BTSの歴代の宿舎を全て紹介!部屋割りや寮生活ぶりがわかるエピソードも

韓国男性アイドル

トップ画像https://thestandom.com/article/big-hit-rents-another-luxury-apartment/

世界で大人気のKPOPグループBTSのメンバーの宿舎がどのようなところで、どんな生活をしているのか気になる人も多いのではないでしょうか?

現在はメンバーそれぞれがマンションで一人暮らしを始めましが、2019年の年末ごろまでは共同生活をしていました。

そんな7年間の活動の中でメンバーが共に過ごしてきた、たくさんの思い出が詰まった歴代の宿舎とそこでの生活ぶりを紹介していきます。

練習生時代〜2015年:論峴洞のアパートの小さな部屋

BTSの最初の宿舎は、論峴洞のアパート3階にある17坪の小さな部屋でした。

こちらの写真は、メンバー全員でデビュー1周年パーティーをお祝いした時のもの!

写真を見ても分かる通り、成長期の男の子7人が住むにはかなり窮屈そうな宿舎ですよね。

こちらの動画は、SBSで放送された『新人王防弾少年団『という番組での部屋紹介です!

小さなキッチンや物でいっぱいのリビング、狭い部屋に2段ベットが詰め込まれています。

この時代には、部屋割りなどはなく全員同じ場所でぎゅうぎゅうに寝ていたようですね。

現在の洗練されたメンバー達を見ていると、BTSにもこんな時代があったのかと感慨深い気持ちになってしまいます。

こちらは宿舎で1周年パーティーをした時の映像です!

[EPISODE] 1st BTS Birthday Party (Jin chef of BTS)

生活感が漂う部屋に親近感が湧きますよね!

7人で小さなテーブルを囲み、美味しそうにご飯を食べている姿は今と何も変わっていなくて微笑ましいです笑

宿舎での役割は?

青い壁が印象的な最初の宿舎でのエピソードをいくつか紹介していきたいと思います!

こちらは最初の宿舎での役割インタビューです。

SUGAは宿舎ではお父さんのような存在。

陰ながらメンバーを支え、家庭内でお父さんが任せられる物の修理や電球を付け替えたりしていたそう。

RMは現在と変わらず破壊王を担当していると紹介されています笑

この時代からJ-HOPEはお母さん的役割を担い、メンバーを起こしたり、整理整頓をさせたり小言を言ったり、間違いを指摘していたり、生活必需品の買い出しなどをしていたそう笑

ジョングクは末っ子らしく、言われたことや細かいことを全て担当していたようですね。

ジミンは寒い言葉でメンバーをしらけさせる担当。

しらけさせつつ場の雰囲気を和らげると自ら話していますが、今ではメンバー1面白いと言われ、いつもメンバー達を笑顔にしています!

そして、テテはイタズラ担当!

デビュー当時のテテは今と比べると本当にいたずらっ子で、1周年パーティーでもケーキのろうそくを1人で消してしまうようなBTSの問題児でした笑

ジンはこの時から寮での切り盛りを担当していると話しています。

現在も変わらず、いつも6人の弟達に美味しいご飯を振る舞っていますよね!

この時代から基本的な7人の役割が変化していない事も愛おしく思います。

SUGAとJHOPEの友情エピソード

他にも、この時代のエピソードとして度々話されているのがSUGAとJ-HOPEの友情エピソード。

練習生時代の年末、風邪をひいてしまいみんなが実家に帰っている中、1人宿舎に残っていたJ-HOPE。

体調を心配していたSUGAから「大丈夫か?」と電話がきて「一人ぼっちで退屈です」と答えたJ-HOPEのもとにすぐに帰ってきてくれたSUGA。

家族と年越しを過ごそうとしていたSUGAですが、チキンを持って帰ってきた姿を見て感動を通り越して惚れたと話すJ-HOPEの有名なエピソードです。

まだ宿舎に来たばかりで、そこまで親しくなっていなかったはずの2人ですが、そんな行動を取れるSUGAはやはり男前ですよね!

