい傾向があります。

この診断結果を見たジヒョ本人は、自分は好奇心旺盛なタイプではないし、芸術家な部分も無いけれど、短所である長期的な計画が苦手という点に関しては自分に当てはまっていると頷いていました。

また、マルチタスクが出来ないことに対しても同意しています。

1つの事柄に対して情熱を注ぎたいタイプなので、同時進行が出来ないと言っていました。

しかし、ファンの目線からジヒョをみるとメインボーカルでダンスも上手く、リーダーも担っているというマルチタスクをこなす器用なタイプに見えますよね。

いつも明るくてハキハキしていて、メンバー以外の芸能人やスタッフともにこやかに会話しているので内向的な性格にも見えません。

一見するとISFPっぽくないジヒョですが、見えるところだけが全てではないようです。

ジヒョ自身は、小さい頃は恥ずかしがり屋で口数が少なかったそうです。

大人になった今は変わったけれど、根本的な性格は変わっていないのか、実は人見知りで内向的なところがまだ残っていると言います。

男子高校生との対談企画で珍しくジヒョが人見知りをして気まずそうにしている姿が微笑ましいと話題になったことがあるので、こういったところが内向型なのかもしれません。

ジヒョの場合は、本人としては当たっている部分が少なかったようですが、自分でも気づいていない部分にも気付けるのがこういったテストなので、これが本当の潜在的なジヒョなのかも知れませんね。

ミナのMBTI性格診断結果

ミナのMBTI性格診断結果は、ジヒョと同じ『ISFP-T』でした。

実際にミナがMBTI診断を受けている様子はこちらです。

内向型、感覚型、感情型、認知型のISFP。

ジヒョと同じISFPの冒険家タイプだったことが明らかになったミナですが、2人の性格はタイプが全く違うように見えますよね。

ジヒョの場合は、ジヒョ本人にしかわからない部分にISFPの性質がありましたが、ミナの場合はISFPの特徴が強めです。

例えば、芸術面で言ったら、ミナは幼少期から長年習っていたバレエを再び習い始めるなど舞台美術に感心があります。

また、他のメンバーとは違うミステリアスで不思議な雰囲気や空気感を持っていて、人の目を引き付ける魅力的なところもISFPならではですよね。

性格的にも内向的で、1人の時間が好きだというミナはゲームや編み物、パズルなど自分の部屋で完結する遊びを好んでいます。

ミナは1日中同じ場所で何かに集中してじっとしていることがあるとメンバーも言うほどです。

孤立しがちという短所ではありますが、ミナ本人は1人で過ごす時間をとても大切にしているので、一概に短所であるとは言い難いですね。

ファンの目線から見ると、ミナがISFPであるという結果は納得できますが、ミナはこの結果に対してあまり当てはまっていない部分の方が多いかもと言っています。

好奇心はあるけれど、積極的に挑戦するほうではないとのことだったので、ミナにはまだファンの方々が知らない一面が隠れているのかもしれませんね。

ツウィのMBTI性格診断結果

ツウィのMBTIは『ISFP-A』で、ジヒョとミナと同じ診断結果でした。

実際にツウィがMBTI診断を受けている様子はこちらです。

内向型、感覚型、感情型、認知型のISFP。

ツウィはジヒョとミナと同じISFPですが、特にミナとツウィはTWICEの中でも静かなメンバーとして知られていて、性格も似ている部分があります。

そんな2人ですが、同じタイプでもわずかな違いが見られました。

例えば、ISFPは平和主義な人が多く、争いを避けるために嫌なことに対して嫌だと言えない人が多いです。

これに対して、ツウィは嫌なことは嫌だと意思表示できると否定しているので、ツウィはISFPでもさらに2分化されたISFP-Aで自己主張型だからというのが関係しているのかもしれません。

同じISFPで性格も似ているが、やはり個人の性格によって違いが出てくるものなので面白いですよね。

しかし、ISFPに多い基本的な性格である内向的で無口で静かという大枠の部分は合っていました。

そして内気だけど、内に秘めているものはとても情熱的だという部分に関しても当たっていると認めています。

ステージの上だったら才能を発揮できる方だと思うとツウィ本人が言うように、普段は大人しいが、ステージに立つと人が変わったように生き生きとパフォーマンスを見せてくれるのをファンの方々は知っています。

他にも芸術性はないけど、優柔不断なところや、人を疑えないので騙されやすいところはあっているなど、当てはまらない部分もいくつかありましたが、最終的にはあっている部分の方が多かったとツウィは結果に納得していました。

MBTI性格診断結果からわかる相性の良いメンバーは?

ナヨン(ISTP)とサナ(ENFP)

ナヨンはモモ、サナはダヒョンとの仲の良さが目立ちますが、実はTWICEのMBTI相性診断ではこの2人以上に抜群な組み合わせはありません。

全ての組み合わせの中で最高の相性であるナヨンとサナは、タイプ的には正反対で、お互いの相性が最高だと気が付くまでに時間がかかる傾向にあります。

時間をかけてゆっくりと深い関係を築いていく2人は、お互いに足りないものを補い合うことができる関係です。

実際にドジっ子でよく転ぶサナにナヨンが手を差し伸べたり、落ち込んでいるサナにいち早く気付いて抱きしめたり、支えに行くのもナヨンが多いです。

このように助け合いながら長所を伸ばし合い、お互いを尊重することが出来る組み合わせなので、活動を通してみていてもナヨンとサナが固い信頼で結ばれているのが目に見えて分かりますよね。

ミナ(ISFP)&チェヨン(INFP)

ミチェンカップルとして大人気な2人ですが、実はMBTI相性診断でもとっても相性が良い組み合わせになっています。

お互いに内向型のIタイプなので、基本的な性格が似ているので得意なことや苦手なことなど共感しあう点がとても多いです。

そのため喧嘩をすることも無いので一緒にいると落ち着いて癒されるという安心感が2人を引き寄せます。

対等な関係で甘えたり甘えられたり、ちょうど良い距離感をもって仲良くしている2人はとっても可愛いです。

ただ、あまりにも気が合いすぎるので、欠点を見つけられず短所を指摘し合って直していくということができません。

実際に、ミナの短所を聞かれた時にチェヨンが「ない。あまりにも完璧すぎる。」と答えています。

他のメンバーが入る隙間がないほどラブラブで、「2人は結婚しなきゃだね」とメンバーからからかわれるほどです。

TWICEミチェン(ミナ&チェヨン)の馴れ初め&仲良しエピソード