2015年〜2017年末:合井(ハプチョン)駅直結の「メセナポリス」

2015年に小さな宿舎から引越したBTS。

この時の宿舎は弘大駅の隣、合井(ハプチョン)駅から直結の「メセナポリス」という多くの有名人が住んでいる事でも知られている建物です。

「メセナポリス」は住居スペース以外にも「メセナポリスモール」という大型複合施設が併設されています。

芸術やアートの街であり、トレンドに敏感な若者に人気の弘大(ホンデ)エリアに位置しています。

「六本木ヒルズ」などと同じデザイナーが手掛けているメセナポリスは、青空の天上が見渡せるオープン型ストリートモールです。

ここにはBTSを始めBIGBANGやAPINKなど、数多くの韓国アイドルも暮らしていたようです。

 

この写真はボンボヤージュ1での荷造りシーン。

7人分の物が、棚や部屋中いっぱいですね!

宿舎の間取りや、メンバーの部屋をもっと見てみたいという人は、ぜひBTSのリアリティ番組『BON VOYAGE(ボンボヤージュ) SEASON1』をチェックしてみてください!

部屋割り①

そんな、メセナポリスでのBTSメンバーの部屋割りがこちら。

①:SUGA・ジン

②:RM・ジョングク

③:テテ・J-HOPE・ジミン

 

ジンとユンギは自分たちでも永遠のルームメイトだと話すほど気が合うようで、一緒に何かをするという訳ではないけれど、たまに一緒にテレビを見たりする仲。

生活スタイルがとても合っていたためか、他の5人のメンバーに比べるとプライベートではとても静かなようです。

2人部屋のRMとジョングク。

RMのイビキがすごい事はファンの間で有名な話ですが、この時もジョングクは大きなイビキに悩まされていたようですね笑

RMは洋服が大好きなので、部屋には多くの洋服が散らかっていたとのこと。

BTSのラジオ番組内でも、この時の部屋割りについてメンバーで話していて「今のルームメイトは気に入っているけど、正直他の部屋が羨ましい時もある?」という問いにジョングクが手をあげ、それにムッとしたRMも言い返すという場面がありました笑

ジョングクとRMは1人の時間を大事にするメンバーでもあるので、不満はないもののお互い少し生活しずらかったのかもしれませんね。

そして、3人で部屋を使っていたテテ・J-HOPE・ジミン。

3人の部屋には、たくさんのゲームが置いてあり常に明るくうるさく遊んでいたようです。

この部屋にジョングクが入り浸っている事も多かったとのこと。

【BTS 日本語字幕】防弾少年団、ルームメイトに不満があるのは誰だ?(笑)【バンタン翻訳してみた】

このラジオでは、それぞれのルームメイトについて話しているので気になる人はチェックしてみてください!

部屋割り②

そして、この宿舎での2回目の部屋割りがこちら。

①:J-HOPE・ジミン

②:RM・テテ

RMとテテの2人部屋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13185076298

③:SUGA・ジン

④:ジョングク

 

変わったのは、テテが3人部屋からRMと同室に。

そして、マンネのジョングクがとうとう1人部屋を手に入れました笑

この頃のインタビューで、ジョングクがジャンケンで1人部屋をゲットしたことを明かしています。

 

やはり、RMとテテの2人部屋では少し揉め事もあったようですね笑

こちらの動画では、血汗涙の再現映像を宿舎で撮っており、それぞれの部屋が少し映っています。

 

タリョラバンタンというBTSのバラエティ番組では、宿舎でのクローゼットシーンなども見られるのでVLIVEからチェックしてみてくださいね。

宿舎でのエピソード

メセナポリスの宿舎ではこんなエピソードもありました。

最初の小さな宿舎では絶対に起こる事がなさそうな話なので面白いです笑

 

また、テテが部屋を掃除する際に出たいらない物を、メンバーの部屋に捨てていくという迷惑エピソードもこの宿舎での話です笑

[日本語字幕]BTS 꿀 FM 06.13 '😘&🎮' 'テヒョンの片付け🐯四次元の被害者たち' 'マナーナムジャ✨' 2017 BTSFESTA